遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ) - 2009/09

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2009年09月30日(Wed)▲ページの先頭へ
かのこ柄で封筒を作ってみました

全然おわかりにならないでしょうか。。。^^;
肉眼で見ると結構かわいくできております。(と思います)

かわいらしすぎかな。ーー;
昨日求めたかのこ柄の紙で封筒をつくったものです。
後姿。
昨日も書きました めでたづくしの手作り封筒


和紙ではないのでエンボス加工がきれいにできます。

しかし、
この紙に直接宛名を書くと、
だまし絵のように
目を凝らさないと住所が読めなくなるので、
宛名を書くところは工夫しなくては。


そのあたりで少しオトナをだせればよいのだけど。

いつもの薄紙をかぶせてふたえにしてもよい感じですが、
それだとエンボスのかわいらしさも隠れてしまいますし。

赤いエンボス加工も、赤かのこに隠れてしまっろておりますが、
ところどこつるっと光っていて、気づくとはんこじゃぁあないの!
というあたりを狙っているのですが。笑

狙っているところまで、
ばらしてしまうと意味がありません。
ばかなわたし。


長月も終わりです。。。
今日は少し冷たい雨が降っております。。。


充実の一日を♪


2009年09月29日(Tue)▲ページの先頭へ
めでたづくしの仲間にいれて

めでたづくしで使いたい「鍵」のはんこの試作です。
のどみを使ったギフト箱や手作り封筒・ぽちなどでよく使う
この↓パターンにくわえたい一本なのですが、

こうやって見ると、打ち出の小槌となんとなくかぶりますね。。。


どちらにしようか悩んでいたもうひとつの鍵紋で再度試してもらおうかな。

お。怒るかな。−−;職人。。。


今日は手作り封筒用の(わたしも好きね。こればかり)紙を仕入れに行って参りました。
いろいろ選んでまいりましたが、
どんなのができるだろー。^^/

楽しみ。

まずは封筒を作る時間を作らねば。


今からまた外出です。紙に後ろ髪引かれる思い。笑


充実の一日を♪


2009年09月28日(Mon)▲ページの先頭へ
千代紙スリットと紋切りで遊ぶ文香

最近は和月名山装う ばっかり使っております。
ワンパターンですが、
千代紙スリットと紋切りで微妙な違いを楽しんでおります。

楽しんでいるのは多分わたくしだけでしょうが、
いーのです。

所詮作り手の自己満足でございます。笑



よくお問い合わせを頂戴する、



この線は何ですか?



の答は、千代紙です。


最近は細く細くスリットするのが好みです。^^




充実の一日を♪


2009年09月27日(Sun)▲ページの先頭へ
九甘堂の文香

最近文香を検索して九甘堂のサイトにたどり着かれる方がとても多いように思います。
3年ほど前に、私自身試行錯誤を繰り返して作っていた頃とは比べ物にならないくらい文香という言葉もポピュラーになってきたようです。

九甘堂では、「遊楽の印和(ゆらのいんのどみ)」を使って作る文香を
和香(のどみこう)として時々販売(笑)したりしておりますが、
そろそろ、わたくしも新しいスタイルの文香を。。。
てなことも考えたりしております。

と思いつつも、
いろいろな折形で試したりもしておりますが、
最後は上のたとう包みに落ち着くのですよね。。。

もっとも安定感があり、
簡単で、
バリエーションもつけやすい。

というあたりがポイント高しの理由でしょうか。。。。。。


今日は午前中に整理と整頓に励むことができたので、
なんだか気分もすっきり。
やはり整理整頓清掃は日常生活に欠かせません。
(できておりませんが。笑。だからだめなんでしょう)

楽しい日曜日を♪


2009年09月26日(Sat)▲ページの先頭へ
手すき和紙でひとこと箋

真夏日続きで暑いです。−−;
一度涼しくなってまた暑くなると堪えますな。
昼食に熱いおうどんなんか食べているオットが信じられません。


今日は、外出用事も多く、
ちらちらPCチェックをしているのですが、
なんだかパソコン環境がとても不安定な感じ。。。怖

ネットに依存したシゴトをしておりますと、
こういうとき妙に気持ちが暗くなります。笑


先にブログをupしておこう。。。


写真は手すき和紙で作ったひとこと箋。

いつもの紙よりもグレードアップです。^^

こういうひと言箋の場合、
カットした線はすぱっと直線がよいのか、
和紙の風合いを活かした線がよいのか、
迷うところです。

もっと小さなサイズのひとこと箋だと、
迷わずわしの風合いを活かす方がよいと思うのですが、
(わたくしの好みです)
どうだろう。。。


早朝より、お出かけ合間を縫うように
おとしだま袋の試作品を作っているのですが、
なかなかうまくできず、うーーーーー。

オットやモノに当たり散らしております。


ごめんね。笑

楽しい週末を♪


2009年09月25日(Fri)▲ページの先頭へ
ステキな秋をお過ごしください。

勝手にupしちゃいました!!
お客様から postcard が先ほど届きました。。。^^

なんだかかわいらしくて楽しいカードです。。。^^

以前もご紹介しましたが、
郵便局のポスタルグッズのひとつで、
これはご当地フォルムカードというものだそうです。


富士山にお茶

とくれば静岡県!^^
のお客様です。


毎日行く郵便局ですが、
このご当地フォルムカードというのは見たことがないような気もして、
調べてみました。

ここは福岡県になりますので、

めんたいこ

でした。ーー;


ちょ。ちょっとかわいくないかも。笑


カーソルを合わせるとご当地のカードがでてきますが、
笑えたのは大阪。

たこやきでした

たこ焼きかぁ。。。
もう少し何かなかったのでしょうか。。。笑





大阪といえば!





やっぱりたこ焼き?笑

そういう意味では、
福岡県といえば、やっぱりめんたいこかもしれません。^^;

安直に異議を唱えるのはよろしくございませんわね。反省。




いつも素敵なお葉書でお便りを下さる静岡県のH様!
ほんとうにありがとうございました。
勝手にご紹介させていただきましてスミマセン。。。


お便りの中に「ステキな秋をお過ごしください」と書いてくださっていて、
じーん。

秋の始まりに、こんな季節のお便りをいただくと
なんだかとても嬉しくなってしまいました。

ステキな秋。。。を堪能します!

Hさまにとってもステキな秋でありますよう。。。^^
そして皆様にとっても。。。

こころからの感謝をこめて。


2009年09月24日(Thu)▲ページの先頭へ
早速文香をつくってみました

慌しい中、早速、ふくら雀で文香を作ってみました。
根性です。笑

吉日とか吉祥などののどみになぜかよく合う気がします。。。

もう少し微調整が入るかもしれませんが、
ほぼこれで新作となりそうです。
なんだか!かわいくて気に入っております。^^


引越しをしてからというもの、
どうも写真がうまく撮れなくなってしまいました。
光の加減だと思いますが、
どういうふうに調整したらよいのかさっぱりわかりません。

以前から、
偶然まぁまぁ良く撮れたものを使ってきましたので、
どうやったらまぁまぁ上手に撮れたのかわからないままここまできましたが、
これではちょっとまずいかもしれません。

カメラも古いですが(と、カメラのせい。絶対違うと思うけれど)
やはりウデでしょうね。(そう!間違いなく)


ネットでご覧頂く(ご検討頂く)のには、
写真の善し悪しのポイントは高いので、
なんとかせねばなりません。



ハナシは飛びますが、−−;
最近、カタログのご請求をとても多く頂戴しております。


もともと新作が出るたびに付け足していっておりますので、
あまりきれいなものではございませんが、
現在、今年最後の新作続きで付け足しようがさらに乱雑になっております。

大層見づらいカタログとなっておりますが、
どうぞどうぞご容赦くださいますようお願い申し上げます!


そろそろカタログ自体を一新したいと思っているのですよね。。。

どういうスタイルがもっとも効率よく、見やすいのか?
考え出すと混乱しております。
どうしても季節ごとに新作が増えてまいりますので。。。

のどみを使ったアイディアなども少し掲載できるといいのだけど。。。

ギフト箱や印ケースなどもオリジナルのものが欲しいなぁ。

職人は簡単に「どうぞ!お作りください」と申しますが、笑
これに決定!というデザインやスタイルが決まらなければ、
大量に発注することはできません。

まだしばらく決まりそうにないのでした。^^;

そろそろ昼食をとっておかねば。
昼夜兼用で食事を取ると確実に太りますのでね。ーー;



充実の一日を♪


2009年09月23日(Wed)▲ページの先頭へ
全部同じ顔になるのね

夕日を浴びるふくらすずめ。
ってただ暗い画像って感じですが、笑
夕方ふくらすずめのはんこが仕上がってまいりました。


だいぶお顔をいじったようですな。^^;


職人のシゴト場から笑い声が聞こえておりましたから。
(もちろんひとりで作りながらひとりで笑っております。)

放っておくと、
どんな動物の顔も全部一緒になります。−−;

なんとなく本人似。笑



今日はできなかったので、
明日、このはんこを使っていろいろ使ってみようと思います。^^

と想像は膨らむけれど、明日はもう木曜日。
明日明後日の二日間が勝負のシゴトもあったような。。。


明日はのどみと遊ぶ時間がないかもしれません。ToT


みなさん楽しい連休でしたか?^^


ふくらすずめのはんこ

昨日写真をupできなかったふくらすずめのはんこです。

よく見ると目の大きさが違うよ。−−;

もう少し赤の分量を減らしてもらおう。。。


写真に撮り、拡大して(ここでは小さめにupしますが)画面で見ると、
アラがはっきりわかります。笑

わたくしが見た目であーだこーだ言ってもなかなか耳を貸さない職人ですが、
でっかく拡大した画像を見ると無言でシゴト部屋へ行くのでした。。。^^;


そのためにも必要な作業です。



今日は、実は昨年ひそかに登場していた「蜜柑」を再修復する予定。


そういえば、
先日「鞠」の原稿を渡し、試作してもらったのですが、
どうしてもゴムボールのように見えるのはなぜなのーーーーーーーー?ToT
ちょっと恥ずかしすぎてupできません。笑



鞠の柄の問題か?


いろいろな千代紙や写真や絵を参考に自分で作った柄ですが、
それがいけなかったということか?


ぷん。


2009年09月22日(Tue)▲ページの先頭へ
日が短くなりました

写真は、文香用の折形です。
最近、細長いタイプの文香をよく作るので、
それに合わせて折形用紙のサイズも変えました。
印だらけになるので、「こころばかり」は手書きすることが多いです。



冬の新作にふくらすずめの試作品ができたのですが、
夕方になって日が落ちてきてしまい、うまく写真が撮れませんでした。


なんともユーモラスでかわいいのですが、
もう少し顔の表情が出た方がよいかも。。。

もう少し職人にがんばってもらいます。^^;


今日は午後から久しぶりの雨が降っています。
連休もあと一日ですね。。。

わたくしも明日は少しゆっくりできるといいなと思いますが、
どうでしょう?
(誰に聞く。。。−−;)


明日は秋分の日。
最近急に、日のある時間が短くなってきた感じがします。


毎日早起きしておりますが、
窓の外がいつまでも暗いので、
家事に取り掛かるタイミングがいつも遅れて慌ててしまいます。^^;

アラームを鳴らすようにしなければ。。。
と毎日思って、毎日忘れます。

今セットしておこう。笑


2009年09月21日(Mon)▲ページの先頭へ
hitofushiさんのロゴ印

昨日のご紹介した「hitofushi」さん続きですが、
杉のお箸を留めている和紙に捺してある印は
九甘堂でお作り頂いたものです。

「hitofushi」のロゴ印を。。。と
朱文タイプと白文タイプ両方ご注文いただいたのですが、
その原稿を拝見したときに
またショックヲウケテシマイマシタ。笑
こちら→のページの箸留めに御使いいただいているのが朱文タイプ。



プロのデザイン


って
こういうものなんだ。

と思い知った日。ToT



とてもシンプルで、
でもそれが何を表現しているのかがはっきりわかり、
尚且つ、
その背後には
その店のコンセプトまで透けて見えるような絵(絵って言うな。って感じですが)。


そういうものを「デザイン」って言うんだなぁ。。。
「ロゴ」って言うんだなぁ。。。


改めて知ったというかそんな感じでした。


職人もいたく感じ入っておりましたが、
ただおしゃれとかきれいとかかわいいとか
そういうレベルのハナシではないのですね。当たり前ですが。

やはりプロは違うのです。



さて、その「hitofushi」にっぽんの暮らしを楽しむ。。。
わたくしがだらだらと説明するよりも(って既にかなり長々書いております。が、肝心のところがよくおわかりにならないでしょう?そうなのです。わたくしのハナシはいつもこうなのですね。オットに指摘されます。笑)詳しくは、ご本人の書かれるブログやショップをご覧いただくのが何よりだと思います。(え)



オープンが待ち遠しくて、
仕入れ元のくせして会員登録なんかして
オープン時の慌しいときにわずらわしいことをするわたくし。笑


単なるファンです。^^


お買い物はまだしておりませんが、
今度のお休みのときにでもじっくり眺めたいと思います。
というか既に散々眺めており、目移り状態。^^;

って休みはいつあるのか?

オットよ。


2009年09月20日(Sun)▲ページの先頭へ
hitofushi にっぽんの暮らしを楽しむ

素敵なお箸でしょう。。。?^^
写真が小さすぎてよくおわかりにならないかもしれませんが。。。
とても使いやすく手になじみ、なんともいえない質感のあるお箸です。

これは、ある方にいただいたものですが、
吉野杉の角箸の表面を一本ずつ焼き、ススを落として仕上げる焼き杉箸だそうです。
ご本人の言葉をそのまま引用させていただきますが、



焼いていますので、杉の芳香には欠けますが、表面が炭化している分腐食しにくくなっています。
蜜蝋を塗り込んでメンテナンスしてあげると、木は喜ぶと思います
(・・・が、私はそこまで甘やかして使っておりません!)
ガンガン使って、木に天寿をまっとうさせてあげて下さいませ!


とありました。


オットが早速使わせていただいておりますが、
(わたくしは、お正月あけてからと思っております。
どうしてもそうしたくて。。。お正月はくり箸を使うのが我が家の慣習なので、三が日が終わってから。。。節目です。笑)


オットによりますと、
大層使いやすいとのこと。。。

いつになく(笑)丁寧に扱っている様子が、
とても気に入っていることをうかがわせます。^^


こちらのお箸は11日にオープンされたばかりの「hitofushi」というウェブショップでも取り扱っておられるようです。


実は、この「hitofushi」さんでは九甘堂の「遊楽の印和(ゆらのいん・のどみ)」も取り扱っていただいております。


最初に、「hitofushi」さんの責任者の方からお話を頂戴した際、
簡単なものですが店の概要などお送りします。。。と資料を送って頂きました。


その資料を拝見したときに、
職人と共に、激しく共感し、笑
是非九甘堂の商品も仲間に入れてほしい!と思ったのでした。



こちらがショップオープン時のDMです。とお送りいただいたものです。



最初にいただいた資料に、

「hitofushi」は「一節」として
‘にっぽんの素敵’とお客様の‘暮らし’をつなげる小さな結節になり
「hitofushi」は「人節」として
‘人生の節目’を大切に過ごすためのお手伝いをしたいと考えます。


とありました。



管理者の方はもともとグラフィックデザイナーさんで、
センスの良さは抜群ですが、
文章のセンスも抜群です。笑

いただいた資料のわかりやすく、読みやすく、ビジュアル的にもとても美しい!ことと言ったら!^^

大層、勉強にもなりました。
とても真似できないほど遠い位置におられますが。。。−−;


言いたいことがたくさんあって、笑
わたくしの申し訳ないようなだらだら文章はまだまだ続きますが
続きは、また明日。笑

話の長いヒトは嫌われますので。^^;


楽しい日曜日を♪


2009年09月19日(Sat)▲ページの先頭へ
ピンクのお便り

きれいな彼岸花です。
夏の終わりと秋の訪れを感じさせてくれる花ですね。。。

この素敵なお便りは、先日もご紹介させていただいた、
福岡県飯塚・知子さまからのお便りです。^^

前回は、濃い緑のシックな色合いで秋の虫のお便りでしたが、
今回は彼岸花の華やかなピンクのお便りです。

なんともおしゃれ。
普段は、茶色とかベージュとか白か赤の世界で生きておりますので、笑
とても新鮮でした!


封筒と便箋は市販のものをお使いなのですが、
とてもうまくアレンジ・工夫されていて、
大きな封筒を開けて、ひとつひとつ手に取るたびに、
毎回きゃあきゃぁ♪言ってしまいます。


前回も書かせていただきましたが、
人を楽しませてあげられるって
ほんとうによいなぁ。。。と思います。

ひとつひとつがギフトです。
お便りの中の言葉ひとつ。文香ひとつ。。栞を挟むための便箋のパンチ。。。添えられた一句も。。。封筒もまたしかり。。。

何かを贈ることができるって
そしてそれを受け取ることができるって
とても嬉しいことです。。。


今回の栞には、一句添えられておりました。
「黛まどか」さんという方の「あなたへの一句」から。。。
と添え書きがありました。
「伝言のあるごとよぎる秋の蝶」

ちゃんとクラフトパンチとのどみの蝶々もおそろいです。


蝶々のクラフトパンチに九甘堂でおつくりいただいた「知子」印を捺していただいております(お作り頂いたのは7.5ミリサイズ)。

かわい♪(って自分で言うなーーーーー。−−;)


蝶々のクラフトパンチは大きな穴があきますので、
ちゃんと裏側から薄紙でふたがしてあります。
丁寧です♪


この栞。。。中を開けると(まぁ。。。とってもお上品だこと!)、
上の写真の便箋の彼岸花部分が目に飛び込んできて、
なんとも華やかでヨロコンデしまいます。



こちらは和紙を便箋にしたてた別の内容のお手紙でしたが、
和紙色紙のスリットを横に使われていて(文香も)
なかなか新鮮でした。

和モノ

というと



という概念からなかなか逃れられずにおりますので、笑

お使いになっていらっしゃる色合わせ(和の色重ねですよね。。。)と
横使いと
モノの素材と全部合わせて、
知子さまの世界なのだなぁ。。。と思います。


きっとご自分ではそんなことをいちいち考えずに、
思うがままに(笑。そういえば、同封の栞などのことを「粗製乱造・生産過剰の品」と添え書きもありました。大爆笑でございました。)お作りになられているのでしょうが、
そうやって表現されたもの(お気持ちも含めて)が
その方そのものということなのですね。。。きっと


人様のお作りになったものを拝見できると、
とてもとても参考に!またお勉強になりますねぇ。。。。笑
感謝!!!でございます。


粗製乱造などとはとても思えない、
丁寧なお心のこもったお品ばかりです。



お彼岸に入りますので、
先日頂戴した秋の虫の栞から彼岸花の栞に変えさせていただこうと思います。

毎晩、ほんのきもち読書(えー。読書なんて言えない位の時間。というか瞬間。笑)の際、心地よい香りとお手製の温かさに癒されております。


ほんとうにありがとうございます。^^

こころからの感謝をこめて。。。

古賀あき乃


2009年09月18日(Fri)▲ページの先頭へ
花押を黒水牛に

黒水牛という印材で九甘堂の花押を彫ってもらいました。
黒のお敷きの上に黒い印材を置いて写真を撮る私って。。。あー。

のどみは本柘に直接彫っている遊印です

柘の繊細な線というのはもちろん美しいのですが、
強度的には黒水牛にはかないません。
(とあっさり。笑)


が、お手ごろ価格で遊んでいただくにはやはり柘材なのです。


しかし、使用頻度の高い会社やお店のロゴや名前などを刻印するのに
もっとよい材料だと、おいくらですか?
と聞かれることもよくあります。


このあたりのお話は、また別の日に(え?)
させていただきたいと思いますが、
簡単に申し上げると
黒水牛の角印はとてもお高いです。笑


しかも現在ののどみサイズ(九甘堂のオリジナルのサイズ)で
となると、更にお値段は上がりますので、
店としてもあまり現実的ではないなぁ。。。というところなのです。


というわけで、九甘堂の花押も通常の丸い印材にしか彫ってくれない職人です。
(けちー)

でも、やはり手に持ったときの重みというかずっしり感はさすがですねぇ。。。
それだけで、よい印だ。
という感じがします。笑。単純ですが

この花押は非常によく使っており(一日何十回と捺します)、
今回、黒水牛で作ってくれたのですが、
どのくらい柘材と違うものか。。。
それを確かめるためということもあります。


でも、なんだか嬉しい感じ。
妙に。笑



2009年09月17日(Thu)▲ページの先頭へ
寅の年賀状

できたての「」のはんこを使って年賀状を作ってみました。

丑年の年賀状は、額縁風をテーマに作りましたが、
今年は(というか来年の年賀状は)、
無病息災・元気で楽しく♪をテーマに。

2009年は古賀家にとって、とても大事な人を亡くし、
悲しみにくれた年でしたので。。。

やっぱり元気で楽しく!が一番だ!という思いをこめて。
作ります。(遅いですが。がんばります)


それから、作りやすいものを。笑

これ大事ですねー。ー
いつもこだわりすぎてしまうので。

作るのは簡単だけど、華もある。

というあたりを目指します。


充実の一日を♪


2009年09月16日(Wed)▲ページの先頭へ
来年の寅はちょっとかわいいはんこで

来年の干支「」さんです。
毎回金石文字でご用意しておりますが、今回は少しわかりやすい字を選んで作ってもらいました。

今から年賀状のサンプルとお年玉袋のサンプルを作ります!

充実の一日を♪ ^^


2009年09月15日(Tue)▲ページの先頭へ
おやすみのこと。。。

今朝4時から作った封筒とひとこと箋。笑
はんこ捺しのプロとしてはあってはならない角捺し。
それでもupするプロ根性のなさ。−−;



先日、10月より日祝日はネットショップ業務はお休みを頂戴しますと
おしらせ致しましたが、
体調を崩しているとか、
ぼろぼろになっているとか、笑
そういうわけではありませんので、どうぞご安心くださいませ。


というかご心配頂いている方ばかりでもございませんでしょうから、笑
このようなことをここで書くのもどうかという気もいたしますが、

泣けてくるような「大丈夫ですか?」メールなど頂き、
恐縮至極でございます。

ほんとうに元気です。


ただ、今年は特に生活形態も急変し、ずっとばたばたしているようなありさまで、
少し勉強する時間が欲しいなぁと思ったから。

という私の都合レベルのハナシです。


自分の都合レベルではありますが、
そういう時間をとらずに、目の前の処理に終われるようにどんどん日々を重ねると、
確実にぱーぷー(意味不明 ーー;)になりますので、
そろそろぱーぷー化まで秒読みかなという今、
ネットショップの業務をお休みすることにいたしました。


よく「早起きですね」とわたくしからのメール送信の時間をご覧になった方がおっしゃるのですが、
これは単なる習慣で、
若い頃から、早朝時間は結構好きな時間なのです。

しーんとした中、
自分の好きなこと(本を読んだり、なにか作ったり。。。封筒とか。笑)を好きなだけする時間。

丁寧に淹れたコーヒーとお気に入りのお菓子(これ大事。笑)を傍らに、
好きな香を焚き、
何かに没頭する時間は、
自分自身に戻る時間でもあり、
至福の時間でもありますが、

なにより

わたくしにとってはとても大事な時間だったのだと改めて気づきました。


が、最近はその時間ももちろんおシゴトタイムで、
持っているものをすべて放出しっぱなし状態という感じの日々。


もっと皆様にのどみを楽しんでいただくためにも、
九甘堂ならではのはんこの楽み方を知っていただくためにも、
シゴトをしない日を作るのも必要かなと思ったからです。

と言っても、完全インドア派のわたくしは、
多分封筒(こればかり。前世は絶対封筒ハリの仕事をしていたに違いない)を作ったりするのですが。笑

それでも!

なのです。


10月からはもっといろいろなことをご提案できるような九甘堂であり続けるために
しっかりお休みさせていただきます。

ということで、
わざわざ書くほど大層なハナシでもなく、
ほんとうに恐縮でございまして、ごめんなさい。笑
なんだかだんだん恥ずかしいような気がしてまいりました。ーー


「きのこ」「師走」のはんこできました♪

遊楽の印和(ゆらのいん・のどみ)の秋の新作「きのこ」ができました♪
カートの準備ができましたのでお知らせ申し上げます。^^
また、和月名の「師走も仕上がりました。
あと「睦月」「如月」が仕上がりますと和月名は1年分揃います。



あとちょっとですが、そのちょっとをさくさくやってくれないので
いらいら。笑


秋ものの新作は、おそらく「きのこ」でとまる。笑
と思われます。



お正月・冬用の「のどみ」で現在、仕掛かっているものは、

・「雪(釜敷き)」朱文タイプ 
これは原稿差し戻しで、わたくしがきれいに描く(原稿を作る)ことができればすぐに商品化。

雪ばかりね。と思われるかもしれませんが、
温暖化の影響か、このあたりでも雪を見ることが少なくなり、
くっきりした四季感を忘れたくないという思いもあります。

コドモの頃、雪だるまをつくって遊んだ記憶とか、
ストーブのついたお部屋の中で家族で紅茶とケーキをいただきながら、
窓の外の雪景色を見た記憶とか。。。
雪は冷たいのですが、私の中ではなぜか温かい記憶と結びついているため、
雪のはんこは作りたいのです。^^


・鞠 これは是非ともがんばりたいのですが、原稿半ば。。。

・鍵 これは昨年だした「砂金袋」や「打ち出の小槌」と並ぶ七宝のひとつ。昨年も間に合わなかったのだなぁ。。。1年あったのに、今年も間に合わずか?ま。それも九甘堂のペースですが。(と早くも諦めモードか?笑)

・ご縁に感謝 
これもずっと書き続けているもの。職人にも作成をお願いしておりますが、
なかなかバランスをとるのが難しく。。。>< 却下続き

・寅 これはほぼ完成。とわたくしは思うのですが、
職人がこだわっているようでなかなか試作があがりません。

・お年賀状に使える熟語など。。。


とこんな感じです。
急に思い立って、ぱっ!とできることもあれば、
何度やり直してもできないものもあり、
(かといって1年後にようやく仕上がるととても人気者になったり)
そのあたりはなんだかフシギなのですが。

お正月・冬の新作ができたら年賀状サンプルにかかります。


2009年09月14日(Mon)▲ページの先頭へ
季語をマットに使う

萩の花・神無月・霜月のお買い物籠の準備ができました。
ショップトップページよりご覧いただけます♪


わたくしがよくつかう薄い半紙はお食事やお茶の時のマットにもよい感じです。
下にやはりわたくしの定番の厚手の半紙を敷き、中心に瓢などの紋切りをはさみ、
上に薄手の半紙を重ねます。

紋切りとの重なり具合を考えながら、
和月名や季語季節の花、もしくは家紋印などを捺すと、
とてもインパクトも出てよい感じです。


マット類に使う場合、
写真に撮るとなんだか間が抜けて(笑)、
upしたことはないような気もしますが、
ジュリエットレターズさんのイベント販売の折などにはお見せしております。

簡単で季節感も出せるのでおススメです♪


ショップお休みと現在の納期のおしらせ

まちつき封筒の内側ができたところです。^^
これに薄紙をかぶせ、ふたえにします。

ショップの10月からのお休み変更のおしらせをupしております。
10月からは、基本的に日祝日のネットショップの業務をお休みとさせていただくことにしました。(現在の納期のおしらせも併せてご覧ください)


ずっとお休みはなし
のような状態できましたが、そろそろ自分のこともいたわってあげようかなと思います。

若くもありませんので。えー。そうです。笑

自分がいたわらずして、
誰が労わってくれるのか?ということもあります。


パソコンを開けてしまうと、どうしてもシゴトモードになってしまいますので、
日祝日はパソコンを立ち上げない日にしようと思います。

できるのか?笑

できないかもしれませんが、
そういうことにさせていただくことにしました(何?わかりにくいです。笑)

お急ぎのお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご理解の上、どうぞよろしくお願い申し上げます。


2009年09月13日(Sun)▲ページの先頭へ
オレンジ色の切り口を見ると

南瓜を1個丸ごと頂いたので、切って(割って?)みると、なんともおいしそうなオレンジ色だこと!
南瓜の種類もいろいろありますが、
水分が少なめのほっくりしたタイプには目がありません。

マーケットへ行ってもこの濃いオレンジ色の切り口を見るとついつい買ってしまいます。
ちなみに使いもしない(冷蔵庫に既にあったりすることも)のに、見るとついつい買ってしまうのは、
濃いオレンジ色の切り口の南瓜と
さやいんげん、
あつあげ。笑


なぜか!あつあげ。^^;
義母もオットもあまり好きではないため、
厚揚げを使ったお料理を食卓に並べてもあまり意味がないのですが、−−;
なぜかついつい買ってしまいます。

もちろんわたくしは大好きなのですよね。。。
けれど自分のためだけに何かを作るということをほとんどしていないということでしょうか、
痛んでしまって処分することの多い食材です。
で、
買わなきゃいいのに、やっぱり買ってしまうのはなんでだろう?^^;


いんげん豆もそうです〜。

我ながら理解に苦しむ制御不能の行動です。


で、
このほっくりタイプの南瓜でスープを作るとほんとうに美味しくできます。


以前から義母の体調が優れないときなど、
よくリクエストがありつくっておりましたが、
南瓜の美味しい時期につくるスープはとても美味です。^^

昨日は、お世話になっていらっしゃる方が少し体調を崩されたと伺い、
このスープを作ってお持ちしました。


最近は、玄米も入れてこっくり濃厚タイプをよく作ります。

材料は、
南瓜・長ねぎ・たまねぎ・しょうが・なすび・にんじん・さつまいも・玄米・おとうふ・牛乳・生クリーム
など。

とりあえず冷蔵庫にあるもの全部。という感じで入れてしまいますし、
分量なども、そのときに用意できる分だけ
だったりしますが、
南瓜の美味しい時期には常に美味しくできるスープです。
栄養もたっぷりですが、カロリーもたっぷりです。^^;


昨日は急に冷え込み、
いつまでもノースリーブのわたくしは外出先で異常者でした。笑

このまま涼しくなることはなさそうですが、
急に秋が訪れたようで、
温かいものが食べたくなります。




持込原稿によるオーダーメイド印について

以前もご紹介したことがありますが、
地元甘木の佐野至先生の絵をはんこにしたものです。

春の七草の絵。
とってもお気に入りです。

最近、持ち込み原稿によるオーダーメイドのご依頼が多く、
ショップにカートをご用意いたしました。

持ち込み原稿のオーダーメイドは、
おひとりお一人に合わせて細かく打ち合わせて参りますので、
なかなか料金体系などまとめるのが難しいのですが、
遊楽の印和(ゆらのいん・のどみのカタログにも掲載しております
およその価格・納期などの目安、
また修正料金のかかりにくい原稿作成のコツなども掲載いたしております。

とりあえず、ご希望のタイプをお選び頂きレジで清算して頂きますと、
わたくしの方から24時間以内に詳細を確認するメールが届きます。

再度詳しくご希望をお聞きし、
原稿を拝見してからになりますが、
改めてサイズや価格、納期などご提案させていただきます。


カートを使ってご清算していただくと、それで決定!
というわけではございませんので、どうぞご安心くださいませ♪^^

システム上、上記のような形をとらせていただきました。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


2009年09月12日(Sat)▲ページの先頭へ
チョコレートのかたまりに見えるのは。。。

今日は朝から久しぶりの雨です。
ほんとうに久しぶりで、木々の葉も嬉しそう。
肌寒いような感じで(そりゃいまだノースリーブじゃあ。。あなた。−−;)、
脳もすっきり。


ここのところ、九甘堂のシゴト(ってどういう意味?笑のどみも九甘堂のシゴトですが)をたくさん頂いており(ありがたいことです。感謝!)のどみのことをかまってあげられておりません。


あー!
封筒が作りたい!笑笑(心の叫び)


頭の中ではまちつき封筒を作りながら、
ゴム印の整理と請求書作りに追われる日々。^^;
これもまた楽しいというか結構好きなシゴトなのですが(向いていると思う。自分でも)


会社員時代を懐かしく思い出しながら、
電卓をたたく毎日なのでした。


それにしても。
ゴム印って(九甘堂では、プラスチック台を基本的には使わず、廃木材の再生材料率98%〜99%のスーパーウッドを使用)、
どうしてチョコレートを連想させるのだろうか。。。
多分わたくしだけだと思うけれど。。。


未使用のきれいなゴムの印面と、スポンジと四角な台木がきれいに重なっているのを見ると、
銀紙で包みたくなる衝動に駆られるのですよね。
以前から。。。必ずです。笑


うーん。
へんなの。



もうすぐ、

神無月・霜月・萩の花・きのこ

のカートの準備ができそうです。^^/

楽しい週末を♪



2009年09月11日(Fri)▲ページの先頭へ
はつゆき紋のはんこができました♪

はつゆき」のはんこ。
遊楽の印和(ゆらのいん・のどみ)新作です!
取り急ぎ、カートのご準備ができましたのでお知らせいたします。。。^^
とってもかわいいです♪(常に自画自賛)


2009年09月10日(Thu)▲ページの先頭へ
気に入ってしまった抱き萩紋のはんこ

先日ちらっとご紹介しました抱き萩紋のはんこ。。。
気に入ってしまい大活躍です。

いろいろなものを作っておりますが、
写真の加工が進まず、
なかなかupできずにおります。

レターヘッドや文香などにぴったりです。

職人がいまいち乗り気でないため(多分ロスが出ることを見越してのことでしょうが)、
商品化へ一気に飛んでゆけません。

大きくするか?

悩むところです。


今朝は肌寒いような一日の始まりでしたが、
今はさわやか過ぎる秋の日和。。。

道行く人たちの服装が少し変わりました。

わたくしはまだ真夏と同じ格好ですが。
若い頃は季節先取りができていたなぁ。。。

最近はいつまでも季節名残の格好です。−−;






2009年09月09日(Wed)▲ページの先頭へ
秋の文香

秋の「のどみ香(文香)」と折形です。
山装う」はやっぱりよい!笑
自画自賛ですが、もみじ銀杏枯葉ののどみとよく合います。
「山装う」と合わせる時の銀杏や枯葉は、スタンプパッドを使います。

もみじは印泥を使いますので、
じっと見ていると質感が違い、

「なんかへんかも」


という感じに見えてきて、そう見えるととことんへんに見えるのですが、

文香は小さいですし、
さらっと流してしまいます。(流していいのか?−−;)



少し大きめで封筒やおそろいの便箋などにもとてもよい感じです。
わたくしの場合、封筒は「ふたえ」で作ることが多く、
薄い紙を透かして捺してある印影を見る
となりますので、
この場合は、印泥とスタンプパッドの印影の違いは気になりませんが、
便箋の場合は、
あまりスタンプパッドで捺す印影の量を増やすとおこちゃまな感じになります。

これから紅葉の季節に向けてのどみの楽しみ方もバリエーションが広がります。
近々、秋冬の新作をupしてまいりますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。^^


2009年09月08日(Tue)▲ページの先頭へ
天平の美少年にお目にかかれて

先週、九州国立博物館で開催中の阿修羅展へ行ってきました。

2010年の奈良県興福寺創建1300年を記念して、九州国立博物館へやってきた名宝の数々。

興福寺ではガラスケース越しにしか拝観できないのが、
九博では露出展示で360度つぶさに拝むことができるとあって、
会期初日からすごい人出なのだそうです。


平日、開館と同時に入ることができるようにと早めに着いたのですが、
既に長蛇の列。
入館までに結局40分くらいは待ったでしょうか?

帰るときには70分待ちになっておりましたが。。。

それにしても!

天平の美少年・阿修羅像の周りには三重もの人の輪ができていて(しかも接着剤で固めたように動かない!)、
なんだかよく見えないんですけど〜。状態。

係りの人が、


「左回りに動きまぁす。はい!い〜ち。にぃ〜」

なんて叫んでもちっとも聞きゃあしませんの。われらはこの前から一歩も動きませんもんね。


てな感じ。



「後の方のために左回りでお願いいたします。」
とアナウンスもずっと流れ続け、
係りのお兄さんの叫び声がむなしく響き続ける阿修羅像のまわりなのでした。



車椅子で来られていた方もいらっしゃいましたが、
ちっともご覧になられなかったでしょうね。。。


八部衆や十大弟子像のまわりは比較的ちゃんと見ることができました。


わたくしの貧困な語彙では表現できないお顔の表情と、
全体から発散されるエネルギーというのでしょうか。。。
それほどの大きさでもない仏像でも、
なんともいえない迫力が。

圧倒されます。

展示されていた水晶や黒水晶の数珠の美しかったことも印象的でした。


帰りは太宰府天満宮の参道にあるお蕎麦屋さん「やす武」で。(いつもここ。たまには別のところへも行きたいのですが。。。美味しいのですけど。他にもいろいろあるのだだしねぇ。。。一見そうは見えませんが、基本的にとても慎重で保守的なオットです。)

朝から暑い暑い一日でしたが、
ひさしぶりに美しいものを見ることができ、
有意義な半日でした。


実家の母は会期終了前日にひとりで行くのだと申しておりましたが、
勇気があります。笑
体力つけて行って欲しいです。

マスク着用・オペラグラス持参でね♪


2009年09月07日(Mon)▲ページの先頭へ
抱き萩の紋をはんこに

こうやって見ると孔雀にも見えます。。。
抱き萩といわれる紋なのですが、
以前から大好きでいつか「のどみ」にと思っていたものです。

なんとか12ミリ角に刻印できるようですが、
あまりがんばって小さくすると、実際の刻印時にロスがたくさん出るので(機械も失敗します。−−;ムリさせると疲れて投げやりになるので印影が粗くなるのですよね。誰かと一緒)
じっくり考えねばなりません。


しばらく使ってみることにします。^^/

それにしても萩に見えるでしょうか?


肉眼では間違いなく萩なのですが。笑


充実の一日を♪



2009年09月06日(Sun)▲ページの先頭へ
クラフトパンチの大きさは文香にぴったりです

秋になると兎。
って相変わらず安直ですな。

このクラフトパンチは4〜5年前によく使っておりました。
のどみ最初に売り出したのは、
紅葉の頃の秋月、黒門茶屋さん前でしたが、
どんな風に売れるのか?
どんな風に準備していたらよいのか?
皆目見当がつかず、
すべて箱にいれたものを準備し、毎日秋月へ登っておりました。


そのとき、箱を4種類くらい作ったのですが、
写真を撮っていないのですよねぇ。。。

もみじや銀杏のクラフトパンチとともに兎のパンチも使っていたと思います。

なんだか懐かしい思い出です。

今回、先週ご紹介した飯塚の「知子様」のアイディアを拝見し、
そうだ!クラフトパンチがあった!
と思い出し、
あの頃とは違った使い方で、また新しい発見がありました。

クラフトパンチもいろいろなサイズがありますが、
小さいものは文香や便箋にアクセントをつけるのにぴったりのサイズです。
紋切りより簡単ですし。笑


感謝です〜!

また、昨日は別のお客様から
「そろそろお正月の準備を始めます」
とお正月モードののどみをお求め頂き、焦り始めております。

はい。毎度のことではございますが。
まだ秋の新作を試作している九甘堂です。


遅いって!
わかってるって!

毎年繰り返す夫婦(職人とわたくし)の会話。

はぁ。進歩なしです。



2009年09月05日(Sat)▲ページの先頭へ
つやつやに光るもの

これは何かおわかりでしょうか?^^

昨日届いた遊楽の印和(ゆらのいん・のどみの印材です。

以前も書いたことがありますが、
九甘堂の「のどみ」は本柘に直接刻印した遊印です。
その印材は、当店がもともと大変お世話になっている柘の専門の職人さん(Fさん)に
お願いして作ってもらっております。

先代からのお付き合いで、
のどみを商品化する際も、
面倒な加工(通常よりも短く印面サイズも小さいものが中心・しかも九甘堂にしか納品できないオリジナルサイズ)を大変良心的な価格で快くお引き受け頂き、
義母もオットも
「Fさんが引き受けてくださるのなら、やってみたら?」
と言ってくれ、今に至っております。


そうなのです。


そもそも、Fさんが

「やりましょう!」

とおっしゃってくださらなかったら、
遊楽の印和(ゆらのいん・のどみは誕生していなかったかもしれませんし、
商品化できたとしても「もっとお高いもの」なっていたのは間違いございません。


いつも、Fさんから印材が届くと、
箱を開けた瞬間、ため息とともになんだか涙がにじみます。

きれいに整列し、笑
つやつや光っている姿があまりにも美しくて。

他の印材が届いても、
きれいだなぁとは思っても感動することはあまりないのですが。
(ごめんよ。象牙や水牛の角くんたち)


柘だけはFさんがあの仕事場でひとりこつこつと作ってくださっているのだなぁと
思うからでしょうか。

妙に感動します。毎回。

写真の印材も、これから職人のもとで「遊楽の印和(ゆらのいんのどみ)」になり、
わたくしが一本ずつ梱包し、やがて皆様のお手元へ参ります。^^


いろいろな人の手を経てどなたかの役に立ち、
だれかを楽しませてあげられるモノになる。

そう思うと、目の前にあるたくさんののどみたちも
それぞれがけなげに見えます。^^


1 2    全34件


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2009年9月
   
     

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (27)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (4)

アクセスカウンタ
今日:987
昨日:4,069
累計:5,506,569