遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ) - 2009/10

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2009年10月31日(Sat)▲ページの先頭へ
今秋の秋月販売のお知らせ

明日から急激に冷え込むという予報が出ていますので、
今日から秋月出店予定だったのですが、
昨日あたりから早くも気持ちはくじけ気味。−−;

1日行ってすぐ休むならずっと休んでも同じかも。

などとぐずぐず思うのは、
まったく準備ができていなかったからに他なりませんが、
昨日から自分でも驚きの超スピードで準備を整えております。


何度もやっていることなので、
慣れておりますゆえ、
最近ではそれほど時間もかからない準備ですが、
日ごろの整理の悪さから自分に地団太踏む思い。ーー;


とにかく今日絶対済ませなければならないことが無事終わったら、
秋月へちらっと参ります。

明日から3日くらいまでは早くもお休みになると思います。

その後は比較的天気も安定の予報ですので、
11月4日あたりから本格的に「遊楽の印和(ゆらのいん・のどみ)秋月販売開始となりそうです。



まずはお知らせ申し上げます。


2009年10月30日(Fri)▲ページの先頭へ
九甘堂のオーダーメイドの印で一番人気は

絵とお名前を一緒に刻印するはんこは一年を通して人気のあるオーダーメイドなのですが、
春先とこの時期はやはりご注文を多くいただきます。
なぜか、「結婚式で受付を手伝ってくれた友人へのプレゼント」
としてお選びいただくことがとても多いオーダーメイドです。

昨年から今年の春くらいまでは、写真の雪輪椿(これは発売当初からですが)とが圧倒的な人気者でした。



今年は、今のところ分散傾向にありますが、^^
わたくしどももすべての絵にお名前を合わせたサンプルを作っているわけではなく、
ご注文を頂いて初めてお作りするものもあります。

最近お作りしたなかで、

「お〜。これってかわいい!」

だったのが、砂金袋にお名前を合わせた印。

ここで印影をお見せできませんが、
いつかサンプルを(あ〜いつか。。。笑)作ってもらおうと思っております。

今新しく考えているのは釜敷の雪とはつゆきを合わせたものにお名前を一緒に刻印するタイプ。
桜タイプのようにちょっとちぎれた感じ(わたくしの趣味。好きです。^^;)で試作してもらおうと思っているのですが、
最近職人もわたくしもなかなか一緒の時間がとれず。。。

絶対かわいい!と思う既に親ばか状態のわたくしです。^^;


充実の一日を♪


2009年10月29日(Thu)▲ページの先頭へ
あげなふたりは初めて見た

そういえば、柘榴のオハナシを忘れて玄米あずきご飯のハナシやらなにやらを先にしてしまいましたが。^^;
柘榴は、いつも大変お世話になっている秋月の黒門茶屋さんへ
オットが伺った際に、
お土産にお庭にある柘榴を切ってくださったものです。
この写真が

あまりにも現物を正しく捉えていないため、
何度も撮り直したのですが大して変わりばえせず諦めました。


熟して割れたところから見える種?がとてもきれいなルビー色。
オットがもらって帰ってきたときは、
きゃぁあ♪きゃぁあ♪でございました。^^;


黒門茶屋さんは表から裏庭へ続く小道、そして裏庭といろいろな植物を育ててらっしゃいます。
季節季節で花や実や美しい緑に癒され、
もう少しすると小鳥来る季節となります。

そして、ちょうどそのときにきれいに咲いている花や実やいろいろなものを

「持って帰る〜?」

とさっと手折ってくださいます。

黒門茶屋さんの店内のお花はもちろんすべてお庭に咲いているものですし、
お料理のあしらいなどに使われている緑などもそうです。

よいですねぇ。。。
黒門茶屋さんはお店ですが、そういう日常生活。。。憧れます。(遠すぎますが。何万光年もある距離感。。。ToT)



と、
その柘榴をもらった帰り道、
車を走らせながら雨がぽつぽつ降り出したなぁ。。。
と、
なんだか妙な違和感を感じてふと歩道に目をやったオット。

傘をさして歩いているおばあさんの、その傘の下から見えるのは。。。え。尻尾?

え?
犬の尻尾がなぜそこに?

と思う間もなく通り過ぎざま、
それはおばあさんが犬をおんぶして傘をさして歩いていた図だったと気づくオット。


犬はちゃんとおばあさんの首の辺りで前足を交差し、
後ろ足はしっかりおばあさんの腰辺りを捉え、
おばあさんは落っこちないように犬の前足を片手で支えて、
片手で傘をさしていた。


という姿だったそうな。

瞬間、オットはひとり爆笑し、思わず徐行し眺めてしまったら、
犬とおばあさんはそろって


「なんなのよ。なんかへん?あたしたち」


という顔をしてこっちを見た。のですって。


「あげなふたりは初めて見た」


と帰ってきて身振り手振りで話しておりました。


「そういうときに、写メするのよっ」

と叫ぶツマ。
見たかったなぁ。おんぶ犬。

おばあさんはきっと雨に濡れないように
かわいいわんちゃんをおんぶしてあげたのでしょうね。

きっといつもやっているのでしょう。

犬も心得た感じでおぶさっていたらしいので。笑

見たかったなぁ。。。^^


2009年10月28日(Wed)▲ページの先頭へ
打ち出の小槌のはんこを。。。

打ち出の小槌。。。新作のとなんとなくかぶるので、リニューアルしようか、
バージョンちがいを出そうか、それとも裏メニューにしようか、迷っております。
(結局どれも結果は一緒ですが。^^;)


以前、写真のタイプで赤いところに白抜きでお名前をいれたオーダーメイドをご注文頂き、それが大層よくって(というかわたくしが気に入り)ずっと気になっていたのですよね。。。

だいぶ前に作ってもらっていた写真の赤バージョンは名前が入らないと
いまひとつのような気もするし。。。


決めかねるってことは

やめたほうがいいって

ことね。



普段のわたくしの決断パターンなのですが、
どうもそう簡単にも決められない、
せっかち白黒決着女には珍しい今日この頃。

そもそも、ちまちまバージョンを増やすと管理が大変だし、
自分の首を絞めることになるので、
すぱっと決めねば。

これはオーダーメイドバージョンにするか?



もう少し考えます。^^;


充実の一日を♪


2009年10月27日(Tue)▲ページの先頭へ
玄米あずきご飯

先週木曜日あたりから、体調を崩してしまいどうもやる気に欠けております。
やはりすべての基本は健康ですねぇ。。。
ちょっと具合が悪いとしみじみつくづくそう思います。

やる気が出ないときは、
写真や印影の整理とか、ショップのページ更新とかあまり脳を活発に動かさなくても良いシゴト中心となってしまうので、
それはそれで滞っていたことが片付きよかったりもします。

日ごろの生活習慣(食事と睡眠)がもっとも大事。
と思いつつ、特に自分の食事は偏りがちで、睡眠不足になりがちです。

義母とオットにだけは決まった時間にバランスのよい食事をと思うと、
自分の食生活にまでは気力がついてきません。^^;

そんなわたくしがここのところ頼り切っているのが、
玄米あずきご飯。

もう3年くらいにはなるかな。。。お米は玄米でいただいているのですが、
あずきを混ぜて焚くと栄養価的にも良いしおいしいわよ!
と聞き、試してみたらこれがおいしくて!大層お気に入りに。


義母も今年に入ってから玄米食に切り替えたのですが、
その義母も毎食小豆ご飯で!とリクエストしてきます。


この10日ほどでしょうか。。。^^;
朝だけ玄米でがんばると宣言したオットも、
この玄米小豆ご飯は大変気に入った模様。

ご存知のように、玄米はいろいろな栄養素がバランスよく含まれていて、
玄米をしっかり食べているとあとはきのこ類を少し取れば、
一日に必要な栄養素はだいたい網羅すると読んだことがあります。

あれこれおかずを作る気力がないときは、
玄米を食べているとなんとなく安心という感じもあります。
(わたくしの場合お菓子のつまみ食いが多すぎですが)

ちなみに、
玄米小豆ご飯は

小豆半カップに玄米1カップ半で2合分を
炊飯器の玄米モードの2合のメモリより少し大目の水加減で炊きます。
硬さはお好みなので調整してくださいね♪


玄米と小豆を一緒に軽く洗ってから、
一晩(10時間くらい)水につけておきそのまま炊きます。


小豆も地元の新物が出始め、
もうすぐお米も新米になりますので、
きっと更に美味しい玄米小豆ご飯となることでしょう!笑
楽しみです。


二代目みぃちゃん

このねこは我が家二代目みぃです。
一代目も二代目も伊勢神宮のおかげ横丁にある雑貨屋さんで求めたものです。

ねこ好きのオットが愛してやまなかった一代目を、
お掃除しているときに落として割ってしまったツマ。

さすがにあの時はぞっとしたなぁ。。。−−;

が、
お伊勢さんまで行かずとも、
実家の近くの門司港レトロの雑貨屋で同じものを見たことがあったツマは、

「今度実家へ帰ったときに買ってきてあげるよ」


と、慰めたつもりが、

「あのねこはお伊勢さんにしかおらんっ(おらん。。。ではなく「売ってない」だと思うのだけど。。。オットの中では既に生き物化していたのです」

と更に機嫌を損ねてしまい、
いまさら門司港レトロでまったく同じものを買ってきたとしても、

「これは違うっ」

などと言ってごねられても、門司港レトロねこの行き場もなくなるし、と
そのままになっておりました。


先週念願のお伊勢さまお参りツアーから戻ってきたオットの旅行バッグの中からでてきた二代目は、一代目とほとんど同じもの。

もうちょっとちがう二代目でもよかったんじゃぁないかと思うツマですが、
うっかり感想を述べたりすると、
またひと悶着ありそうな気配で、
(えー。そりゃもー。旅行から帰ってくると、わたくしにねこの袋を開けろ開けろと急かしつつ、
なんか文句言ったら殺すぞおまえー。と言わんばかりに目を三角にして凝視しておりましたから。はい)

「前のよりかわいーみたい。」

と言うと、

「そーたい。(←急にご機嫌に)今度は殺すなよ。(って殺したわけじゃぁないのよね。割っただけ。こなごなに。おほほ)」

と毎朝眺めてご満悦。

ま。
ご機嫌がよろしければよろしいのだけど。

ねこと一緒に写っている柘榴のハナシをしたかったのですが。笑
長くなったので今日はこのへんで。
柘榴をもらって帰る途中で見かけたおばあちゃんと犬のハナシもまた次回。^^


2009年10月26日(Mon)▲ページの先頭へ
透け感のあるベージュの瓢紋切りで

遊印を使った年賀状作り第4作目。
笑福楽喜を一個だけ。

今年はなるべく、

のどみは一本!ひと捺しで。簡単に作れるけど手間がかかって見える年賀状」

をテーマ(長いテーマです)に作っております。

が、はんこが少なくなると他の紋きりやら千代紙スリットやら多くなり、
結局めんどくさーな年賀状になってしまいますね。。。
手間がかかって見えるではなく
ほんとに手間がかかった年賀状になっております。いつもながら。ほほ。



ま。
そのあたりは仕方ないかな。(え。簡単に言うのね)
自分ちの年賀状は切ったり貼ったりめったにしないくせにーです。^^;

はんこをいっぱい捺したい方の年賀状サンプルも今作っております。


それにしてもわたくしは、ベージュ好きです。
葉書にも少し色がついていますが、
白のバリエーションとベージュのバリエーションと印の朱だけで
いろいろ膨らんでゆきますねぇ。。。


とりあえず、たくさんの色を使いこなそうとしなければ、
シンプルにそれなりにセンスよく仕上がるような気がします。

ショップの年賀状のページの更新完了いたしました□

次はぽち袋のページの更新にとりかかります。

充実の一日を♪


2009年10月24日(Sat)▲ページの先頭へ
蛇足とはまさに是也

くっきり感のない写真だなぁ。。。
実物はもっときれいよといいたいわけですね。^^;

あけましておめでとうございます

は、

新謹
年賀

の方がよいかもしれません。

男性がつくる年賀状。。。あるいは男性的な(笑)年賀状
をイメージして作ってみました。

寅君がキイテマス。^^  



今朝upした年賀状に色をつけてみました


蛇足とはまさにこのこと。。。ーー;

だって銀色の顔彩を使いたかったの。どーしても。ToT


年賀状いろいろこちらでもご覧いただけます→

楽しい週末を♪


白と赤の組合せで

早速使ってみた雪形釜敷の印。
これまた久しぶりに使った「賀正」のはんこ。
かわいらしい系の年賀状です。


白と赤

はいろいろな表情を持つ組合せだなぁと思います。

おめでた系はもちろん
こどもらしいかわいらしさもある一方で粋な感じもあり。

圧倒的な清潔感
凛とした冷たさと暖かさ。。。



文香など作るときに、
あれこれ悩んで千代紙や紋切りや水引や、
自分の中のありったけの引き出しをかき回した後、
最終的に白い和紙にただ印だけを改めて捺すと
すっと初心に戻れるような
そんな気分になることもよくあります。


つまりは、デザイン力がないだけ

ということなのだけど、
白に赤はおさまりのよい組合せなのでしょう。

日の丸もそうだなぁ。笑


それにしても年賀状2作目。笑
この週末にがんばれるかな。というところ。


2009年10月23日(Fri)▲ページの先頭へ
燃える創作魂〜美豆兎さんの毎日

以前バッグを求めました美豆兎さんの展示会が近づいております。
(と、まるで自分のことのように語っております。ご無礼お許しくださいませ。^^;)
ご案内を頂戴いたしました(ちょっと前。え?だいぶ前?−−;日にちの感覚が麻痺してます)。

ご案内状もおしゃれ。
かつ
なんか笑える。

燃える創作魂。笑
が、展示会へ向けて、その通り(燃える創作魂)の毎日を送っておられるご様子が、
ブログを拝見いたしておりますとひしひしと伝わってまいります。

美豆兎さんの微妙な笑いのツボにはまっておりますわたくしとしては、
ご案内状をつかんで飛行機に飛び乗りたいところでございます。


あー。(なんの「あー」なのか。。。ーー;)


九甘堂でお作り頂いた印をゴム印バージョンと刻印バージョンにしていただいております。
刻印バージョンのなんと!かっこよいこと!!
ちょうど新しい記事もupされておりました。コチラ→

わたくしも非常に(とっても。ほんとうに。)欲しくなりますが、悲しいことに捺すものがございません。
刻印になると急に高級感が増すというか、笑
プロっぽくなる(美豆兎さんはもちろんプロ中のプロでございますっ!!)というか、
もとは自分のところで作ったものとは思えない印に。^^;


フシギですねぇ。。。
わが子が成長してゆく姿を見るようで泣けてまいります。


九州の片田舎から飛び出して羽ばたいておくれ〜。
と手を振ってしまいそう。


どんどん仕上がってゆくバッグたちもブログで見ることができます。
楽しみです♪



手作りの年賀状・絵葉書のページ

昨年作った年賀状で申し訳ないのですが、
今年も使えるパターンもございますゆえ(あ〜。すっごい言い訳。−−;)、
取り急ぎ(1年経っておりますが)
ショップの のどみを使ったアイディアいろいろ■年賀状・絵葉書■を更新しております。

もう少し付け足してまいりますが、まずはまずはお知らせまで。^^



2009年10月22日(Thu)▲ページの先頭へ
雪とゆきと雪たち^^

雪形釜敷という形です。
先日販売を始めたはつゆきにあわせて使えるように細い細い線がきれいな雪の結晶をもうひとつ作りたかったのですが、例によってなかなかわたくしの原稿ではうんと言ってくれず、やっとやっと試作品完成。笑

とりあえず、散らして使うとラッピング材あれこれにはもちろん、
いろいろ使い道はありそうです。^^

最近「散らして使う」という言葉を頻繁に口にしておりますが、
散らして使えるのどみを持っているととても便利です。

印というと一箇所締めで捺すという印象が強く、
たくさん捺せば捺すほどおこちゃまなイメージが増し、
ゴム印っぽさがでてくる
という感じですが、

繊細な線を活かしたのどみをお選びいただくと、
かなりオトナな雰囲気に仕上がり、
わたくしは好きなパターンでよく使います。


どうオトナなのか?
と問われると言葉では説明できませんが。−−;



しかし、
雪ばかり作ってどうする!?

というのも職人の毎度のせりふ。


ですが、冬のモチーフってやっぱり雪なのですよね。。。わたくしのなかでは。。。
これでのどみの雪シリーズは

雪1
雪2
ぼたん雪
はつゆき
釜敷


と5種類になりました♪^^


日本の冬にもお正月にもクリスマスにも♪
結構使える雪たちです。^^

再度微調整後、カートの準備いたします。

充実の一日を♪


2009年10月21日(Wed)▲ページの先頭へ
手作りぽち袋展開図の巻

先日ご紹介した年賀状のサンプル(このブログのトップページにも写真があります)ですが、
最近お気に入りのパターンです。
瓢の紋切りも大きめですし、
結構簡単そうでよいのではないかとのお声もちらちら頂いております。

今年はこれだけですか?
とのお声も併せて頂戴しております。

ひぇえ。(冷や汗)

そういうわけでは決してございませんが、
かなり気に入っているパターンではあります。

上のぽちにも使っておりますが、
ギフト箱などにも使用中。
もちろん文香も。

ぽちを展開した図↓。

色を変えたり、和紙を変えたり、瓢の紋切りのサイズを変えると
同じパターンでも全然違うものに見えるので便利かも。笑

ぽちの場合は、最終的なぽちの形になったときの重なり具合で、
瓢の紋きりを貼る位置を決めます。(当たり前ですが、調子に乗ってどんどん作って貼って折利上げてみたら、「いやーーーーー」と泣く破目にも)

また、このぽちは
適当な紙の大きさで作れるので、とても簡単でさりげないぽち袋です。
(紋きり貼ったり、はんこを捺したりすると、さりげないとはいえなくなりますが)
4年前(このブログを始めた頃!あー。恥ずかしいようなぽちがupされておりますが。。。)に このぽちの折り方をご紹介した記事をupしておりました。
手作りしたい方はご参考までに♪


一応、無病(六瓢)息災で紋切り瓢と瓢のはんこを合計6個使うのが自分の中でのお約束です。

も忘れずに。
この寅のはんこ。
今までの干支のはんこので一番お気に入りになりそうです。^^

充実の一日を♪


2009年10月20日(Tue)▲ページの先頭へ
丸印は難しい

九甘堂の新しいはんこが欲しくて、以前から職人にお願いしていたものです。
小判型。^^
店で認印用として用意している印材です。
この卵型が妙に気になっていて。。。


が、
角印に慣れてしまった手には非常に捺しにくい。笑
というか
印影が斜めになります。ーー;


角印は底辺も直線なので、
持った感じと、
紙の底辺や横線に印材を平行になるように意識して捺すと
わりとまっすぐに捺すことができるのですが、
丸い印材だとどうも。。。


今回の小判型だけでなく、
以前作ってもらった黒水牛の花押や和香のはんこなども丸印材なのですが、
実は結構捺すのに苦労していたりして。笑


慣れかなぁ。。。

そういえば、店の銀行印などを捺すときもかならず曲がっているような。ーー;


以前、
職人が何かの書類にゆがんで捺している印影を義母が見つけ

「はんやのくせして、こんな捺しかたがあるものかっ。やり直しっ!」

と激怒していたのを思い出します。。。ひぇえ。

練習練習。^^;


楽しい一日を♪


2009年10月19日(Mon)▲ページの先頭へ
ラッピングのページ更新しました

はんこを使ったラッピングアイディアのページを更新しております。
のどみのギフトラッピングのページも合わせて更新しました。
あ!
あの写真を使っていなかった!
と既に汗かき状態ですが、
ま。
とりあえず。笑(いつものこと)

まずはおしらせ申し上げます。

今日もよい一日でありますよう。。。


2009年10月18日(Sun)▲ページの先頭へ
料金とサービス

写真はギフト発送(お客様のお名前で送り先へ直送の場合)に使う宛名用のタグです。
最近かのこ柄で包装することが多いので、タグも鹿の子の紙で巻いてみました。
のどみを捺した後エンボス加工済み。

こういう↓スタイルでお送りすることが多いのですが、

このタグは横長タイプでいつもより更に郵便局泣かせ。
嫌がられます。笑

でも定形外郵便料金120円〜140円で追加料金なしで送ることができます。
受け付けたヒトによってテープでぐるっと巻かれたりはしますが。
(もちろん、タグを留めている水引が緩んだり外れたりしないようにしっかり補強はしております。)

このあたりも、もう少しなんとかならないものかと思います。えー。−−;

同じテープで留めるにしても留める場所を選び、
なるべくかわいく送りますのでね。
とひと言おっしゃって下さる方もいらっしゃいます。

ゴムで止めてくれる方もいらっしゃいます。

かと思うと受け付けてくれない郵便局もあります。(???いろいろな郵便局から既に何百個も送ってます!と言っても、ウチでは受けられませんと、とてもかたくな。笑)

フシギなシステムです。



けれど、
お客様には大層!とても!たいへん!(笑)ヨロコバレル郵便物なのです。

なので、
わたくしも当面やめるつもりはありません。^^


ちなみに宅急便などですと、通常の宅急便扱いになりますので(メール便では厚さ1センチまで)、1,000円とかそれなりの送料になります。



郵便局は確かにお安いです。
普通郵便ですのでポストにぽん。が原則ですが、ポストに入らないことも多かったり、
入ってもなんとなく雰囲気的にでしょうか。。。^^
手渡ししてくださっている配達の方も多いようですし。


料金とサービス。

どんな商売でもきれいにバランスをとるのは難しいものです。

楽しい日曜日を♪


2009年10月17日(Sat)▲ページの先頭へ
オーダーメイドの印影ファイル

そろそろ秋月販売の準備をしなくては。。。
などといつものように今頃!悠長に考えていたりするわけですが、
秋月販売へ行くのならオーダーメイドの印影ファイルを整理しておかなければ!
と今朝突然思い立ち、2時間作業を続けてようやく
ちょっとやったくらいでは全然終わらないのに気づいたワタクシ。


うーん。いつの間にこんなにご注文を頂戴していたのか。
(というかサボっていたのか)



だからいつも言っているじゃぁないの。

そのときちょっと時間がかかっても
すぐに!一連の整理整頓を済ませておかなければ
(印影ファイル・名簿のファイル・写真の整理など)
いけないのよっ!てさぁ。。。(書いてみるとどれもたまっているではないの。。。とほほ)



けれど、これは、とても大事なモノなのだ。

秋月で
オーダーメイドをご検討頂く際の大切な判断材料になるし、
たくさん印影が貼ってあると、
ワタクシや店に対する安心感にもちょっとはつながる。
ファイルの中に自分の作りたい字があったりすると
とてもとても参考になったりして


よし頼んでいくか!


となるわけです。(ならないこともある)




だいたい
どこの馬の骨とも知れない露天商のおばちゃん(ワタクシ)に



お金は先に払っていってね

と言われ、


要望は聞くけれど、最終的には任せてくれなきゃ作れないわ


などと言われ、


10日くらいは黙って待っててね



とトドメを刺されて、名刺一枚(今は名刺なんてパソコンで誰でも作れるし)で
代金を領収され

「お気をつけて」
とあっさり見送られるのだ。



よくご信頼いただけているものです。笑
私だったらできるだろうか?

てなことを思うと、
ヒトを信じてあげるって結局自分自身を信じているんだわと思ったり。

愛なのだ!
とか。。。いろいろ思ったりするわけですけど、笑

考えても考えなくても
ありがたく嬉しいことであることは間違いなく、
(最初の頃は印影ファイルなんてものもなかったし)
そう思うのならもっと真剣に準備しろよというハナシです。


真剣ではあるのですが、
体と頭がついていっていないだけなのですが。


あまり同じことをやり続けていると生来の雑な性格があちこちに出てくるので、
今から大好きな封筒作りに入ります。


楽しい週末を♪
ラッピングのページの更新はあと一息!です〜。^^


2009年10月16日(Fri)▲ページの先頭へ
そのバーコードシールだけは。。。

先日「遊楽の印和(ゆらのいん・のどみ)」をお求め頂いたお客様から、
無事届きましたメールを頂戴しました。

なんと!なんと!嬉しいことに
ワタクシが最近はまりまくり、皆様もきっとうんざりしているに違いない鹿の子模様の封筒・ぽちなどを

「小紋の美しさの原点を見るようでした」

とおっしゃっていただき、
舞い上がっております。^^/


別のお客様は、鹿の子文様の封筒に捺してあった簡易書留のはんこと
バーコードのシールに

「こんなもの貼って!なんとかならないのかしら!郵便局!」
と怒っていただき、笑

泣けてくるような嬉しさでヨロコンデおります。


鹿の子文様自体のかわいらしさはもちろんあり、
封筒の一部ではなく全部が鹿の子というのは
かなり迫力もでてインパクトがあります。

かわいらしすぎ。。。の感は否めません。


そのかわいらしさにのどみでちょっとオトナな感じを出せたらと
乏しい感性をひねりながら苦心しておりますが、
お客様のありがたくも嬉しい感想が更に鹿の子の封筒を増やしてゆきます。笑

ここでも何度も書いておりますが、
ちょうどある方に教えていただいたまちつき封筒の作り具合も板につき始め、
鹿の子文様の紙の厚さ加減とちょうどよく、
なんだかとても調子よく封筒やぽちを作っております。



封筒作り好きの私にとっては楽しくて仕方のないおシゴト。^^


そろそろ鹿の子はお休みして、他の紙へ行ったほうがよいかも。。。
と思ったりしておりましたが、
もう少し鹿の子でゆきます。^^

ほんとうにありがとうございます。
嬉しくって舞い上がっております。


とっても自慢だらけの今日の記事。。。スミマセン^^;


楽しい週末を♪(のどみを使ったラッピングのページを更新するべくがんばっております。それにしても一年以上は軽く経っており、写真の整理にとんでもなく時間がかかってます。整理整頓はやはり人生のキモですな)


2009年10月15日(Thu)▲ページの先頭へ
家紋印の栞つきブックカバーを作りました

久しぶりにブックカバーを作ってみました。
オットが数日前にあるお勉強会に参加した折、
大事そうに抱えて帰ってきた本。



(どうも和紙の質感がうまくでなくて悔しい!笑。撮りなおしてupしても結局あまりかわりませんが、なんともいえない深みのあるよい色なのです。しっかりと手になじみ、本を手に取り開くだけで頭がよくなりそう。笑)

「カバーがいるんですけど、どこに行ったら買えますか?」

と申しますので、


「わたくしがおつくりいたしましょう!」

と、
以前から使いたかった濃紺の手すき和紙で作ってみました。


濃紺なので直接印を捺せず、
使いたいのだけど、なかなか使えずにいたものです。


本の内側には蔵書印を捺そうかとも思いましたが、

本の内容とまた来月のお勉強会にも持参すると申しますので、
少しおこちゃますぎるかなぁと、
家紋印を捺した和紙を貼ってみました。
(写真撮り忘れ。^^;)




上の写真では
ブックカバーの内側から麻紐を通し、
香を包んだ和紙をくっつけてます。

栞代わりの香包み♪


こちらは、名前の入っていない家紋印に短冊の苗字印をあわせております。

考えると、この栞は2本いるのでした。
わたくしも読ませてもらっておりますので。


ハナシはそれますが、
この短冊の苗字は篆書体で、
人気の書体でもありますが、
崩した草書体もなかなかかっこよく仕上がります。

サンプルに崩れた「古賀」印を作ってくれと再三頼んでいるにもかかわらず、


古賀ばかりつくりたくないっ


と作ってくれません。ぷん。


こういう場合、篆書体より崩れた草書
だと思うのですよね。。。

作ってくれたらまた作り変えたいと思います。笑

充実の一日を♪


2009年10月14日(Wed)▲ページの先頭へ
紙の善し悪しを語るなんて百年早いのですが

今朝作った折形です。
向かって左の紙と右の紙。。。
下世話な話で恐縮ですが、
お値段的に15倍くらいの差があります。

画像ではいまひとつ(upしてみて全然わからないのに気づきましたが、もう発送してしまって手元にないため写真の撮りなおしができずにスミマセン。言い訳更新。−−;)わかりませんが、
印泥のノリや墨のノリ(たとえ筆ペンであっても。。。)
まったく違うのにちょっとびっくり。笑

左が高級な紙です。


いまさらですが、
こんなに違うとは。。。
改めてその価値を知りました。

見て触るだけでは、それほど惚れ惚れするような紙質ではないのですが。。。
見る目がないということです。はい。

紙の善し悪しを語れるような字ではないのは、
百も千も承知ではありますが、
思わず言いたくなる違いです。



ダテにお高いわけじゃぁあありませんの。ワタクシ。


と、言い放つような存在感を急に持ってしまった向かって左の紙は、
先日実家の母からもらってきたもの。

もうちょっともらってくればよかった。笑


おかーさま。。。大事にお使いなさいませ♪^^


■これは文香用の小さな折形

充実の一日を♪


2009年10月13日(Tue)▲ページの先頭へ
いい匂い ^^

どこからともなく金木犀の香りがするようになりました。
店の窓を開け放っていると、
ふわっと香ってきて、よい気分になります。^^
どこにある木から香っているのだろうと、店の周りをくるっと見渡しますが
わからず。。。


香りの元をさがしまくるようなこともまた無粋というもの。
どこからともなく漂ってくるよい匂いにただただ浸ることにします。



深呼吸ばかりしてしまいます。(それもまたちょっと。。。ですが。。。笑)




この時期は窓を開けていることが多いので、
いつも置いている香をしまい、
しばらくは自然の芳香を楽しむことにします。


一本大きな金木犀の木があるところを知っているので写真を撮りに行ったのですが、
もうなくなっていました。ToT

なんでなのーと、思いつつ、
関係ない写真でスミマセン


お年賀状にもぴったりの新作カート準備できました♪^^

「遊楽の印和(ゆらのいん・のどみ)」の新作カート準備できました♪
南天



2009年10月10日(Sat)▲ページの先頭へ
九甘堂の蕪と南天と鍵のはんこ



蕪・南天・鍵、例によってカートの準備ができておりませんが、お求めいただくことはできます
まだ在庫もございませんので、ご注文が入って刻印となりますので、
2〜3日お日にち頂戴いたしますが。。。

お値段は、
蕪が1,500円
南天が1,800円
鍵が1,500円

です。(在庫の準備が整いましてもお値段は一緒です。^^)





ショップのお問い合わせフォームをご利用くださいませ♪


一陽来復のはんこ

一陽来復のはんこです♪^^
これは第一弾。12ミリ角の短冊なので結構迫力もあります。

しかし、
なんの工夫もない隷書体。笑

もちろん却下となり作り直してもらっておりますが、
捺してみるとこれもなかなかシンプルでよい感じです。



却下の言葉に腹を立てた職人は

「もう原稿を捨ててしまったっ」

ので

「二度と作ることはできんっ」


申しておりますが。^^;


見るといまひとつだけれど、捺してみると結構いいかも。
というのは結構あったりします。

が、
今作り直してもらっているものは更によい感じでもあるので
(逆に見るだけならよいけれど、捺すといまひとつ。。。というのもあるのでこれまた面白いものです)、
そちらも楽しみです。



一陽来復とは冬至の日やお正月にもよく使われたりします。
わたくしは陰陽五行説の思想を表していると習ったのですが、
本来は易学のなかからでた思想なのだと聞いたこともあります。
(易学と陰陽五行説のつながりもよくわかりませんが。。。−−;)



いずれにしても、
「陰きわまれば陽に転ず」

好きな言葉です。


2009年10月09日(Fri)▲ページの先頭へ
紙モノ好き

やたら大きな画像となっておりますが、
今日求めた紙です。


いつも使っております半紙が今日と明日、なんと三割引!なのです。^^
甘木の株式会社ヨシヅカさんという文具店

なつかし〜いけやき通り(甘木のです。福岡市赤坂ではありませんよ。^^)を車で走っていると(以前この近くに住んでおりました)、
けやきの葉っぱもちらほら色づき、
すっかり秋の風情です。


常にお問い合わせの多い(えー。もうそりゃあ全国区の人気者です)
わたくしが手作りしておりますふたえ封筒の上掛けの紙を求めに参りました。

なかなか同じ名前では売っていなくて、
みなさん現物を持って書道屋さんなどを捜し求めてくださっているようですが、
同じ紙を見つけた!とおっしゃるお客様は今のところお一人もいらっしゃいません。


九甘堂にいらっしゃったお客様や秋月でご案内できるお客様には、
ヨシヅカさんというお店にあります。
とお伝えできるのですが、
遠い方にはそれもかなわず、
半紙って送るのも結構手間と送料がかかるので(紙代より送料が高かったりして)、
わたくしが送って差し上げるわけにもなかなかゆかず、
残念に思われるお客様も多い半紙です。


お近くの方。^^
明日も10時から17時まで3割引です。笑



と、上の写真は、その人気者の紙ではなく、
ふたえの内側に使う厚手の紙です。
今回この紙を別のものにかえてみました。

向かって右が今回求めたものです。

お値段的には両方とも安価なものですが(上掛けの紙もそうですが。−−;早くもっと立派な紙を扱えるようになりたいものです)、
少しベージュの色味が強いものを選んでみました。

早く印泥のノリを確かめたくてうずうずしておりますが、
まだ手で触ってヨロコブところまでで終わっております。


ところで、
この半紙たち。。。
1年経つと色が変わってよい感じになります。

こういうのを
紙をねかす
というのでしょうか。。。

あまり詳しいことは知らないので、
適当なことは書けませんが、
箱にきっちりしまい日のあたらない棚の中などにしまっていても、
必ず色が少し変わります。

好みもあるでしょうが、
少し白味がおさまり茶ばむ(てな日本語はあるでしょうか?ないですね。きっと)感じが好きです。


昨年買っておいた紙と
真新しい紙と
使い分けてゆけるのもまた楽しみです。^^




今日も秋が深まってゆくのを実感するような肌寒い一日でした。
皆様もどうぞご自愛くださいませ。。。^^


2009年10月08日(Thu)▲ページの先頭へ
急に寒くなりました

いろいろ作ってはいるのですが、
写真の整理が間に合っておりません〜。

かのこばかりで飽きたでしょう?笑

飽きますよねぇ。

でも最近かのこの紙にしか触れていないような気もするほど、
出来上がっているものもかのこだらけ。 −−;


ちょっと別のテイストも欲しくなってまいりました。


昨日から急に冷え込み、
夜は電器毛布を敷こうかと迷ったほど。。。

今日はお鍋に決定です。^^


皆様もどうぞ風邪など召されませんよう。。。
台風も元気に北上中のようですが、
どうぞ被害も最小ですみますように。。。

かのこの文香。しつこいって。。。−−;




2009年10月07日(Wed)▲ページの先頭へ
ぽちのぽち

ぽち袋をつくってみました。
ちょこっとなにかをお返しするときや、贈る時などに。。。

かのこ柄。。。しっかりはまっております。^^


先ほど実家の母へ送っておいた、
失敗分の封筒が届いたと連絡がありましたが、

「っかわいいっ」

とヨロコンデおりました。^^


完全な身内同士でよろこびあったと
こんなところで報告されても困るでしょうが。−−;


表から見えないうしろ姿も大切に♪
南天もこれで新作となりそうです。。。
カートの準備急ぎます



今日はとてもとても寒いです。
台風の影響でしょうか。。。
車の暖房を入れてしまいましたが、
寒いくらいではすまない大きな台風のようです。。。

どうぞ被害の出ませんように。。。

充実の一日を♪



2009年10月06日(Tue)▲ページの先頭へ
エコじゃあないけどラッピングは楽しい♪^^

先日ギフトラッピングでお客様のお名前で直送する場合の梱包サンプルをupしましたが
↓こちら

お問い合わせも多いので、再度登場です。

すぐ上は、
エンボス加工したかのこ柄紙を使っております。
最初に大き目の紙にざーっと「遊楽の印和(ゆらのいん・のどみ)」を捺し、
エンボス加工したものを、
箱包み用紙とタグ用紙にカットして準備しておくと便利。
(ってめったに準備などできませんが。ーー;)

一番上の写真は、
ここ数日凝っているふたえのラッピング用紙です。
かのこ柄でまずは包んで、上から「のどみ」を捺した薄紙で更に包みます。

まったくエコじゃない加重包装。


ですが、なぜかお問い合わせも多いのでご紹介♪

のどみをたくさん散らして捺すときは、テーマを決めるか、
(例えば、めでたづくしとか、秋物ばかりとか。。。)
ひとつのパターンを繰り返すかどちらかにすると絶対間違いないです。
(例えば、御祝  とか、 吉日ふくら雀とか。。。)

お手持ちのどみを全部捺したりすると結構たいへんなことになります。^^;


充実の一日を♪


2009年10月05日(Mon)▲ページの先頭へ
ふくら雀のカートの準備ができました

中心線がずれておりますが。
堂々とupする図々しさよ。

これは、ここのところはまっているかのこ柄の紙で作ったまちつき封筒。
ふたえです。



突然ですが、まちつき封筒はいい!
印はもちろんですが、厚みのある印泥をお送りするときもばっちりかわいく(あくまでもわたくしの感覚ですが。全然かわいくないじゃん。と思われる方ごめんなさいね。笑)お送りすることができるようになりました!

まちつき封筒の作り方をお教えいただいたY様。。。ほんとうに感謝です。


かのこ柄の紙にも、やはり一枚薄紙をかぶせるとおこちゃまな感じがちょっと薄れるような。
(そうでもないかな)

めでたづくしで(こちらも連続登場。笑)。
あくまでも九甘堂のめでたづくしです。

瓢の捺しをはっきり失敗しておりますが、いーのです。
これは実家の母へ送りますから。^^

横から撮ってもずれははっきりわかります。


■おしらせ■

ふくら雀のカートの準備できました♪^^

ただ今、遊楽の印和(ゆらのいん・のどみ)発売当初からある

楽(朱文)」「夢(朱文)」7.5ミリのリニューアルを試みております。


お楽しみに♪^^


自分以外のヒトの感性

瓢を使ったギフト箱です。
箱にはめでたづくしで、瓢・打ち出の小槌・熨斗砂金袋・鍵
などを捺しております。

瓢は一年位前に出したのどみですが、
出すと同時にたくさんの方にお求め頂き、
季節感がないのと、縁起物ということもあいまって九甘堂「遊楽の印和(ゆらのいんのどみ)」人気商品となっております。


なによりも捺しやすい。笑
線の細さが自慢の一本ですが、
とてもバランスが良く角押しの恐怖(笑)を感じずに済む一本でもあります。


さて、
以前もご紹介した「hitofushi にっぽんの暮らしを楽しむ」でも「瓢」をいろいろ使っていただいております。

自分以外の誰かがのどみを使ってくださっているのを拝見するのは
ほんとうに勉強になりますねぇ。。。

単純に嬉しい

ということもございますが、笑


同じ折形やラッピング系あれこれでも
絶対にわたくしとは違う何かがそこにはあり、
改めて興味深く楽しませていただいております。

自分が散々使い込んでいるモノだからこそ、
他の方が表現される小さな違いにも目が留まり、
感動があります。


先日ご案内を頂いた粋更・紙のストローというのもとてもよい感じです。
色合いがとても優しくて、
ストローを使って何かを飲むということもそういえばなくなっておりますが、笑
なんだか手元に置いておきたくなる様なモノです。

亡くなった義父が入院していた時に、
飲み物を上手に飲めなかった時期があり、
ストローを持ってきてくださいと看護師さんに言われたことがあります。

スーパーマーケットにあるふつーの(笑)ストロー(ビニール製?)を買っていったのですが、
あの時こんなストローを用意してあげられたら、よかったのになぁと
いろいろと思い出してしまいました。


ところで、ブログに登場している

折形をおる人

はわたくしの憧れるかの方でございましょうか。。。?^^


こちらもまた興味深々でございます。

充実の一日を♪


1 2    全35件


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2009年10月
       

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (22)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (9)

アクセスカウンタ
今日:967
昨日:3,577
累計:5,421,537