遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ) - 2010/06

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2010年06月30日(Wed)▲ページの先頭へ
桐の印箱完成しました

桐の印箱ついに完成♪
のどみ便りで初披露(ってそういえば、サンプルで作っていただいたものを
ここでも既に見せびらかしておりましたね。ほほ)と思っておりましたが、
やっぱり我慢できず。

この箱は印泥と一緒に遊印を収めるタイプ。
印のサイズにもよりますが、7.5ミリ角だと4本入ります。
増矢桐箱さんのほうでサイズを調整し、大き目のものもお送り頂いたようなので、
届くのが楽しみです。

"桐の印箱完成しました"...の続きを読む



2010年06月29日(Tue)▲ページの先頭へ
半紙で作る夏の封筒2

瓢の紋切りに結び紐を捺しております。

増矢桐箱の社長夫人に教えていただいたアイディア。
メールでお聞きしただけなので、実際はこんな風じゃないのかもしれませんが、
これはこれでかわいくて気に入っております♪^^



これは定番の半紙のふたえ封筒ですが、
中の紋切りも内側に使っているのと同じ半紙で作っています。
少しニュアンスを変えて、さりげなく目立たせる為に
紋切りした後、半紙を揉んでから遊印を捺しています。

"半紙で作る夏の封筒2"...の続きを読む



2010年06月28日(Mon)▲ページの先頭へ
洋紙で作る夏のぽち袋

洋紙でぽち袋を作ってみました。
これはA4サイズの紙半裁で仕上げるサイズのぽち。
適度の厚みとしっかりコシがある紙なので安定感があります。
透ける心配もありませんし。

エンボス加工というのでしょうかね。。。ちいさな凹凸の模様が入っていて
封筒やぽち袋などにはぴったりの紙です。
ジュリエットレターズさんにあります

まち付きで。^^

いつもの千代紙スリットを横にはりつけ、
別の和紙に捺した「」と「」を上から貼っています。

この「嬉」という字。。。好きな字でもあり遊印でもあります。

最近、よく登場しておりますが、
墨を直接筆で塗りつけ捺しております。

スタンプパッドよりもくっきり黒く印影が取れますので、
お好みにもよるでしょうが、
印泥の赤とのコントラストがわたくしは気に入っております。

楽しい一日を♪


2010年06月26日(Sat)▲ページの先頭へ
半紙に色をつけてラッピング材に

最近よく使う紙。ふたえにして包み紙に。

実はいつもの半紙ですが、スタンプパッドをランダムに捺しています。

先日upしていたこちらの紙もそうです。

紋きりをする場合は、紋切りした後に
スタンプを捺した方がよいです。

スタンプパッドを捺した跡に、
揉んでラッピング材などに使うのもおススメ。

なのですが、

この紙の難点は、想像以上にしっとりすること。笑

梅雨のこの時期にはちょっと不向きかもしれませんな。
夏に向けて準備ということで。。。^^;


昨日から雨模様。。。今日から暑くなるとか言っていましたが。。。

楽しい土曜日を♪


2010年06月24日(Thu)▲ページの先頭へ
やまあじさい

やまあじさい
という紫陽花の種類だそうです。
先日、福岡市の筥崎宮の花庭園に咲いていた紫陽花です。
大輪の紫陽花もよいけれど、こんな可憐な雰囲気もまた素敵です。
同じ筥崎宮のあじさい苑の方には
いろんな種類の紫陽花が咲いていました。


写真が全然きれいじゃないので、
わざわざ披露するのもなんだか。。。ですが。
実家の母が紫陽花好きで、
久しぶりにふたりでお花なんぞ観賞した一日でございました。
蒸し暑さに鳩も水浴び


紫陽花は土の成分で色が変わるとよく聞きますが、
同じ品種でも隣同士が違う色で
色を見ているだけでなんだかじわっと癒され感が。。。



こんな立ち枯れたような紫陽花も好き



今日は残業。笑
まだまだ続く


2010年06月22日(Tue)▲ページの先頭へ
半紙で作る夏の封筒

麻の葉の紋切りで作った封筒。
久しぶりの
という感じの半紙ふたえの封筒です。

金魚団扇(団扇はバリエーションがあります)がやっぱりあいますねぇ。。。

これからの季節には、
かのこ紙よりも半紙ふたえの封筒の方が涼しげな感じがします。。。
しかし、この麻の葉の紋切り。。。
単純な直線だけの割にはカッター使いがいまいち難しく
わたくしには難易度高し。
この封筒は保存版となりそうです。
(なんちゃって。間に合わないときは使ってしまうのですが)


◆◆◆


最近は、
梅雨らしく気分もどんよりしがち。

先日読んだ「断捨離」を実践してみるかな。
(この断ち切って、捨てて、離れる ってとってもいい感じ。笑
ちなみに著者が言っている意味は若干違います。念のため
あくまでもわたくしが受ける印象)

続編なども出ているようですが、
モノを減らす必要性というのは年齢を重ねるごとに痛感すること。
減らさねば!と
意識していてもなぜか増え続けるモノ
(買っていないつもりなのに。。。なぜ?)

それらとの関係性が
自分自身をもあらわしているのだとしたら。。。

いや絶対そーよね。
と思う今日この頃

掃除や収納の前に、まず捨てること。笑(というか持たないこと。の前にはまずは捨てなくちゃいけない状態ですが)
いくら掃除しても整理整頓しても
どうにも片付かない感が残るのは
物が多すぎてあふれているから。

自分自身の手に余っているということなのですよねー。
くたびれの原因になるというのも実感納得。


オツムもカラダも老化の一途をたどる日々の中、ーー;
自分がコントロールできる様々なものの総量も変わってきているはず。
把握できない量(モノも情報も)を持ち続けることの苦痛感
って実は自分が作り出している苦痛なのですよね。。。

苦痛と感じない人には無意味な本です。

が、わたくしは、特に最近相当苦痛に感じているので、
やってみるかな。^^


またやった後感、報告します。笑


和紙で作る夏の封筒

手漉き和紙で夏の封筒を作ってみました。
切りまくっているシャボンの紋切り。^^

この手漉き和紙はいつもの筑前秋月和紙処さんのものですが
わたくしがいつも使う文香用の和紙よりも少し薄手のものです。

透け感がきれいで、夏のお便りには涼しげでとってもよい感じ♪^^

中に同じ和紙で作った便箋を入れて使いますが
透けます。笑
が、
何が書いてあるかまではわかりませんので、
わたくしはそのまま使います。

かえる君との遊印で仕上げた夏の封筒でした。
この組合せでぽち袋などもよさそうです。。。

充実の一日を♪




2010年06月21日(Mon)▲ページの先頭へ
お気に入りの傘をさして

雨続きですが、今朝も少しひんやりした風にほっとします。

傘の遊印はここのところお気に入りですが
車を運転することができるようになってからは、
傘にこだわることがなくなりました。

以前は完璧に選択外だったジャンプ傘(でしたっけ?笑。ワンタッチで開くタイプ)
なてものを使うようになり、(車の乗り降りには便利です)
加速度的にかっこいい傘は不要に。ーー;

選んだモノだけを持ちたい

という気持ちは変わらなくても

選ぶ

選択基準が変わると身の回りのものが一変しますね。


お気に入りの傘をさしてお出かけ


という風情にも未練は残りますが、
昨今のスコールのような雨では風情もなにもあったものじゃぁございません。

と、日常の中で情緒的なものより合理性を選択する度合いが増えてゆくのは
ちょっと悲しくてキケン信号。

充実の一日を♪


2010年06月20日(Sun)▲ページの先頭へ
桐の印箱を作ってもらいました♪

桐箱たち。^^
たびたびご登場願っております
大分県中津市の増矢桐箱さま
昨日は、わたくしの怠慢で延びまくっておりました
のどみの収納ケースなどのサイズをお知らせし
お願いした箱のサンプルを
わざわざお持ちくださいました。。。
スピーディーな対応に脱帽でございます。

こんなにたくさん試作品を作っていただいて、
またまたおまけまで頂戴し、
わたくしはもう完全幸福状態に。^^

早速あれこれ遊ばせていただいております。

トップの画像のテマエのかわいらしい奴!は、
銀行印としてお求め頂くお客様からのご要望にお応えするものとしてお願いしたのですが、
このつくりの細かさ繊細さには
ほんとうにほんとうに感動でございます。

熟練の職人さんの手によるもの
とのことでしたが、
それでも1本ぴったり入るサイズまで小さくするのはかなりの至難で
(のどみは小さすぎますのでねぇ。。。えぇ。)
わたくしの目を、最も釘付けにしたのはこの桐箱でしたが、
その場では、いったん見合わせという感じになりました。








増矢社長ご夫妻がお帰りになられたあと、
頂いたいろいろなものを触りまくって遊んでいると、
どうしても
あの小さな箱が気になって、
のどみを入れたり出したりしているうちに、
2〜3本収納の箱としてでもいいんじゃないか
と思い、
増矢夫人にお教えいただいたやり方で、
紋切りを貼ったりしていると
あー!やっぱりこれだわ!
という確信がむくむくと。。。笑
と、再度お見積もりをお願いしたところです。^^

引出物に御使い頂くような場合、
とてもよい感じです。
ご結婚の御祝などにも。

もともとはこういう感じ。

継ぎ目(開け口)もわかりにくいほどのぴったり感なので、
九甘堂の花押を捺すか、
増矢桐箱さんで加工していただくか。。。
思案中です。

1本収納用の場合の、箱の中で「のどみがからから動きます」感の調整も思案中です。


真っ白の何の装飾もない桐の感じもわたくしは大好きですが。。。

手作りがお好きな方は、ご自分でなにか手をかけてあげると
ほんとうに素敵なオリジナルの箱になります。

この桐箱の収納ケースやギフトケースはのどみ便りでのお知らせ
と思っておりましたが、
我慢できずにupしております。嬉しくて。

長くなりましたので
後ろの暑中お見舞い申し上げますの桐箱のことは
また後日。

桐箱には印泥もきれいにのりますが、
顔彩もいけるようです。いろいろ遊べそう♪


楽しい日曜日を♪


2010年06月18日(Fri)▲ページの先頭へ
ちり紙とハンカチを忘れずに。。。

私にシャボンの紋きりを教えてくださった福岡県のKT様作のしおりです。
自分が紋切りして思うのは、
この栞のシャボンはかなり小さな紋切りですよね。。。
とても器用でいらっしゃいます。

蛙くんとの組合せ。。。
こらからの季節にぴったりです
とご本人様からのコメント通りです。^^
この栞は手すき和紙を三等分にして作っていらっしゃるそうですが、
なるほど。。。適度な厚みがあるのと和紙だと趣もあって
真似したいアイディアです。



こちらは電子手帳のカバーに捺してあります。
KTさまは以前にもここでご紹介させていただいたことがあるのですが
この瓢の捺しかた。。。以前のものとはまた少し違いますが、
なんだか愛を感じます。笑
捺しかたが。。。
すごくかわいらしくていいですよねぇ。。。
ほんわり和やかな気持ちに満たされます。^^


そしてこれが最近凝っていらっしゃるというお手製のノート


季節をテーマにページを作っていらっしゃいます
春夏と

秋冬

ここでは画像が小さくなってしまうので拡大♪


すべてにエンボス加工が施してあり、
圧巻です。

きっと実際に目にするともっとキュートで
愛着が湧きまくることでしょう。笑
私が以前、ノートに布を貼りスケジュール帳にしている
という記事をupしたのをご覧になって
製本に興味をもたれたのだとか。。。

自分のつたない手遊びが
またどなたかの遊び道具に繋がるなんて、
嬉しい限りでございます。




KTさまには以前からお名前印を上手に使っていただいております。

差し障りもあるかと思い、お名前部分を加工しておりますが、
ご自分の持ち物に気軽に御使いいただけるのはとても嬉しいことです。

印鑑というとどうしてもなにか書き物をしたときや、
認め印として使うという感じになりがちなので、
こんな風に愛着のあるものにいっぱい御使いいただいているのを拝見すると
妙に妙に!嬉しくてにまにましてしまうのでした。^^;

そして最後に、
懐かしくそして驚きだった画像を。

これは、私と同じまたはそれ以前の世代の方はご存知のちり紙。

私と同じ世代といいながらはっきり年を言わないところがなんとも言えませんが、
おわかりになる方は同じ世代以上ということで。笑

ちなみに
KT様は私よりも5つほど年下でいらっしゃいますが、
幼い頃、ポケットティッシュなどという便利なものがない時代、
外出時にはちり紙を四つに折りたたみ持って行った。
とメールにあり、
小学生時代をくっきり思い出したわたくしです。

毎朝、学校へ行くと
ハンカチ・ちり紙(ティッシュではない)・爪
の検査があり、
毎朝忘れないように制服のポケットに入れてましたねぇ。。。
登校中忘れているのに気づくと、青ざめて家にすっ飛んで帰ったり。。。
マジメな子でした。笑


NHKの朝の連続ドラマを最後まで見て、
始業のチャイムを聞きながら学校へ走りこむオットの子供時代とはまったく違います。


KT様も仰っていらっしゃいましたが、
あの頃ちょっと灰色がかったような皺のあるちり紙

つるつるしたちり紙があって
今回はその高級感のあるつるつるの方を使っていらっしゃいます。

今でも売っているのですね!

と驚くと、
福岡の博多座で公演する役者さんがお化粧するときに使われるとのことで
博多座の前にある川端商店街の中の紙屋さんで見つけたのだそうです。

へぇ。。。。。!
でございます。
今度福岡へ参りましたときには寄ってみようと思います。

破れやすいので2重にして包んでいらっしゃるとのこと。。。
のどみもきれいに捺せるらしく、
透け感と雪の文様がマッチしてちり紙とは思えません。


このお包みの中身はお饅頭だそうですが、
懐紙だと小さすぎるし、
半紙だとちょっと硬くて包みにくい。。。
というようなとき、
ちび風呂敷感覚で包めるちり紙はいい感じです♪


ちり紙のかしこまらない雰囲気と
はんこが散らしてある手間感で
ちょっと包んでおすそ分けの時などとても活躍してくれそうです。


いつもながら
丁寧に手作りされたものたちを拝見していると、
嬉しくなってしまいます。

のどみたちもかわいがってもらっているのだなぁと思うヨロコビと、
九甘堂の遊印がきっかけで新しい遊び時間を楽しんでいただけているご様子に
心から嬉しく
製作者冥利に尽きます。

KTさま。。。
ほんとうにほんとうに
ありがとうございます。


そしてわたくしはまた皆様からアイディアを頂戴できて
二重三重の喜びなのです。

今はシャボンにはまっておりますので、^^
この紋切りを使ってあれこれ遊ぶ時間が至福のとき。

他のお客様にも押し付けたりして、笑
みんなで一緒に遊ぼー状態に。


幸せなシゴトです。

しばらく梅雨らしく雨模様のようですね。。。



充実の一日を♪


2010年06月16日(Wed)▲ページの先頭へ
シャボンの紋切りで遊ぶ

以前増矢桐箱さんにわざわざ贈っていただいた文箱です。
参考になれば。。。とお送りいただいたのですが、
遊んでおります。^^;

遊ばせていただいているうちに
やっとのどみの印ケースの案が。。。^^
ちなみに上の画像は文箱の裏側で、
こちらが表側。

遊印もくっきりおせました。
今のところ印泥の色などに変化はありません。
まだ1週間も経っていませんが。笑
こすっても大丈夫のようです。

この文箱を頂く前、
遊印のケースを作るのに
スライドする蓋のついた箱はどうだろう?
とご相談した際、
あまりにぴったりときれいに仕上がってしまい、
どこから開けるのかわからなくなるお客様もいらっしゃる
と、お聞きしていたのですが、
まさにどっちが蓋なのかわからない美しい仕上がり。

わたくしは、そのようなお話をあらかじめ聞いておりましたので、
蓋はどこだ!
の目で仔細に眺めましたのでわかりましたが、
オットは最後まであけることができず。。。笑

それほどきれいに仕上がっていて、
美しさにため息です。

こんな風に
それぞれのパーツがぴたりと寸分の狂いもなく合わさって
ひとつの美しい形を作り出す
というようなことにとても執着のあるわたくしには
たまらない美しさです。


わたくしの個人的な好みとしては、
桐箱はなんの装飾も施されていない状態も大好きなのですが、
最近お客様に教えていただいたシャボン玉の紋切り型がとても気に入ってしまい、
貼ってみました。

このしゃぼんを貼る前に麻の葉とか松とか、
いろいろ載せてみては楽しんでおりましたが、
濃い目の色の千代紙や和紙も良いけれど、
画像のような薄い透け感のある紙も
これからの季節にはよいような気もして
失敗して箱ごとだめにしてしまったらどうしようとどきどきしながら
思い切って貼り付けてみました。

こちらも端っこの方からめくれてきたりするはずですので
ちょっと経過観察中です。どんな接着剤がよいのか。。。
ボンドでは和紙によれが出そうですし。。。
糊ではちょっと甘い感じ。

シャボンと同じ丸が重なった「笑福楽喜」を捺してみました。

同じシャボンを使った封筒です


このシャボン玉の紋きりを教えてくださったお客様が作られた素敵なモノたちのお話はまた後日。。。

お送りいただいたたくさんの作品群に
とてもよいインスピレーションをいただきました。
感謝感激。^^



昨日の豪雨とはうって変わって青空です。
暑くなりそう。

充実の一日を♪


2010年06月14日(Mon)▲ページの先頭へ
洋紙でひとこと箋

ぼやけてますが、ひとこと箋です。
感謝結び紐で。

この紙は、先日ジュリエットレターズさんで見つけたものですが、
よいです。^^

2枚くらいしか買ってこなかったみたいで、
もっといっぱい買っとけば良かったと後悔。

洋紙ですが、遊印印泥の雰囲気にもぴったり合います。
透かし模様っぽい雰囲気でラインが入っています。
これはA4サイズの紙を横に4等分したもの。
ひとこと箋には少し長めかなぁと思うので、1センチくらい長さをカット。
封緘紙などに利用します。

ばっちい字で失礼。^^;


充実の一日を♪



2010年06月11日(Fri)▲ページの先頭へ
遊印を墨で捺す

「嬉」の遊印を墨で捺してみました。
テマエの文香はべったりつきすぎて失敗しておりますが、
スタンプパッドで捺すよりもくっきり感がでて、
よい感じ。
とわたくし的には思う。

濃すぎる

という感じもするので
墨の付け具合がポイントですが。

こちらがスタンプパッドで捺したタイプ


作ってもらったときから飽きずにお気に入りの
「感謝(白文)」の字が好きで、
これを朱文で作って欲しいと職人にお願い中。

基本的に
待たされているってことは乗り気じゃないってことなのですが、
最近あれこれと本業以外でも忙しいので
忘れているだけかもしれません。

のどみ便りの職人担当ページの原稿もいつまでも書かないため、
今回は職人は病欠にしようかとも思いつつ。
こんなところで言っちゃあいけないでしょー。おくさま。

職場も家も同じであるにもかかわらず
あまり話す時間がない感じ。笑


今日も青空!^^
暑い一日です。。。


2010年06月10日(Thu)▲ページの先頭へ
グレーの千代紙

透けて見えるのはグレーの千代紙です。。。
この文様何というのでしたっけ。。。

結構気に入っております。

九甘堂オリジナル文香「和香(のどみこう)」手作りのもと
3セット追加しております。
どうぞよろしくお願いいたします


2010年06月08日(Tue)▲ページの先頭へ
男性への贈りもの

男性への贈りものでお選びいただいた印の包みです。
やっぱり縦縞はいい!笑

こんな感じで縦縞千代紙を貼りつけて、上下を折ります。

この折形(何度も?つきでupしますが、これが(も)たとう包み?)は、
開閉が自由自在なので(糊付けせずともきっちり閉まるし、何度でも開封できます)、
ほんとうに便利。
大好きな(というか頼り切っている。笑)折り方です。

特に和紙で折ると、
紙表面のざらっと感でしっかり挟み込め、安定感があります。

土台の白和紙は、
もちろん筑前秋月和紙処さんのものです。
いつも使う文香用よりも少し厚手のものを使用しました。
縦縞は、とうじさんで求めたもの。

この包みのバージョン違いを昨日ジュリエットレターズさんへお送りしております。
ディスプレイしてくれていたら、
ご覧いただけます。笑
新作の「」「結び紐」「好日」も昨日一緒に送っておりますので、
ジュリエットレターズさんでもおもとめいただけると思います!
どうぞよろしくお願いいたします。^^


充実の一日を♪


2010年06月07日(Mon)▲ページの先頭へ
データスタンプの利用方法

薄いですが、シルバーのスタンプパッドで捺したデータスタンプです。
中心部分に日付が入るようになっているのですが、

日付部分をブランクにして捺すこともできます。

そうすると前もって準備しておけるわけですねー。
(日付がはいっていないと意味ないじゃん!
のご意見はとりあえず聞こえないことに。−−;)


このデータスタンプは封緘印やかのこ封筒のアクセントに
よくつかっているので、
封筒を作ったあまり和紙などにあらかじめ捺して準備しておくと、
すぐに使えて便利なのです。。。

シゴトの捌け具合は、
準備と段取りで80%と思っているので、
こういうパーツや封筒などのバリエーションが
しっかり揃っていると
気分上場で速やかにシゴトもはかどるってものなのですの。
わたくしの場合。



ブランクになった日付部分には、
くっきりと印泥でのどみを捺すとよい感じ。


普段はあまり使わない
ねこちゃま
が、やたらかわいらしく見えるなぁ。
古賀の古」(ショップはひらがなで表示されますが漢字ひと文字でも承ります)
などもぴったりはまってひとりヨロコンダ週末でした。


昨日は、のどみ便りの準備がだいぶ進んだ
(というか、どういう風にしてお送りするかが決まっただけ)
ので、
これから隙間時間を有効利用し、
どんどん準備を進めます。

お楽しみに♪
(ってここで何回言ったかなぁ。。。わたしうそつきですねー。
でも今回はほんと。)


そろそろ入梅でしょうか。。。
今週は雨模様の日が多いみたいです。

ショップのお知らせコーナーにもupしておりますが、
本日より明日まで職人が不在の為、
こだわりのオーダーメイドのご相談への回答や
規格品など在庫不足の発送が遅れることがございます。

何卒御理解賜りますようお願い申し上げます。


2010年06月06日(Sun)▲ページの先頭へ
ラッキョウを見張る

ラッキョウが大好きなオットのために、つけておりますの。
てなことをいつか言える日がくるのだろーか。。。

こないだろーな。
とりあえず我が家のらっきょうは、
実家の母が漬けてくれてますし。ーー;

そんなかわいそーなわがオットに比べて、
福岡県のひろみ様のご主人様はお幸せです。^^

あまりに大好きすぎて(きっととってもおいしいからでしょう!)
漬かりきる前にどんどん食べてしまわれるので、

封印した

そうです。笑
見張り役は赤鯛君


今のところしっかりお役目を果たしてくれているようでございます。
こういうアイディアを教えていただいたのは初めてで、
お手紙などの封緘とはまたちょっと違う雰囲気で、
なるほどねー!!と
嬉しくなっております。^^


そのひろみ様のお姉さまがお描きになったお地蔵様のお写真もお送りいただきました。
参考になさっている作家さん(お地蔵様?)がいらっしゃるとのことですが。。。

ちぎった和紙が貼ってあって、
素朴な線のお地蔵様と
印泥の赤が、引き立てあって素敵です。

市松のお名前印がぴったり。笑
吉日もちょうどよくおさまっております。

こんな風にぴったりおさまっているのを拝見すると
作者冥利に尽きると申しますか、
なんだかじわじわと嬉しさがこみ上げてきて、
職人とともにヨロコンデおります。


いつかはお地蔵様のはんこを出したい!
と、何度も(えー。そりゃ何度も。数え切れませんが)描いてはボツ!
を繰り返しているわたくしは、
見入ってしまいました。
お地蔵様ってほんとうにシンプルな線なのだけど、
描く人によってまったく違うお地蔵様なのですよねぇ。。。

つくづくそう感じます。
その人そのものが表現されてしまうというか。^^

ひろみ様のお姉さまは、
妹さんととても仲良しな風で、あったかく包容力のある雰囲気のお方でいらっしゃいましたが描かれたお地蔵様もそんな感じです。


わたくしが描くお地蔵様を職人が

「オマエにはまだ早い」

という意味もよくわかる。笑
そんな一枚でした。(ちなみに職人自身は絶対描こうとしません。わたくしからぼろくそに言われるのを恐れているに違いない。と確信するツマです)

これはひろみ様作のお菓子のおすそ分け袋。

ちょっとお菓子をおすそ分け
の時に、わざわざこんな凝った三角袋に入っていたら
かなりヨロコンデしまいますねー。^^
あける楽しみもあります。


ひろみ様はものすごく!笑
お手紙を書く
とご自分でおっしゃるくらいですから、
相当書いていらっしゃるのでしょうが、
わたくしにもなんどかお手紙を頂戴しました。
(とてもお若い方ですが。。。
メールばかりで、手紙なんか書かないの。とおっしゃる方も多いので、なんだかほっとするような。。。私も仕事以外ではお手紙書くことが少ないので憧れでもあります)

こんなかわいい封筒に入っています。


お姉さまもそうですが、
印捺しがなんとお上手なことでしょう!
これまた嬉しいことでございます。
ほんとうにきれい。笑


こういう手作りの封筒を拝見すると、
どういう構造になっているのだろう?
と、
あちこち点検してしまうのは、笑
わたくしの習い性となっておりますが、(スミマセンねぇ^^;)
うまく貼りあわせて(あるのでしょうか?)あって、
きれい過ぎてよくわからないほど。
シワひとつなく貼り込まれております。


お上手です。

きっと器用でいらっしゃるのでしょうね。
というか
手先がきれいなのです。
仕上がりがこんなにきれいということは。

見習います。^^


それにしても、
姉妹っていいですね。。。
わたくしには弟がおりますが、
大人になるとやはりこどもの頃のように仲良し
ではなくなります。

一応、
仲良しではありますが、笑
弟とふたりだけでどこかへ遊びに行く
というような仲良し感はなくなりますし。

おふたりの仲良しなご様子に、
いいなぁ。。。姉妹って
としみじみ思うのでした。


またお目にかかれますのを楽しみにいたしております!
そして
いつもほんとうにありがとうございます。


ご縁に感謝。。。



楽しい日曜日でありますよう。。。


2010年06月04日(Fri)▲ページの先頭へ
手すき和紙でも透けます。

ちょっとお問い合わせがあったので、ひとこと。
この前と前の前のブログでupしている縦縞模様は、
手すき和紙の裏側に貼ってある和紙千代紙です。

少し薄手の和紙なら、濃い色の千代紙の透け感もなかなかよい感じで、おススメです。
もとの縦縞はこちら↓

透けたらこうです↓

画像が明るいですが、肉眼だともう少しはっきり縦縞が見えます♪


美の壺まで起きていられるか?
今日はいつかは絶対に習いに行きたい憧れの日本刺繍!

毎週金曜日の夜の睡魔との戦い。

連敗ですけど。笑




2010年06月03日(Thu)▲ページの先頭へ
粋な文香

縦縞好きは以前からですが、
とても便利な模様なのですね。
改めてそう思う今日この頃。

ほかに何もなくても、
少々組合せが悪くても、
なんとなくおさめてくれる
そんな縦縞模様です。
粋な感じに仕上がりますので、
かっこよく仕上げたいときにはおススメです。


文香そのほかに
非常に頻繁に登場しております。^^
基本的にちまちましたものしか作らないのですが、
大きな和紙がもう残り少なくなってまいりました。

それにしても結び紐は皆様からの人気も高く嬉しいのですが、
わたくしも手放せない一本となりました。^^



今日は午後から急に暑くなり、
どんどん着替えております。

早朝はヒーターを入れておりましたので、
それなりの格好でしたから。


そろそろ店にも冷房いれるかな。

入れると寒いのですよねー。

いずれにしても自分中心の温度設定でございます。


楽しい午後を

ってもう夕方か。今お昼ごはんを食べましたとさ。^^;



2010年06月02日(Wed)▲ページの先頭へ
好日

好日のはんこはまだここでご紹介していなかったかも。。。
吉祥のはんこと同じ枠で作ってみました。
最近お気に入りの行書で。^^

ほんとは草書がよかったのですが、
ほとんどの方は多分読めない。><
どころか、言われてもわからないものはレギュラー入りはムリ。
と職人に言われ。。。

言葉の意味的にも見た人がわからなければ、意味がないので。
程ほどのところで作っております。
ウェブショップのカートの準備もできました♪

は12ミリ角1,500円
好日は9ミリ角1,300円です。



実は、同じ枠・サイズ・文字数の
吉祥は1,500円なので、
随分迷いましたが。。。


好日
は日常的に気軽に使っていただきたいという思いもありまして
少しお値段抑えております。^^;


墨のかすれ感がお気に入りの枠です。
苦労して書いた甲斐があった枠。笑

わたくしは吉日のはんこを非常に頻繁に使いますが(とても便利な一本です)、
この「好日」もきっと出番が多くなることと思います。
楽しみです。

水無月2日目もあっという間に過ぎております。笑


   


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2010年6月
   
     

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (27)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (4)

アクセスカウンタ
今日:3,319
昨日:3,360
累計:5,504,832