遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ) - 2013/08

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2013年08月31日(Sat)▲ページの先頭へ
のどみオリジナルエンボッサー6号 「源氏香図」販売開始です

のどみオリジナルエンボッサー6号「源氏香図」が仕上がってまいりました。
おかげさまで、初回発注分はほぼ完売していると思います。
まだ確認作業の途中で。。。

在庫不足でお送りできない方へは来週初めくらいまでにとりまとめ
改めて発注いたしますので、
9月半ば以降の発送となりそうです。
連休が2週続けてあるのですね。。。メーカーさんはお休みになりますので。

今回は少し小さ目で仕上げております。

組み合わせ方など。。。またいろいろご提案させていただきますので
どうぞよろしくお願い申し上げます!
上のぽち袋と、下のひとこと箋はまず最初に作ってみたものですが、
なかなか気に入っております。


小さ目の文様になりますので、たくさん押さないほうがよいみたい。


まずはまずはお知らせ申し上げます!




2013年08月30日(Fri)▲ページの先頭へ
手製の和紙封筒

遊楽の印和(のどみ)のネットショップを始めたころ。。。

商品発送時は手作りの封筒を使っておりました。
しかも半紙をふたえにしたかなり手間暇のかかるもので、
せっせと作っていた記憶が懐かしくよみがえります。

半紙のほかに、筋入りハトロン紙の封筒や
クラフト紙をあれこれ使ってみたり、
赤いかのこ柄の紙を使った封筒や包装もかなり長くやってましたね。。。

思い出してみると、
発送用の封筒は手作りしていた時期が結構長かったです。


おかげさまで。。。
と申しますか。。。今は発送にふたえの封筒など作る余裕もなく、
ここ数年は、無印良品のクラフト紙封筒を使っております。


なんだかなー。

とは思いつつ。なのですが。


このところ、封筒にちょうどよい厚手の和紙を手に入れたので、
隙間時間で、ちょこちょこ作りだめている封筒たち。

採寸も全くせず、適当に作ります。
基本的に商品発送は必ず定形外となりますので、
大きさはこだわらなくてもOKということもありますが、
なにせ。。。封筒作りは恐らく前世からやっておりますので、笑
とても素早くできます。



全ての発送に使えるほどの数はできないのですが、
無印のクラフト封筒に入らないようなときには使ってます。

送るものにあわせて、
手製の封筒や袋や包みが。。。自分でできるってよいものです。
買ってきたほうが断然早くてきれいでお安かったりもしますが。
手づくりって
それらすべてを超える何かがあります。

そんなことを最近しみじみ思う古賀です。

充実の一日を♪







2013年08月29日(Thu)▲ページの先頭へ
危機管理

台風がやってきているみたいですね。。。
昨日あたりから台風好き(というか自然災害危機管理に非常に過敏な)オットが
言いまくっておりますが。

状況が変わった時だけ教えてね。



何度も同じ状況を報告するため
やんわりくぎを刺すお願いするのですが、
やっぱり何度も言うのですよねー。−−;

わかったわかった

などと軽く言おうものなら

そういういい加減な態度が大事を招くとかなんとか
お説教が始まりますので大変です。

常にオットの方向には半身状態で、
いつでもシゴト部屋へ駆け込む体制でございます。
「あ。電話鳴ってるみたい!」とか。笑


しかし。。。
週末は実家へ籠り
サンプルづくりに没頭するつもりでしたので残念です。

大量の紙を持っての移動は暴風雨の際にはキケンですから。
(と、わたくしの危機管理はこちらの方向で。^^)


もう葉月も終わりで。。。
長月に入りますとすぐ年末です。笑

がんばりましょー

充実の一日を♪


2013年08月28日(Wed)▲ページの先頭へ
わくわくスタンプで紙垂風に

干支のカートを準備するために年賀状のサンプルを。
で。できない。ToT
このままではカートの準備もできない。

と困るので、
サンプルなしでupするかも。

と前振り。


台風がきているようですね。。。



2013年08月26日(Mon)▲ページの先頭へ
午年の干支印が仕上がりました

来年の干支印「午」が仕上がりました。

干支印としては、「午」の字の篆書体の方(向かって左)になりますが、
「馬」という字も捨てがたく、
数年前から気になっていた左馬のことも頭からはなれず。
で、
向かって右のちび「馬」印は干支印としてではなく
「左馬」印として発売いたします。

同じですけど。笑
干支印だろうがなんだろうが。

以前は大き目のどっしりした左馬にこだわっておりましたが、
小っちゃくするとかわいいもんです。^^

まだ何も作り物ができておりませんが、
そのうちupいたします。また見てやってくださいませ。


それにいたしましても、
何と快適な気温でございましょう。
虫の音もちらと聞かれるようになりました。
今回は幻聴ではありません。

有り難い。笑

そんな感じ


今日もここに来てくださってありがとうございます。
古賀あき乃



白地に梅文様の和紙

先日作ったお正月用のお箸を入れる巾着袋
真っ白のしっかりした和紙を使ったのですが、
今回は友禅紙を使ってみました。
白地に梅文様が入っている、とてもお気に入りの和紙です。

福寿エンボッサーが、しっくりおさまります。

やっぱり水引あわじ結びもつけたくて、
5筋のものをつけてみましたが、
ぽろっと取れてしまわないか?
が心配なところです。
あわじ結びに水引を通して、袋の後ろ(内側)で留めてしまうと安心ですが、
実際に中にお箸を入れて袋が膨らんだ時に、
和紙が引き攣れないようにするには、ワザがいります。
というかかなり難しいです。今のわたくしのレベルでは。

糊もいろいろ試しておりますが、
自作すると保存も大変で、
簡単じゃないと!ご紹介も難しくなりますので、
市販のものをあれこれ試しております。

作業しやすく、かつしっかり接着でき、
変色しないもの。

よりよいものを見つけましたらまたご紹介させていただきます〜。

この和紙で小さ目の巾着袋やぽち袋を作ってみるのも楽しみにしております。
すごく素敵。笑
と作る前から紙に頬ずりしたくなります。


週末は朝倉市もかなり雨が降り、
避難アナウンスも流れておりました。

個人的には猛暑もひとくぎりで、空調がいらない気温というものに
心からほっとしておりますが、
被害のないことを祈るばかりでございます。

どこかで必ず何かあっているような今日この頃。
自宅でふつうに目覚めてふつうにシゴトができる幸せを感じますね。

心から感謝です。。。

今日もどうぞ。。。よい一日でありますように


2013年08月24日(Sat)▲ページの先頭へ
手間暇かけて

相変わらず作り続けております和紙巾着袋。
これは薄い和紙をふたえにし、
間に紋切を挟んで作っております。

おまけに紋切は着色した和紙。

なんという念の入れよう!

しかし手のかかり具合と用途のバランスがとれておりません。

とにかく何かいれなくっちゃと文香を入れてみました。

3個とか5個とか。。。作った文香を差し上げる時なんかいいですね。
そのままかけておくと匂い袋に。笑

でもでも。
3個も5個もいれると匂いも強烈だから、
pp袋を裏側に入れたものも作ってみました。


これは、pp袋の接着が難しく、写真を撮った段階でボツになっております。
第一、
そんなことしなくても、
チャック付きの袋なんかに文香を入れて
巾着袋に入れたらいいのよね。


ふん


でも。
基本的にせっかくの和紙の世界にビニール系のものを混ぜたくはないのですが。


あれこれ。。。やってはおりますが
ほとんどが「これいい♪(自分的に」までは行きつかず。

いい♪にたどりついておりませんものが、
お手元に届いているかもしれない(って自分で送ってるくせに。)わけで、
恐縮です。


がんばっておりますが。笑

これ

というものができないとストレスです〜。ToT

自分で納得できればよい話なのですけどね〜。

ちょっと部屋の片づけでもしますかな。
ふと気づくとすごい感じの部屋になっております。

やっぱり明日は片づけから。^^

良い週末を


秋バージョンのひとこと箋作りました

ひとこと箋も秋バージョンで。
「抱き萩」の遊印と源氏香図の遊印がなんだかめちゃくちゃ合います。
と、若者言葉で言いたくなるくらい、おさまりが良いですね〜。
この源氏香図は「鈴虫」です。

ここ数日、雨が降り、少し気温も下がり、ほっとする思いです。
朝起きて、廊下を歩くとき

「あったかい」

と思っておりましたのが、今朝は

「ひんやり」

を。。。ほんとうに久しぶりに感じました。
ありがたいことでございます。

「梅鶴」印をご要望のお客様で、
どの遊印と組み合わせたらよいだろう?とご質問を頂戴し、
あれこれ試しているうちに、

福背負いの梅鶴

が気に入り。。。^^
最近こればかり。笑

お正月にもよいですね。
梅鶴の遊印は大好きな印で、
このこがひとつはいるだけで、
なんだか全体の格が上がるような雰囲気を持っております。


お盆が終り、妙にばたばたしておりましたが、
ばたばたしつつも、
間隙を縫うように^^
秋バージョンのあれこれを少しずつ作ったりしておりました。

今週末は、干支印の仕上げと、
少々あれこれ。。。試作しつつ、カタログが本当になくなってしまいそうなので、汗
まずは、印影のみ掲載されたものだけでも作ってしまおうと思っております。

これが大変なのですが。。。
全部捺してゆかねばなりませんのと、
あまり使いこんだ印の印影ではいけませんので、
古くなっているものは彫刻し、印影をとらねばなりません。

この作業をやりたくないばかりに
延び延びになっているカタログ作り。

しかし、もう先延ばしにはできません。
がんばらねば。

今日も充実の一日を♪


2013年08月17日(Sat)▲ページの先頭へ
お箸袋をプレゼントする時

新しいエンボッサー「福寿」でお箸袋を作ってみました。
お正月を意識して。

一緒にお箸袋をプレゼントする時用の巾着袋も作ってみました。

あまりに縦長で画像にうまくおさまってくれませんが。

真っ白のしっかりした和紙を使ってみました。
頂き物です〜。感謝です。^^

中心に水引あわじ結びとおもったのですが
お正月らしくきりりと熨斗を付けております。

中心の熨斗鮑も、お客様から戴いたものを使わせていただいております。
以前もここでお話したと思いますが、
ある素材をご自分で着色なさっていらっしゃるのですが、
なかなか自分では同じ色に着色できず。。。
サンプルにつけてくださったものをちびちび使っております。

とてもそれらしく見えます。。。感謝でございます。。。


このお箸袋を入れるための和紙袋。
最初にお箸を入れるため、
かなり縦長仕様ですが、
お箸袋のあとは、ぽち袋やひとこと箋などを少しまとめて入れることができます。

以前も書きましたが、
縦長の巾着にすると折れ曲がらずに、
結構いろんなものが収納できます。

持ってまわらなくても、^^
この和紙巾着にぽち袋などを収納し、デスクのまわりにひっかけておいたり、
ひとこと箋や筆ペンを入れてカフェまでお散歩
なんてのも楽しくなりそう。

なんて。。。
まず巾着袋ありきでございますので、
中に入れるものを必死で探している感もありますが。
というかまさにその通りですが。笑




縦長巾着。
紐の通し具合や紙の重ね具合、接着方法など
いろいろ試作中でございます。^^


今年の秋冬は、
巾着袋や封筒。。。とにかく袋系。笑
から離れられそうにありません。

和の雰囲気のクリスマスカードも作ってみたいところです。
何度か挑戦しておりますが、
今年はまた雰囲気の違うものができそうな気がします。^^



そして、源氏香のエンボッサー原稿もできました。

画像は実寸大ではありません。
約20×45ミリの面積にはいります

来週月曜日19日朝8時までにご要望いただいた方の分は、
月曜日に初回分として発注いたします。

もちろん実際の仕上がりをご覧いただいてからご注文いただくほうがわたくしも安心ですので、
仕上がりを見てから。。。と思われる方は
9月初めあたりに仕上がると思いますので、
わたくしがあれこれ使ったものをここでもご紹介させていただきます。
その時に改めてご検討くださいませ。^^

スムーズにゆけば、
9月下旬あたりのお渡しとなります。


ひとつのブログ記事にあれこれ詰め込んでしまうため、
後から探すのが大変になります。
この癖を止めねば。

まずは、
お知らせ申し上げます


どうぞよい週末を。。。^^
今日もここに来てくださってありがとうございました


古賀あき乃


2013年08月16日(Fri)▲ページの先頭へ
福寿エンボッサー発売開始です

ちょっとしつこすぎた残暑お見舞い。反省。
これくらいでよかったかも

トップの画像の葉書は、5グラムを超えてしまったので、
窓口でしつこく確認。

超えてますけど、50円でいいですよ

と言われたけれど、
こないだは、5グラム超えたらだめって言われたの。
どうしてなの〜。

戻ってきちゃったり、
先様で追加料金なんて取られちゃった日にゃぁあなた
また「お詫び」はんこの出番となり。。。


え。どーして?
ほんとに?
とかなんとか言っている間に奥へ持って行かれた葉書。。。
うーん。
無事届きますように。。。と祈るのみ。


先日、ちらと申しておりました、
のどみオリジナル「福寿」エンボッサー

本日カートの準備いたしますので夕方にはupできると思います。

が、
初回はあまり発注しておらず(ふ。不安で。。。。笑)
しかしおかげさまで!既に在庫がございませんので、汗
来週初めに発注いたします。

来週初めの発注では
絵モノエンボッサーを一緒に注文する予定です。
版下画像になりますが、ここでご紹介させていただこうと思っておりますので、
それ気に入った!と思われる方はメールください〜。

売れるかどうか?(考えていたらまとまらず)
というよりも
自分が欲しい!絵モノをいくつか作ろうと思っておりますので、
とりあえず己の分しか注文しません。(ふ。不安で。。。笑)

ご注文戴くごとに一週間に一度くらいの割合で作成依頼するスタイルとなります。


相も変わらず自分勝手な道を歩んでおりまことに恐縮でございます。

どうぞどうぞ。。。
よろしくお願い申し上げます!


それでは今日も充実の一日を♪


2013年08月14日(Wed)▲ページの先頭へ
残暑見舞いの葉書

お気に入りのベージュの渦和紙。はがきに貼り付けてみました。
残暑お見舞いの雰囲気で。

と。。。

思うのですが。

画像がなんとなく赤いのは、
夕方、部屋が染まるほど空が真っ赤になったから。
雷がなり、今にもなにかやってきそうな空模様でございました。

なにもやってきませんでしたけど。残念。



毎度のことながら透けた和紙の向こう側になにか見える

てな感じが好きなのですね〜。


昨日から数種類残暑お見舞いの葉書を作ったのですが、
エンボッサーで型押しするのも、
和紙を貼ると、型押しの裏側が見えずよいかもです。

貼る和紙側は、
貼る前にあらかじめ型押ししておくとよいし。。。なのです。


ちなみにこのベージュの渦和紙のように、
レーシーな和紙は
エンボッサーはできますが、
貼り付けると消えてしまうことが多いです。
レーシーな和紙でなければ大丈夫です。


話はころころ変わりますが、

お盆も中日が終り、
帰り道の渋滞も始まったようですね。

わたくしは今年のお盆は、
彫刻機とパソコンの前に張り付いて、
せっせと版下データ作りに励んでおりました。

もう少しで仕上がりそうですので、
明日は袋づくりができるでしょうか。。。笑


試作している(まだ1本目)干支印も
試し捺ししただけで終わっており、
午にするか馬にするか。。。両方か?(最近こればかり。^^;)

エンボッサーも銀屋さんからのご要望のあったもの(福寿)が仕上がってまいりました。
絵ものは相変わらずうだうだしておりますが、
一個は決まりましたので
明日版下を(あ〜やっぱりパソコンの前)作らねば。
福寿エンボッサーにもぴったり。
のはず。

お盆が終ると葉月もすぐ終わる

という感じで焦りますね。


先日来られたメーカーさんが、
9月から年末までは



という間ですもんね


と力強く仰っておいででございました。


ほんとうにその通り。


がんばろう。古賀

今日もここに来てくださってありがとうございます〜









2013年08月12日(Mon)▲ページの先頭へ
たのしみは

先日、ここでも見ていただきました「源氏香図」の印。
今せっせと版下化の作業を進めております(とこんなところでご報告)。

ご依頼いただきましたお客様オススメの源氏物語の本も早速手に入れ、
少しずつ読み進めております。




季節感もあるのです

とおっしゃる通り。。。
ひとつひとつの源氏香図に相対する源氏物語の項の題が、
季節感のあるものとなっております。

今なら朝顔や夕顔でしょうか
今の時代にはもう飛んでおりますが、
蜻蛉はもう少し。。。お盆過ぎくらいの感じかしら。

と既にはまっておりますが。笑


我が家のプランターでびっくりするほど大きくなった夕顔の蔓。

あんなに小さな苗でしたのに、
三回柵を継ぎ足しましたが、あっという間に足りなくなり、
今年はもうあきらめました。ーー;


わずかな苗で緑のカーテンができるのですね。。。
コドモの頃の夏休みの友で育てた朝顔はこんなに大きくならなかったと思うのですが。
ご近所の朝顔も壁を覆っております。
(ちゃんとネットを作られてますね。。。見習わねば。−−;)
来年は、わたくしも緑のポールで格子を作ってあげます。

真っ白な大きな夕顔が2つばかり咲いた後、
今は、いっぱいに花芽をつけてくれ、
つぎつぎ咲いてくれる(はず)のが楽しみです。

夏は緑と白の組み合わせがとてもさわやかで涼をかんじます。


そう言えば、家の玄関の脇のコンクリートのほんの小さな割れ目から、
昨年もすごい勢いで生えてきた葉っぱがあり、
抜こうと思っても手では抜けず、
はさみで切った記憶があるのですが。

散々無理やり引っ張ったり引きちぎるようにした後鋏を入れたのですが、
今年も梅雨明けくらいからどんどん大きくなり、
なんと強い雑草だろう!と思っておりました。


梅雨が明けたら切らねば、と思いつつ
さぁ!今から切るわよ!と思ったまさにその時、
ご近所の方に「芙蓉の花が咲きますよ」といわれ、

「雑草じゃぁないのですか!!」
と尋ねたら

「それは芙蓉」とのお答え。


そ。そーだったの。。。汗
芙蓉の花は大好きなのですが、葉っぱを認識しておらず。
切る前に教えていただきほんとうによかった。
と心底ヨロコビ、せっせと水をやっております。


しかし。。。花は咲かず。笑


葉っぱのみどんどん生育しております。

たのしみです。^^






たのしみは 朝おきいでて
昨日まで
無かりし花の 咲ける見る時

橘曙覧「独楽吟」 




充実の一日を


2013年08月10日(Sat)▲ページの先頭へ
満面の笑みの意味

青海波の友禅紙でぽち袋も作ってみました。
こちらは薄い半紙を重ねております。
少しニュアンスが変わって、オトナな雰囲気になります。

プレゼント用に、和紙でくるんで紐を掛けてみました。
タグには香を仕込んでおります。

真っ白の透け感のある和紙も来年までさようなら
なんて言いつつ、毎日使いまくっております。


それにいたしましても、
どうしてこんなに暑いだろうと思ったら、
部屋の温度計は30.3℃を表示しております。

確かに狭い部屋の中で、
コンピュータが2台動いておりますが、
そして汗をかくような暑さとも違いますが、
ぼーっとしますね。

いつもよね。

といううわさもありますけど。



そう言えば今日は3時前に目覚めて、
2度寝するとかえって疲れるため、
そのまま起きたせいもありますな。

けれど、1日のシゴトさばけ量としては、
断然朝1時間早く仕事にかかる方がよいです。
日に日に少なくなっている集中力もわずかながら発揮できます。


ただ、夕方主婦にならねばならない時間帯に思いっきりだらけますの。ToT
何もしたくない女になってしまいます。


そんなわたくしをオットが見て、
すかさず!
「なにか買ってくる?どこにする?」と
悪魔のささやき。笑

「たまには自愛よ!」という名目で、
ささやきにのってしまう回数が多いような気がする今夏。

今日もついついのってしまいそうでしたが、
オットの満面の笑みを見て、我に返るツマ。

食事制限の多いオットや
年老いた義母に買ってきたものは、やはりよくありません。

満面の笑みの意味がなんとなくひっかかりますが、
深く考えるとストレスになりそうですので、
何も考えず台所へ〜。^^

皆様もどうぞ夏のお疲れが出ませんように。。。よい週末を


2013年08月08日(Thu)▲ページの先頭へ
おめでたい袋になりました ^^

戴いた友禅紙で作ってみたきんちゃく袋。
青海波にはやっぱりちどり。
なのですが、
確か波にちどりは冬の季語だったような。。。

手元の季語帖をめくりましたが掲載されておりません。
分厚い季語帖をもってくる気力がなく。−−;

この友禅氏は愛らしいピンクで、おめでた感がいっぱい。
季節に限らず
結婚のご披露宴などで、
よくいただくちょっぴりお土産(なんというのでしょう。。。
最後に新郎新婦が手渡ししてくれたりします。
それを手作りするために遊印をお求めいただくことも多いのですが。。。)
なんかを入れる袋にぴったりね〜。
などと思いつつ、紐は ももいろ×白 にしてみました。

エンボッサーがあまり目立ちませんが、
肉眼でご覧になるとわかります。

そんなことを思っていると、やはり結婚式や披露宴にはつきものの
ぽち袋も作りたくなります。

きんちゃく袋は、サンプルで手元に置いておくのに、
最初の一枚は、
確認も兼ねて紐をひきますが、
ドキドキします。笑
自分で作っているくせにでございます。

しかも紐をひいてみたら糊がはがれてしまったりすることもあり、
ドキドキに引き続き汗となりますが、
やはり硬い紙は糊付けの不安。
柔らかい紙は破れる不安。
ぬぐえません。

硬い和紙と柔らかい和紙を一緒に使い、
ふたえにすると大丈夫なのですが。



面倒なんですね〜。笑



もう少し精度をあげねばなりません。


今日もここに来てくださって
ほんとうにありがとうございます。^^

古賀あき乃


ちび吉印の販売に関してのお知らせです

立秋を過ぎたら残暑見舞いになる
と申しますが、ここ数年。。。とても残暑とは言えない暑さ。
しかし、一応のキマリというかシキタリというか。。。
季節感がずれてしまったこういうキマリゴトって、
結構悩みますね。


思っておりましたら。

昨日あるお客様から「暑さお見舞い申し上げます」とメールを頂戴し、
そうだ「暑さお見舞い」であれば、
暑中も残暑もないなぁ。。。なるほど〜。
と思いました。

以前にも他のお客様から
同じ表現でメールやお便りを頂戴していたこともあるような気が
とても!とても!いたしますが、
己の中でまさにその時!体感していなければ(腑に落ちていなければ)、
見逃してしまうものだ
ということも改めて感じる今日この頃。笑

単に情緒不足といううわさもありますが。

この再登場の暑さで
また来年と思った真っ白の透け感のある紙たちも、
もう少しの間はよいかしら。。。などと再登場です。


この「ちび吉」印ですが、
ご要望いただいたお客様へは
1,300円/1本でご提供させていただいております。

己の都合で作ったサイズの印で、
あまりに小さく、
彫刻機の関係上ずっと同じサイズでご提供してゆくというお約束が難しいサイズなのです。

今後も、カートupやカタログへ掲載されることはない商品となりますが、
現在彫刻できております印は、
何ら問題なく御使いいただけるものでございます。

ご希望のお客様はお知らせいただければご用意いたします。
在庫はございませんので、
ご注文後、
慎重に一本ずつ彫刻してまいります。

お正月モノなど秋の初めには新作の予定もございますが、
その時一緒に送れ!ということで承りますので(助かります。笑)
お申し付けくださいませ。



ここ数日、紙で遊べず ToT
着色した和紙たちが、わたくしを呼んでおりますが、
呼びかけに応えてしまうと己の首を絞めますので、我慢です。
(我慢。なんといじらしい言葉でございましょうか。笑
ストレスにまで行かないようにしなければなりません。^^)

新しい友禅紙も届き(なぜかきんちゃく袋にぴったりね〜の紙ばかり)
週末は少しでも戯れることができるよう
集中力を発揮せねばなりません。

この集中力というのが
年と共に失われてゆく
ということをしみじみ感じます。

暑さのせいにしたいところですが、
冬もそうだったと思います。



ほんとうに。。。

しみじみ 気が散る と 思う今日この頃です。


充実の一日を♪


2013年08月06日(Tue)▲ページの先頭へ
和紙の色塗り3

先日から申しておりますが
この赤い色が大層気に入っております。^^

何とかお年賀状に使いたいと思いつつ、
何もひらめきませんが、
せっせと色塗りしております。

今日は午後からぐんぐん気温が上がり、
色塗りした和紙がすぐに乾くのはとっても嬉しい。
なにか一つでも嬉しいことがあるのなら
この暑さもよろしく候でございます。

ちなみにお箸の包み使った対うさぎの色塗り紋切は
画像の左側のタイプ。
大好きな青金を塗り塗り。

渋いうさぎさんになります。
中心に捺しているのは見えませんが
福寿印です。

色塗りも手前に写っている薄いももいろやクリーム色なんかとってもきれいにできますが、
金を薄く塗ってもなかなかです。

金色という感じとは少し違いますが、それなりにいい感じの色味がでそうです。
まだ実験途中ですが。
金の和紙。。。できたら素敵ですね。

こんなことばかりやってる場合じゃぁないですが。


今日もここに来てくださってありがとうございます。^^

古賀あき乃


和紙に色塗り2

昨日は久しぶりにお箸の包みを作ってみました。
ここ数日の涼しさに、明日の立秋に。。。
うさぎ、お月見、虫の音。。。を思い、その頃使えるといいなぁと思うお箸袋です。

夏の名残を感じつつ。。。和紙は少し透け感とハリのある生成り色。
しっかりお箸を包み込み、
秋の始まりの食卓を囲みます。

赤いラインは、金茶という濃いめの赤い水引を貼り付けてみました。

顔彩で色塗りした対うさぎの紋切が気に入っておりますが。。。

この色塗りに。。。
先日から凝ってしまい、シゴト机の上がすごいことになっております。

和紙を乾かすためのスペースが。。。笑
たくさんいるため、
ちょっと整理してスペースを確保し
葉月は、
本格的に?^^
色塗りを楽しもうと思っております。


色の組み合わせは無限ですし、
塗っている時に見える色と
乾いた時の色も違いますので、
楽しみが尽きることがありません。


昨晩は、眠る直前に、うすーい色をつけてみよう!と思い立ち、
せっかく片づけた机の上をまたもやせっせと散らかし、
今朝は、「乾いたかしら!」と思ったら速やかに起床。笑

ストックしておかないと、
すぐには使えないため、
ストック作りにも精が出そうですが、
出しすぎるとまた他のことがおろそかになりますので〜
要注意ですが。汗


以前もここで申しましたが、
色をのせると紙の質感も変わりますので、それもまた面白いところです。
紋切はもちろんですが
切り絵なんかもさらにやりやすくなります。

と、
この人またもやハマッテルノネ。
わかったわかった
という感じでしょうが。笑

またお付き合いいただけましたら嬉しいです

充実の一日を♪



2013年08月05日(Mon)▲ページの先頭へ
初盆のお参りに。。。

そろそろ初盆のお参りの準備を。
夏のお参りなので、少し硬めで透け感のある涼しげな和紙を使っております。

不祝儀袋の黒×白の水引あわじ結びも
今回、5筋でも作ってみました。

不祝儀袋の中でも、
初盆のお参り用の金封は基本的に細身サイズで作っているので、
水引あわじが大きすぎるかなと思いましたが、
そんなに違和感ないですね。

御佛前のスタンプは九甘堂オリジナルのものですが、
このサイズの金封にあうように少し小さ目に作ってもらいました。

のどみ達は、内包みの紙に捺しています。
御供印や御悔印
蓮の花印を銀色のスタンプで捺したり。。。



初盆のお参りの準備をしているといろんなことを思い出しますね。。。

今日もここに来てくださってありがとうございます

古賀あき乃


ぽち袋やひとこと箋をいれるきんちゃく袋

この青いちどりの和紙もそろそろ使い納めかなぁ
と縦長の巾着袋を作ってみました。

古賀のちっちゃな福袋ということで、
最近よく作っておりますが、
ひとこと箋やぽち袋やきんちゃく袋(ようするに自分が好きなもの)をいれて
美味しいブルーベリーをいただいたお礼に。

ぽち袋やひとこと箋は、
きんちゃく袋の紐をひいたときに
はじっこが折れ曲がってしまいそうで、
妙なサイズの袋になるなぁと思い
もっぱら折形に包んでお渡ししておりましたが。

縦長に作ると解決。少し長めのペンケースくらいのサイズです。

折形はきちんと感がでますので、
少し改まった感じでお渡ししたいときにはよいのですが、
きんちゃく袋に入れると、
気軽な感じで、開ける前から楽しんでいただけそうです。

画像を撮っておりませんが、ちいさなお手紙のタグをつけてお渡ししました。
というか、斜め前のお家なので、
勝手に玄関開けて置いてきました。ーー;



葉月に入り、
少し過ごしやすい日々が続いているせいもありますが
立秋も間近という気分で秋めいております。

真っ白やブルーのレーシーな和紙も。。。また来年です。
今年は随分このこたちに楽しませてもらいました。


昨日は、来年の干支でもある「馬の印」を試作しております。
今回は、縁担ぎの想いも込めて
数年間に何回か試作していまひとつだった左馬で作ろうと思っております。

あの時は12ミリ角の朱文タイプにこだわっておりましたが、
小っちゃな印で試作すると、
なんだか愛らしく。。。^^
頑張って走っている馬という感じで気に入っております。
金石文字です。
もう数種類作ってみて決めようと思っております。。。
またどうぞよろしくです。^^

充実の一日を♪
◆遊印のwebshopはこちらです


2013年08月02日(Fri)▲ページの先頭へ
横書きのひとこと箋

横書き用のひとこと箋です。
いつものカタチを横置きにすると、なんとなくおさまりがいまひとつ。

細身のタイプはまさにお箸袋に見えてしまいます。


画像のタイプは、いつもは後ろを差し込み式にして使っている
たとう包みの変形バージョンです。

画像のサイズは、
ショップカードと文香を一緒にお渡しする時など、
複数の小さな紙類をまとめる際、紙挟み的に使うときのサイズですが、

しっかりした紙で少し大き目に作ると、
結構いろんなものを挟め便利です。

封筒もよいのですが、
何が入っているのか、ひと目でわかって欲しいときには重宝です。


今回は、きちんと糊付けしてみました。

って、後ろの画像がありませんが。−−;

ひとこと箋の罫線も真っ白から少し色をつけて。
葉落ち月に入り、待ち遠しい秋を思いながら。。。

捺している遊印やエンボッサーはこちらでどうぞ ^^
充実の一日を♪


   


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2013年8月
       

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (39)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (11)

アクセスカウンタ
今日:3,230
昨日:4,034
累計:5,623,990