遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ) - 2014/12

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2014年12月30日(Tue)▲ページの先頭へ
整理整頓ノート no3

今見ると、また改めてよい感じ。笑
自画自賛ですが、このカード式のひとこと箋はもっとバリエーションを増やしてゆきたいとおもいます。
封筒がついているタイプとついていないタイプと。。。


夏に向かっている時の便箋。
罫線エンボッサーで格子柄をつくっていました。せっせと。笑

斜め格子


「お見舞」の印を作ったのは夏くらいでしたか。。。
このタイプの金封は、いろんなパターンを作っては。。。笑
いろんな方に差し上げたのですがのですが、
なかなか市販ではないものだけに喜んでいただけました。
よろこんでいただけるとまたほかのバリエーションを考えるぞ!
と思い、エネルギーに満ちてきます。



これは、不祝儀用の金封。
今年は、薄いグレーの和紙をラインで使ってみました。
御祝い系の時に使う赤顔紙が色も質感もとてもよくって、気に入っており
同じ紙で黒色を
とお願いしたのですが、色違いは濃いめの青と灰色しかなかったのでした。
灰色もなかなかよく、
少し悲しみも薄れた頃に。。。例えば初盆とかご法事の際にはよいと思います。

しかし黒色も欲しい。笑
やっぱり欲しいと思いますが、
しっくりくる和紙を見つけきれずにおります。



「福」背負いパターン。
この、ひと文字印をバニラスタンプ捺しで背景に使う組み合わせは、
「福」印に始まって、「喜」印や「幸を祈」印「萬家太平春」印など。。。
いろいろ楽しんでおります。
今年も引き続きよく使った印の組み合わせです。









すぐ上の白いテープは、水貼りテープですが、
今年後半はこの子をよく使いました。
レターパックの差出人部分に、上記のような形で印を捺して準備するのですが、
レターパックの紙の性質上、どうしても擦れると印泥などがヨレテ汚くなってしまい、
気になっておりました。
すべてエンボス加工(パウダーをふりかけて加工する)するとよいのでしょうが、
そこまで手が回らないことも多く。。。

水貼りテープで用意しておくと、
乾くまでの間レターパックを、並べて置いておく必要もなく、
最近は水貼りテープで用意しておくことが多いです。

これだと、クラフト封筒や袋などにも貼り付けることができ、
失敗した時、封筒ごとロスを出すということもなくなりました。


そして、透け感のある和紙を中心に持ってきた封筒。
封筒というか、
カタチの違う贈り物(金封など)をまとめて入れるギフトバッグタイプのものを作りたかったので
ベースとなる和紙は、強度のある少し厚手の紙を使います。
中央の紙は上から貼り付けてしまうと、
透け感は出ませんので、切り貼りするのですが、
薄い紙と厚い紙を接着するのは、少し注意がいります。
薄い紙にシワがよりやすくなりますし、
ハリがない薄い紙を使うと、たるみやゆがみが出ることも多く、
結構時間がかかる作り物でした。
キレイなのですが。^^

これは、大好きなベージュ系でまとめたギフトバッグですが、
黒×ベージュの水引のあわじ結びに挑戦したものです。
黒の水引を仏事以外で使うのは、ちょっとした勇気がいり、
また
勇気以前の「常識」の問題としても、どこか己の心の中の「ひっかかり」もぬぐえず、
未だ手元にあります。
とってもとっても好きなのですが。笑
もうしばらく寝かせて、時期が来るのを待つことにしています。


最後に、「遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)」発売当初から作っている
「半紙ぱたぱたぽち袋」

2014最後に作ったバージョンです。
スマッジーを使って桃色を刷いておりますが、
紅梅白梅印も発売当初からあるものです。
そして、これは発売当初に作っていた「半紙ぱたぱたぽち」


いやー。汗が出ますな。
字も大層美しく。笑
少しは成長しているかな。と思える一枚です。

ざっと振り返ってみた1年。
今年も
いろんなものを作っては送り付けた1年でした。^^

楽しんでいただけた方もそうでなかった方も
また
楽しんでいただけたものと、そうでなかたものたち。。。

2014年もあと2日となりましたが、
自分で改めて眺めながら、いろんなことを思います。

手作りのものは、
やはり丁寧さのひとことにつきる
と思います。

紙を選ぶところから、
その紙をどう裁断すると仕上がりがどうなるのか?
どう折ると、どうふくらむのか?
どこに遊印を捺し、それはどんな組み合わせで捺すのか?

何度も試作し、練習して作り上げていったものは、
手近にある半紙をぱたぱた折っただけのモノであっても。。。
仕上がった姿に、どことなく自信に裏打ちされた風格というようなものを感じます。

どんなによい紙(あるいは高級な紙)を使っても、

ま。こんなもんかな。とりあえず。時間ないし!

と仕上げたものは、やはりそれなりで、
自分的には「気の毒な子」となってしまいます。

ちゃんと気にかけてあげられずごめんね。という感じです。


来年も。。。さまざまなことにしっかり向き合い、
丁寧に、
そしてその時々の自分の中の最も「善きもの(心)」を込めて
モノづくりができるよう。。。
励んでまいります。

もうすぐやってきてくれる新しい年も。。。
仲良くしていただけましたら、とても幸せです。

今年もほんとうにありがとうございました
九甘堂 古賀あき乃


2014年12月27日(Sat)▲ページの先頭へ
整理整頓ノート no2

この水引の結びをたくさん作り出したのが今年の始めだったのかな。。。
頂いた「結び」の本に掲載されていたもので、
本には紐で結ぶとありましたが、水引でやってみたら結構いい感じで、
しばらく作っておりました。

この節分ぽち袋をたくさん作ったなぁ。。。
未だにかなり気に入っており、
来年の節分ぽち袋もこのパターンで作るでしょう。
紙を変えてみるのも良いかもしれません。
しかし、檀紙ではいまひとつだったのですよね。。。そういえば。

こういう月ごとの葉書を作るぞ!
と思っていたのに、完璧に挫折しております。
葉月と長月くらいは作ったかな。
来年こそは。ちゃんとストックしておけるようがんばりたいところ。

これは、「手作り文香のもと」の中身ですが、、
今、手作り文香のもとのパッケージをリニュアル中です。
リニュアル中もその時によいと思うものをお送りしてますので、
最近お求めいただいた方々もショップページ画像とは違うパッケージで届いていると思いますが。
いろいろ迷いつつ。。。
来年からは、紙ばさみ風のパッケージでお届けしようかなと思っております。
お楽しみに

いきなり季節感が変わるのは、
ちょうどブログをお引越ししたころでしょうか。
このころは、罫線エンボッサーばかり使っておりましたねぇ。。。
罫線エンボッサーは、今もよく使っていますが、
今度は四角枠のダイホルダーを作ってみました。
つい先日、届いたのですが、
とっても気に入っております。
またその画像は後程。。。墨枠の四角い枠のみなのですが、
ぎざぎざ感と微妙な揺らぎがちゃんと出ていてとてもよい感じ。^^
「遊楽之印和」ロゴエンボッサーともぴったりで、
自分へのクリスマスプレゼントになりました。^^

サービスの半紙折形も大層たくさん作りました。。。
この罫線エンボッサーを使ったものが一番気に入ったかな。。。

ただ、ここ!とキマル位置にぴったり型押しするのは結構難しく、
作る決心がいるパターンですが、^^
上手くゆくととってもよい感じ。
同じパターンで檀紙金封も作ったなぁ。。。


今年は簡易金封と称して、
水引きや熨斗ついていない封筒タイプの金封もたくさん作りました。
そして配りまくりました。笑
手間いらずな子たちなので、たくさん作ることができた。
という感じですけど。


中央切り替えタイプもいろいろ作ったなぁ。












この中央切り替えや左端切替タイプの封筒や金封は、
これからも是非作ってゆきたいと思っています。
ただ、
もう少し、作り方を簡略化というか効率よく美しく作ることができる方法というか、
手順を考えられるといいのですが。

やたら手間がかかるので、気合をいれねば作れません。
そして手間をかけないと、微妙な歪みが出たりしてきれいに仕上がらないのですよ。。。
やっぱりこの手間もこの手間も省けないわね。
と積み重なってゆくと、
封筒一枚作るのに大層な手間と時間が必要となり、
そんなに大層なことなのか!封筒一枚で!という気がしてくるのが常です。

もう少し。。。何とかしたいところです。


こういうメモ用紙もいっぱい作りました。
罫線エンボッサーんのお蔭ですね。。。
今は、端紙が出るたびに、
こまめに作ってはストックしてます。
とっても便利です〜。^^

ちょっと良い紙(手漉き和紙とか)で作ったものは、
発送時の「ほんのきもち」ギフトでお配りしておりますが、
ロゴのエンボッサーを作ってからは、
このメモ用紙にも型押ししまくり、
自己満足のかたまりとなっています。

夏の封筒(郵便できるサイズ)。
懐かしい。。。冬の今、夏に作ったものを見ると、
とっても懐かしく感じます。
ほんの数か月前なのに。。。

封筒つながりで。
頂いた新聞紙風の紙で作ったもの。
薄い紙なので、中に雁皮紙の半紙を貼りこみ、
強度を足しています。
同じ紙で作った巾着袋。


今年は、昨年に引き続き和紙巾着袋も少し作りましたが、
今年はこの和紙巾着袋のお問合せや
作成のご依頼をよくいただきました。
売るほどは。。。なかなか作りおおせず、
お断りすることの方が多かったのですが、
作ること自体が楽しい
そんな作り物のひとつです。






相変わらず、作ってから入れるものを探す和紙巾着袋ですが、
紙それぞれの個性にあわせて、
裏紙が必要だったり、そうでなかったり。。。いろいろあって。。。
なかなか難しくも楽しいものです。

巾着袋に向く紙と、
封筒に向く紙、
ぽち袋にするととってもかわいくなる紙、
文香に最適な紙。。。

来年は和紙やさんめぐりもしたいなぁと、
思います。
近場でも(車で2時間くらいまで)結構ある和紙やさんですが、
何せ出無精でいけません。

もう少し外にも出かけなければ。
そしていろんな人にも会わなければ。

というのが来年の目標でしょうか。

最も苦手とすることなので、
目標という言葉を使いたくないのですが(既に逃げ腰)。

長々お付き合いいただきありがとうございます。
古賀の2014整理整頓ノート no2 でした。



2014年12月26日(Fri)▲ページの先頭へ
今年の整理整頓ノート no1

今年作ってきたいろんなものをちょっとまとめてみようかなと思います。
見たことあるものばかりかもしれませんが。
古賀の思い出バナシにお付き合いくださいませ。^^


これは、年賀状用に作った和のカード。
これをお揃いで作った封筒に入れてお出ししました。
当然のことながら、数人の方にしかお送りできませんでした。。。
が、
使える!和のカードをちゃんと作ってみようかな。
と強く思ったきっかけになりました。


このスタイルのぽち袋も一時とっても凝っていたのを画像を見て思い出しました。笑

完成したものを見ていると、
今でもかわいい!(笑)と思いますが。

実際に使うとき、水引をいったん外していただき、中に何か入れてから、
再度同じように。。。ぽち袋本体をくちゃくちゃにせず、
水引を通すのは結構難しいだろうな。。。

と思いつつ、工夫して改良することができずに、
作らなくなってしまったパターンです。

水引きではなく、
紙紐などに変えると簡単で、どなたでもストレスなく留められると思いますが、
これは、水引だからかわいいのであって、
紙紐では随分と雰囲気が変わります。

よって、このままではボツ。となり蔵入りしていたわけですね。。。思い出しました。


もう一度挑戦してみたい気もしますが。作り方としては超簡単ですので。


渾身の金封画像が出てきました。笑
赤ライン+手作り熨斗付。
どちらも、自分の中では難易度高です。
この熨斗の中にいれるのし鮑代わりにする紙を探して探して。。。
お客様にもいろんなアイディアや材料まで送っていただき、
いろいろ工夫しておりました。。。ほんとうに感謝です。

折形の本など見ておりますと、
金封の作り方はたくさん出てきますが、
基本は、紙1枚で、鶴や熨斗などを折り出しながら紙幣を包むというカタチが多いです。
せいぜい水引を結ぶところまでで、
市販の祝儀袋に必ずと言ってよいほど貼り付けてある熨斗については、
その由来や目的については書かれてあっても、
深く触れられていません。

仕上がった折形に水引を結ぶとより正式になる

といった記述で終わっているものが多く、
熨斗も付けると更に丁寧
といったような説明は見たことがない気がします。

熨斗の本来の意味や目的を考えると、
そして現在の生活のスタイルとか御祝いの宴の状況など考えると
無くてもよい場合が多いということなのでしょうか。

なので最近は、
水引きを結ぶことはしても、
熨斗紙を付けることはあまりやっておりません。


とっても手間がかかるからでしょ


というウワサもありますが。笑

そんなウワサもあるようですが、そして
もう少しいろいろ調べてみたいとも思っていますが、
記念の一枚(画像)でもあります。
この金封は、自分で使ってしまった記憶がありますので。

これは、紙から裁断し作った箱です。
こんなことまでやっていたのね。あなた。
と思わず、自分で笑ってしまいました。

なかなかきれいにできております。^^
結構大変だったのかなと思いますが(あまり記憶がなく)
厚手の紙があると、
印はもちろん、エンボッサーも使ってオリジナルの箱ができますね。。。
箱好きな女としては、
もう一度!と思ってしまいますが。
これしか画像がないところを見ると、
大変だったのでしょう。笑 きっと。

長くなったのでこの辺りで一度終わります。
私の記憶の整理にお付き合いいただきありがとうございます。。。

九甘堂 古賀あき乃


自分で書いた年賀状

クリスマスも終わり。。。ほんとうの年末がやってきました。^^
今年は数年ぶりに25日までに年賀状も出し終え、
何と気分のよいことでございましょうか!!笑

昔は、絶対に元旦に届くように出し終えていた年賀状も、
一度できなくなってしまうと、
あっという間にそれが習慣化し、

「仕方ない。忙しいし」

となっておりました。

よろしくない習慣はあっという間に身に付きますね。
たとえそれが、一年に一度のことであっても。

というわけで、
ちょっと気分のよい年末を迎えられそうですが、
掃除や整理整頓は相変わらずできておりません。

来週月曜日の最終ゴミ出し日にむけて、
身辺整理にも励みたいものです。

といっても、自分のゴミってさほどないのですが。

オットが以前、シゴト部屋にしていて、
今はわたくしのシゴト部屋第二号室になっている部屋の袋戸棚の中を
整理整頓したくてうずうず。

明らかに絶対使わない毛布なども突っ込んであるので、
それらを処分し、本棚にしたいと目論み中。

思いがけないものが出てきそうな予感がするのか、
自分がやると言ってきかないので、
なかなか進みませんが。


そう言えば、結婚して初めてですが、
オットが自分の年賀状を手書きしております。

宛名を書き終えた葉書の裏面は、
オットが希望したサンプルのパターンでわたくしが作っておりますが、
そこにひとこと自分で書き加えるとのこと。

まだ出し終えていませんが。笑

それでも。。。
ごねていた割には、書きだすと結構熱心に取り組んでおり、
不思議な光景です。

ひと言書く文言を印にして、捺そうかななどと、言い始め(今頃〜)、
かなり気合を入れております。

自分で書いてみて初めて。。。いただいた年賀状をしげしげと眺め、
いろんなことを感じているようで、
下手くそでもやっぱり自分で書かなければ意味がないのだ。
と開眼したようでございます。

良かった。^^
自立への第一歩か。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2014年12月20日(Sat)▲ページの先頭へ
店のお渡し袋です

最近は、めずらしく(では。。いけませんが。)九甘堂の実店舗の方へ、
遊印をお求めに直接お越しいただけることも多く、
その時にお求めいただいた印達をいれる袋。。。というものを作ってみました。

通常。。。あまりないことなので(では。。いけませんが。。。)、
作り置きということをしておらず、
何となくある袋や折形や和紙巾着袋から、使えそうなものを焦って選び、
何気ない顔でお渡ししておりますが、
かなり焦ります。そして汗です。−−;

最近は、遊印だけでなく、
印泥や朱肉、スタンプパッドのような角ばった厚みのある箱や、
「手作り文香のもと」のように平たいけれど大きなもの(と言っても葉書大のサイズですが、なにしろ遊印が小さなものなので)まで、
一緒に入れなければならないとなると
折形ではなかなか対応しきれず。

渡された方も、両手でかかげるようにお持ちになる
という感じで、ちょっと不便だったりもします。


手提げ袋が最適でしょうが、
マチ付の手提げ袋となると、
作るのも大変ですし、半紙では弱いため、
檀紙など少々立派な紙が必要になってきます。

と、ハナシはそれますが、
檀紙で作る小さなマチ付手提げ袋なんて。。。きっと倒れそうなほどかわいいに違いない。
と今、強烈に思いました。笑
作ってみたい。
檀紙いっぱい持ってるし。紙紐もいっぱいあるぞ。
いやー。急に情熱が。今日は時間取れるかな!


ハナシは戻りますが、
九甘堂のお渡し袋(通常折形です)は、
遊印たちの販売促進グッズでもあり、
どちらにお住いでも。。。
簡単に手に入るもので、リーズナブルですぐに試してみることができるモノ!
を基本に考えております。

なので、半紙にこだわり続けており、
そして自分自身、いろいろな半紙を使うにつれ、
その良さに目覚めております。

今回使ったのは、雁皮紙(混ざりものあり)の半紙。
ひたすら薄く、しなやかですが、結構強度があります。
ふたえ仕立てにせねばなりませんが、
破れにくくて、紐の通りもよく巾着袋には最適な紙質です。

ここ半年ほど、気に入っているパターンで。
「喜」ゴム印をバニラスタンプパッドで捺し、
住所ゴム印などを重ねます。

(上記商品は、こちらで♪

突然お越しいただけるお客様にも、
しばらく焦ることはなさそうです。笑

お待ちしております。^^


九甘堂 古賀あき乃




2014年12月16日(Tue)▲ページの先頭へ
年賀状のサンプル作り方ページ

遊印を使った年賀状のサンプル追加してます。
使っている道具などをupしましたので、ご参考までに。。。^^  
こちらから


また、年末年始の遊印等発送スケジュールも併せてお知らせしておりますので
どうぞよろしくお願い致します。 
こちらから


師走も半分が過ぎ、
ついに年賀状の受け付けも始まってしまいましたね。笑

寒くなってきましたが、
皆様あったかくして師走を楽しく乗り切りましょう!^^



「遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)」
古賀あき乃


2014年12月15日(Mon)▲ページの先頭へ
パステルカラーの雪文様で

珍しくほんわりキュートな年賀状を作ってみました。
柄じゃない感じで、妙な恥ずかしさもありますが、
結構気に入っております。


充実の一日を

九甘堂 古賀あき乃


2014年12月10日(Wed)▲ページの先頭へ
少し上質な日常を

封書で送るお年賀状ということで和のカードを作った時に、
揃いの文香で作ったものです。
蝶々を飛ばして、
「萬家太平春」の遊印で。

和のカードにも使った同じ友禅紙のラインを使い
お揃い感をだしたつもり。

この濃い赤がベースの友禅紙は、
一面に菊と桔梗が入っており、
基本的には秋柄の和紙なのでしょうが、
ライン使いするとわからなくなりますし、
小さく使うときは桔梗のところを避けて、
菊の花のところだけ使うようにしています。

地色の上品さと菊之花でなかなかシックな雰囲気に仕上がり、
私の好きなベージュの和紙にもぴったり合います。


師走も三分の一が過ぎようとしております。

思い出すと、
昨年の今頃は、体調崩す一歩手前という感じで、
日中も、机についていながら、眠っているわけでもないのに、
固まって記憶が無くなっている空白の時間がある。
ということがたびたびありました。

決して眠ってはいないのですよ。

不思議な感覚でしたが、
後から思うとかなりキケンな雰囲気でした。

身体的な経年劣化ということも考えると、
質のよい食事と睡眠は必須ですね。。。

気忙しい時だからこそ、
いつもより少し上質な日常のあれこれを意識すべきなのかもしれません。

九甘堂 古賀あき乃




2014年12月04日(Thu)▲ページの先頭へ
太りたくも痩せたくもないお年頃です

クラフト封筒にお化粧をしております。
こういうもののストックは最近ようやくできるようになってきました。

えらいじゃない。

お多福ねーさんも言ってくれるでしょうか。

クリスマスも近いので、
源氏香図のスタンプはゴールデングリッツで捺しております。
クラフト紙には少し沈みますね。。。

ここ数日、なぜか3時にぱっちり目覚めてしまい、
もう少し眠るべきか起き上がるべきか、
毎度、少し悩んで、そのまま起き上がっております。

3時に起きると結構捌けますね。
たまにこういうこと(時期というか期間というか。。。)があり、いつも思いますが。
そしていつまで続くかわかりませんが。


そして午後三時頃、30分くらい毎日必ず淀む頭と体。笑

ここで往生際悪くシゴトを続けると淀みの壺に入ってしまうので、
気分転換を兼ね、軽く昼食兼夕食をとりますが、
たくさん食べると、別の淀みへ入ってしまいますので、
果物とヨーグルトくらい(と言っても結構な量ですけど)がいつものパターン。

夕食は基本的にこの時期は食べませんので、
それじゃぁあなた!すごく痩せちゃうわね!
という感じですが、
まったく痩せません。

家族の夕食を作る時に、
味見かたがたつまんでいる量が、
味見の量を超えているのではないか。
とも考えますが、
合間合間に
お菓子も結構つまんでいたりして、
結局身体に悪い生活をしているんだな。
と思う今日この頃。

見栄えのためというよりも、
健康を維持するために、
痩せたくも太りたくもないと思う年頃。

やはり食生活は基本です。

と、言いつつ、本日最後のコーヒーを淹れに行こうとしている私。
お菓子を一緒に持ってこないようにねー。



◆遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)◆
古賀あき乃




2014年12月02日(Tue)▲ページの先頭へ
さりげなくお渡ししたいときの包み

遊印をさりげなく贈りたいので、
なるたけコンパクトにまとめて欲しいというご要望を頂くことが多いです。

遊印自体は、とても小さなものですので、
例えば3〜4本まとめても掌にのるくらいなのですが、
箱に入れてしまうと、
それなりに厚みなど出てしまいます。

例えば、男性にお渡しし、
背広の内ポケットにもすっと収めてお持ちいただく
という設定で考えると、
やはり箱ラッピングではなく、折形でお包みするというスタイルの方が良いことがあります。
上の画像は、その折形ですが、
ぱたぱた開くとこんな感じになっています。


商品が小さくてよかった。
とよく思います。

大きなものから小さなものまで取り扱っていらっしゃるお店さんなど。。。
ラッピングだけでも大変だろうなぁ。。。
などと、よく思うのですよね。笑

贈り物シーズンでもありますが、
じわじわ納期が延びつつあります。
今ですと、お任せタイプのオーダー印をラッピング!
で御注文いただいた場合、約2週間くらいで発送できておりますので、どうぞよろしくお願い致します〜。^^



■遊楽の印 和 (ゆらのいん のどみ)■
古賀 あき乃


年賀状のサンプルページ少しずつ更新してます

今頃〜ではありますが、遊印やエンボッサーを使った未年の年賀状サンプルを毎日作っております。
アイディア集にできたものから(少しずつですが)アップしております。
こちらから

よろしければ、覗いてください。^^

■遊楽の印 和(ゆらのいん のどみ)■
古賀あき乃


2014年12月01日(Mon)▲ページの先頭へ
師走に入りました

今年も師走に入りました。。。
気忙しさも増しますが、
毎日丁寧に過ごしたいものです。


あちこちで申しておりますが、
ひと三倍くらいばたばたしているような気も致します。

平成26年度の最終煩悩消滅大作戦も始めつつ、
すっきりとした充実した気分で来年を迎えるべく、
ひと月励みたいと思います。

やっとお年賀状のサンプルを作り(数種類ですけど。−−;)、
ちょっとほっとした週末です。

「遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)」の
トップページ画像を師走のあれこれに入れ替えております。
よろしければ、こちらで♪ご覧くださいませ。^^


今日もよい一日でありますように。。。
九甘堂 古賀あき乃


   


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2014年12月
 
     

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (23)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)

アクセスカウンタ
今日:2,839
昨日:3,577
累計:5,423,409