遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ) - 2016

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2016年12月22日(Thu)▲ページの先頭へ
小さなお楽しみ

今年後半は、シールづくりにはまってしまいました。
そういえば。

水貼テープはもちろん、
100均で売っている「剥がせるタックシール」も結構使えるよい子です。

ゴム印で柄をつける。
あるいは
スタンプパッドで地色をつける
ことで、
味気ない真っ白な事務用品が、ちょっとかわいく変身するもの。

注文したものがお手元に届き、
開封してゆくときの小さな小さなお楽しみになってくれればと思います。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年12月21日(Wed)▲ページの先頭へ
年始のご挨拶に

お年賀に添える文香を作ってみました。
香りものは食べ元一緒。。。は避けた方がよいでしょうが。

厚手の手漉き和紙のハリ感で、年始のすがすがしさと清潔感を出したつもり。
裏からスタンプパッドで柄をいれているのですが(肉眼で、うっすら見える程度)
画像では見えませんねー。


この週末。。。年賀状に着手できないと、ここ数年奇跡的に実現していた「元旦到着」は難しい。

と、今気づき、奇跡的に実現していたのだから今年は奇跡は起きないのだ。
と、思えばよいのだ。
と、思ったり。


あ〜ToT

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年12月19日(Mon)▲ページの先頭へ
繰り返す。何度でも。

あと2週間で今年も終わりかぁと、
日記を開くと、同じことを昨年も書いていた。

そして、
去年も同じことを書いていて進歩がないと、
去年の昨日書いていた。


なんなんだ。
今年は何と書けばよいのだろうか。

と、思ったら、1分くらい固まってそのまま寝てしまいそうだった。。。

いいのかこんなことで。

こどもの日記じゃああるまいし。


充実の一日を
九甘堂古賀あき乃






2016年12月15日(Thu)▲ページの先頭へ
来年最初に始めたい事

有り難いことに。。。
「遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)」の発送時にお付けしている古賀のあれこれを、
ファイルにきちんと保管して下さったり、
箱に収めて時折眺めて下さったり、
わざわざ写真に撮って、
フォトブックを作って送ってくださったり。。。

まさに「有り難し」

なことで、
そういうことをお知らせ戴いた時の、わたくしの心は、
言葉ではとても言い尽くせない幸せな気持ちに満たされます。


遊楽の印 和(ゆらのいんのどみ)も、
おかげさまで12年目にはいり、
毎年一本ずつ作ってきた干支印もちょうどひと廻りし、
十二支すべて揃いました。


新しく作る作ると言い続けてきたカタログもさることながら
今夏お客様から送っていただいたフォトブックが頭から離れず、
是非自分でも挑戦したいと思っています。
来年早々から着手。の予定。^^

自分で撮った写真を製本する。
以前よりも。。。随分簡単に、そしてお手軽に作れるようになっているのですね。

以前挑戦した時は、もっと高価だったような記憶がありますし、
もっと複雑で、しかも画像を選んでいる段階で次々と欲が出て、笑
結局まとめきれず、挫折したことがあります。

世の中進化していますね。
綺麗に製本してある自分の写真集を
こんなにお手軽に作ってもらえるなんて。

わたくしなんぞよりはるかに原始人のオットに、
お客様が贈ってくださったフォトブックを見せましたら、
「っびっくりっ」しておりました。笑


まさに「驚愕の世界」


どんなビジネスが生まれ、
そしてどんなビジネスが廃れてゆくのか。。。

果たして自分たちは生き残れるのか?笑

そんなことを一瞬にして思ったのでしょう。


ともあれ。。。「のどみたち」のフォトブック
お楽しみに^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年12月12日(Mon)▲ページの先頭へ
白い縞模様

今月は、「たて縞スタンプ」のバニラ捺しに凝っております。^^
とてもとても気に入っており、
もうなんにでも!バニラ色の「たて縞」が登場しております。

このバニラ捺し。。。夏場なら、バニラ色ではなく、
少し透け感のある黄味のない白いスタンプもよいでしょうね。。。
そんなスタンプパッドを探しておこう。

夏になるのが楽しみ。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年12月09日(Fri)▲ページの先頭へ
寒くても

雪をまとった松林をぬけて。。。
。。。あったかい心が届きますように

ご縁に感謝

今日もどうぞ。。。よい一日でありますように
九甘堂 古賀あき乃


2016年12月06日(Tue)▲ページの先頭へ
クッション材と紐掛けと

かねてより。。。クッション材を仕込んだ小さな袋を作りたいと思っていたのですが、
機会を得て、試作してみました。

当店の遊印は小さいので、
ジャストフィットで袋など作ってしまうとあまりに小さく、
かといって
少し大きめに作ると中で遊印たちが泳いでしまい、数本入れるとばらばらに。

クッション材を仕込んでいると、
ある程度は固定され具合がよいのではないか!
と思っていたわけです。

郵送する場合も、
改めて梱包材で巻かなくてよいので、
見栄えもよいし。
というわけで、余り紙の檀紙で作ったのがこのタイプ。

マチもつけず、切りっぱなしで折り返しも作らなかったので、
ほんとうに!長方形の檀紙を折って貼っただけ。

封も接着剤やシールは使わず紐で留めます。
アクセントに革のタグを使いましたが、
和紙の種類にあわせて木片のタグもよいかもしれません。
メッセージをつけたい時は、袋と同じ和紙を使ったタグをつけて。

かわいいじゃないか!

と自画自賛。

使う和紙を洋紙に変えると、
更に洋の雰囲気になるでしょうし、作るのもなんだか楽しい。^^

ラッピングの新しいバリエーションに加えてゆこうかな。
と思います。
と、それは来年のハナシですけど。笑

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年12月05日(Mon)▲ページの先頭へ
ばれたかな

そろそろ自分ちの年賀状も準備しないとなぁ。。。
と思いつつ、全くたどり着けませんが。

いつもと違って、切手や年賀状は買っているので、
なんとなく終わった気分になりがちで危険です。

画像の年賀状サンプルはわりと簡単で失敗も少なく、
遊印を捺す回数も少ないのでおススメ。

自宅用(オット)に使おうかなおと思っておりますが、
オットに見せると無言でした。−−;

気に入らないのか?
「これならあなたでもできるはず。」と、思いつつ手渡したのがばれたのかもしれません。

位置や捺し方を変えて何パターンも作ってみたので、
またもう一つのブログで詳しくご紹介したいと思います。
真ん中の四角く見えるのはスタンプパッドを直接捺していますので、
色を変えると、簡単に雰囲気も変わり面白いです。^^


師走に入って。。。
時間が経つのが加速しています。
5月の24時間も12月の24時間も同じはずで、
加速はしない。
と思いますが、
もしかしたら。。。と
思うくらい、「いつも朝じゃないか!」という感じの日々になっております。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年12月02日(Fri)▲ページの先頭へ
贈り物の季節にはあると便利です

師走に入り、クリスマスやお歳暮や。。。何かと贈り物を準備する季節となりました。
というわけで、
横書きのひとこと箋を、最近また作っております。

と言っても、あまりに時間が押して押して、たいした数は作れていないのですが。

このタイプは、わたくしとしては大層簡易な作りとなっており、
時間が取れなくても結構手軽に取り組むことができ嬉しくなります。

すきま時間を見つけては
2〜3組も一度に仕上がると、
「やりました。できましたよ!すごいじゃないの!」
と己を褒めることができるかわいらしい古賀です。

いろいろと。。。やろう!やりたい!と思っていることが多すぎて、
気持ちばかりが先走ってきましたが、
同じ一日。。。落ち着いて丁寧に過ごしたものです。

冷静に考えてみると
焦ってどうなるものでもないのですよね〜。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年11月29日(Tue)▲ページの先頭へ
大胆な柄行きでぽち袋

この透けて見える扇柄の千代紙は、確か自分で求めたもの。。。だったような。。。気がするのですが。
色違いがあるので、いただいたものももあるのかも。。。

結構大胆な柄行きで、
ちまちましたものしか作れないわたくしには、ーー;
なんとなく使い道を思いつかず、何年もとってありました。

この千代紙を、半紙や手漉き和紙に透かすと、すごく美しく見えることに気づき、
最近は、専らそういう使い方をしています。

と、言いつつこのぽち袋タイプはまだきちんと完成させておりません。
どの遊印でおめかししてあげようか。。。扇のエンボッサーを重ねるか?
ちゃんと迷って取り組みたい。。。という感じです。

よくここでも言っておりますが、
無地和紙と柄和紙を重ねた時に、透け感を楽しめるものと、そうでないものがあり、
お互いを綺麗に引き立て合える組み合わせを見つけると、
かなり嬉しく(ということは、あまりないということですが)、
大事にしたい。と思います。


一期一会という言葉がありますが、
もう一度買い足せば、また作ることができるよね。
というのとはちょっと違うような、
今、たまたまわたくしの手元でよい組み合わせができたのなら、
これで最後と思い、それらを丁寧に最も美しく見えるように使ってあげるのが、
使い手の役目。

と思ったりする今日この頃。


霜月も終わりますね。。。
今日もここに来てくださってありがとうございます^^

九甘堂 古賀あき乃





2016年11月28日(Mon)▲ページの先頭へ
大人の鉛筆

こどもの頃からシャープペンシルが苦手で、鉛筆好きなのですが、
持ち運ぶ。
ということを考えると、どうしてもシャープペンシルに軍配があがり、
鉛筆は家の中だけで使っておりました。

先日偶然見かけて買ってみた画像の鉛筆。

ご存知の方も多いのでしょうが(わたくしは、全く知らなかったのですが。笑。相変わらず違う星で暮らしているような感覚)、
「北星鉛筆の大人の鉛筆」

構造としてはシャープペンシルだけど、
芯の具合や、書き味は鉛筆(っぽい)というもの。

付属の鉛筆削りで、もっと細く削ることもできます。

濃い色が好きなので、芯は2Bを。
芯が太いので、通常のシャープペンシルと比べると折れにくく、
安定感があります。

わたくしは、なぜかシャープペンシルで書こうとすると手が震えるという
不思議な体質で、
だんだん脱力してゆき、ふにゃふにゃ文字になってしまうのですが、
この大人の鉛筆はそういうことがありません。

よかった。^^


結構気に入っております

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年11月26日(Sat)▲ページの先頭へ
真っ白の半紙で師走の便り

一気に冬めいてまいりました。
ということで、いつになく少し早めの(ってあと数日ですけど)師走のお便りを作っています。
まずは、便箋。
使ったのは、今秋初めて求めた三椏の半紙。
関東方面は早い初雪も降ったとか。。。雪のイメージで真っ白の半紙を選んでみました。

最近は、便箋用にはいつも雁皮紙(純粋でないもののこともありますが)を使っているので、
少し生成りがかっていて、それはそれで好きな色味なのですが、
先日、真っ白の半紙で薄手のもの、かつハリコシ感があるもの。
なんていう無理難題におすすめいただいたのが三椏半紙です。

遊楽の印和(ゆらのいんのどみ)発売当初からずっと使っている
真っ白の薄手のかな半紙があるのですが、
ハリコシ感には欠けるため、
和紙巾着袋や、封筒の上掛けなどに使うと「破れ」が少々気になります。

すぐに破れそうでいて、案外強い子でもあるのですが、
もう少しパリッと感がある子が欲しい。と思っていたら
ご縁のあった三椏半紙。

ただ、筆の滑りが若干悪く(っえらそーに〜!笑。書いていて恥ずかし)
改めて雁皮紙のすごさに感心しているわけですが、
滑りが悪いと、字が汚く見えるわけです。

汚く見えるというより、そのまんまに見えているだけですが、
綺麗でもない字が、それなりに見えていたとしたら、
それは紙のおかげだったのだ。
と改めて実感した。という感じでしょうか。

やはり雁皮紙はすごい。わけですね。笑
お値段だけでは「モノの良さ」は語れないこともありますが、
やはりお値段もあるな。としみじみ思う霜月の終わり。

楽しい週末を
九甘堂 古賀あき乃


2016年11月24日(Thu)▲ページの先頭へ
日本美の極致

なんだか随分ご無沙汰してしまいました。
皆様お元気でいらっしゃいますか?^^

諸事に忙殺されている感じの日々ではありますが、
おかげさまでわたくしは元気です。^^

そんな中、
昨日は、つけっぱなしのテレビの前を通り過ぎたら耳にした「桂離宮」。
死ぬまでに一度は行ってみたい場所でもあり、
思わず足を止め、そのまま2時間近くも!座り込んで観てしまいました!

日本美の極致と評されるその美しさ。
細部へのこだわりがとことんありながら極めて簡素かつ綺麗で。。。

全てを。。。ひとつひとつをため息とともに見つめる

というのにふさわしい場。

ひたすらに。。。
芸術や美しさを表現すること。。。だけを考えて極めてゆこうとするような人も必要ですね。

政治や経済など。。。そういうこととは関係なく、
ただひたすらに「美しさ」を表現しようとする純粋な気持ちを持ち続けること。

今の時代ではなかなか難しいことかもしれませんが、
そういう人がいないと(あるいは育たないと)、
美の極地と言われるまでのものは残せないのかもしれません。

思いがけない2時間ではありましたが、^^
心の栄養をたっぷり補給できた時間でした。
いつか必ず行ってみたい。そう思います。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年11月10日(Thu)▲ページの先頭へ
お互いに引き立て合う関係

真っ白な手漉き和紙の裏から朱竹の千代紙を貼ってみました。
透け感を楽しむのは昔から大好きなのですが、
当然のことながら、透け具合は合わせる和紙で全然違ってしまいます。

色合わせはもちろんですが、
和紙自体の格が違いすぎると、なんとなくしっくりしませんし、
和紙の質感の違いもかなり重要。

この朱竹の千代紙は、
ちょくちょく登場していると思いますが、
こんな風に薄い手漉き和紙越しに見るのもまたよいですね。

鮮やかな朱色に紗がかかったようで、柔らかくなり普段に使えるぽち袋になりました。
どちらの和紙の持つ格も。。。壊さずお互いを引き立ててくれます。

感謝 ^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年11月08日(Tue)▲ページの先頭へ
女の子って感じ

最近、発送時にお付けしている「ほんのきもち文香」です。
さっぱりわからない大きさですが〜。

透け感のある手漉き和紙に
鹿の子スタンプを裏捺ししています。

鹿の子スタンプの色はアッシュローズ。
手持ちの赤系のスタンプパッドの色味の中では、
やはりこの色が一番落ち着き、好きです。

この時期になると、
紅葉や落ち葉、木の実などを使ったあれこれでまとめることも多いのですが、
久しぶりに「手毬」遊印が目に留まり、使ってみました。

鹿の子柄とよくあいます。



女の子

って感じ。笑


そういえば私も昔は女の子だったんだよなぁ。

なんだか懐かしい気分。−−;

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年11月07日(Mon)▲ページの先頭へ
お正月の箸袋

お正月の食卓に。。。
真っ白の和紙(画像は半紙ですが)を折って作った箸袋。

シンプルですが、おめでた感も欲しくて瓢つなぎのエンボッサーを使ってみました。

箸袋は、少々寂しく感じるくらいが、食卓には似つかわしいと常々思っています。
食卓のメインはお料理ですから、
色とりどりのお料理や器の色、花がある場合はその花や緑の色がはいりますので、
口に直接つけるお箸とその包みは清潔感を第一に準備したいと思います。

お正月くらいもう少し華やかで行きましょうよ。
というお声も度々いただきますが、^^
そうですよね〜。

単に
華やかにする技を持たない。

だけ

という噂もありますが、
それが真実かも。。。です。^^


お年賀状サンプルのご紹介ページ作りました。
まだちょっぴり過ぎて恐縮ですが。。。
こちらから 
充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年11月04日(Fri)▲ページの先頭へ
やっと年賀状のサンプルづくり

昨日はやっと年賀状のサンプルづくりに着手。

波に乗ってきたところで夕食準備の時刻となり、
週末に持ち越し。

気づくと外は真っ暗で、画像を撮れませんでしたので、
後ほど、もう一つのブログにupし、
ショップにもカテゴリを作りたいと思います。

まだちょっぴりですけど。
週末にもう少し顔晴ります。

己の印箱を眺めていると、
結構いろいろ出してます。笑

昨年、善きご縁のおかげさまで「根曳松」のゴム印を作ることができたので、
門松がわりの根曳松ときたら、今年は結界(しめ縄)を柘印で!!

と思っておりましたが、
これ以上もういいかな。
と思ったり。笑

とりあえず、思いつくままサンプル作ってみます。
早くしてよ〜!
と思っていらっしゃるあなた。。。ほんとうに。。。
いつもながらお待たせしてごめんなさい。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃





2016年11月02日(Wed)▲ページの先頭へ
男性が使うとしたら。。。の金封

ここのところ。。。定番の横置きの簡易金封をおめかししてあげようと、あれこれ試作しております。
これは、男性が使える雰囲気で。

もともと、水引結び(淡路結びなど)がどんと中央にある金封を使うほどはないのだけど、
茶封筒や白封筒ではなんだか悲しい。
というときに使える「簡易バージョン」で作っている金封ですので、
あまりにおめかししすぎるのも本末転倒です。

あくまでシンプルに

が基本ですが、
油断するとどんどん華美に傾く性格。ーー;

画像のタイプは茶の千代紙のボリュームが多すぎますね。
もう少し柄和紙が占める面積を小さくして、再挑戦です。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃






2016年11月01日(Tue)▲ページの先頭へ
手漉き和紙も機械漉き和紙も好き

最近ぽち袋ばかり作っておりますが、
これはいただきものの草木染手漉き和紙を使ったポチ袋。

筑前秋月和紙処さんの手漉き和紙で作っているときも思うのですが、
手漉き和紙ってやっぱりあたたかな感じがします。
仕上がったものもそうですが。

作っている間、指先から伝わる柔らかさがそのまま仕上がりの表情へつながってゆくように思います。

しかし、
わたくしは、機械漉きの和紙も好きなのですよ。笑

機械漉きには機械漉きの良さがいろいろあります。

其々の特性を生かしたモノを作れるようになるといいな。

思っています。

霜月です!^^
充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年10月31日(Mon)▲ページの先頭へ
檀紙風エンボス封筒

先日upしたメモ紙はこの封筒を切り出した後の残り紙利用でした。
エンボスが、それほど力を入れずともくっきり入り、
しかもホールド感がある和紙と、
それほど硬いわけでもないのに、
入りにくく、ぼんやりしがちな和紙があります。

基本的に洋紙はあまり使わないので、そちらの方はよくわかりませんが、
この「檀紙風」と言われて求めた和紙は、何度も言っていますが、
非常にエンボッサーとの相性がよく、
使っていて気分がよくなるほど。笑

でこぼこがあるので遊印は捺しづらく、
そして、筆書きで宛名を書く場合は、若干コツも必要ですが。

何にでも、相性ってありますね。

この封筒は郵送用で使えるサイズで作ったので、
自分で使うときには、別の手契り和紙などに宛名を書き、
貼り付けて使います。

簡易金封(紙幣を折らずに入れられるサイズ)のサイズで、
作っておくと便利かも。

用途を限定しないシンプルなものは、
作ったときは少々物足りなさを感じますが、ストック品としては重宝します。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2016年10月28日(Fri)▲ページの先頭へ
幸を祈るメモ用紙

封筒を作った端紙で作った幸を祈るメモ用紙。^^
想像以上にうまくできた副産物に顔がほころんだ午後。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年10月26日(Wed)▲ページの先頭へ
そのくらいの「想い」では間に合いません

最近は瓢だらけの日々ですが、
この少々横たわり気味の瓢の中に自分の名前を入れてみたい。
と思いつつ、なかなかたどり着きませんが。。。

既存の「瓢吉相印」のように、印相体できれいに収めてしまうのもよさそうですが、
少しはみ出した感じで名前を彫刻するのもよいかな。。。
お店の看板みたいかな。。。など
思いつつ。。。たどり着けず〜。

最近よく作っている「横書きのひとこと箋」を自分でもよく使っているのですが、
その時に小さな小さなお名前印があるとかわいいだろう。

と思うわけです。

小さくなると書体にはこだわれませんので、
印影全体の雰囲気というかデザインで勝負という感じになりますが、
パターン化してしまうのか、
瓢印とお名前印と別々に持って、使う人の自由度を残すのか。。。

早く作ってみたいのですが、お正月に間に合うかなぁ。

などとぼんやり思っているうちは間に合いません。

ということだけは、はっきりしています。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2016年10月24日(Mon)▲ページの先頭へ
裏捺しで

画像は、文香を贈るときの折形。
この折形は、表の顔の部分に、
裏から「鹿の子」スタンプを捺しても、
中の文香への色移りを気に掛ける必要がないカタチです。

展開した画像を撮っておらず、
文章ではうまく伝わらないかもしれませんが。

「鹿の子」スタンプも「たて縞」スタンプも、
和紙の裏から捺してあげると、
少しおこちゃま感が薄れると申しますか、
さりげなく使える感じで、
表に捺している「柘遊印」の存在感が際立つように思います。

また、
裏から捺してあげると、少々色むらがあっても大丈夫なのと、
濃い色目のスタンプパッドの色味でも、
和紙を通して少し柔らかく微妙なニュアンスがだせるので、
わたくしはもっぱら裏捺しです。

ただ、折形や紙ばさみなど、
何かを包むものに印を裏捺しする時は、
中身へ色移りしてしまいますといけませんので、
気になるときは、薄紙を挟んだりしますが、
これは余計なものという感じも否めず。

本来なら、早めに作っておいて、完全にスタンプ印影のインクが乾いてから使用すべきですが、
その場で作ってすぐ包みすぐ送る。
という状況であることが多く、
やむを得ず薄紙の登場となっているわけですね。。。


新作を出すといつも。。。ではありますが「瓢つなぎ」エンボッサーに自分ではまってしまい、
これしかない
という感じで使いまくっております。

1枚でも年賀状を!と思いつつ、
どうしても!気が乗らない。

まったく。ーー;


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年10月17日(Mon)▲ページの先頭へ
いろいろ作ってます!

今秋の秋月販売用の色々を作るために、
先日「筑前秋月和紙処」さんで和紙を求めてまいりました。

運よく、「枯れ紙」と表記されていたと思いますが、
筑前秋月和紙処さんで何年か寝かせた和紙が出されていて、
嬉しかったです。

家で寝かせていても(というより、使わずに置いているだけですが)、
なかなかあの色にはなりません。

真っ白から薄い生成りというかベージュというか。。。少しパリッと感が出ているような気もしますし、
とにかくお気に入り。

今回、「文香」と「金封」をと言われておりますが、
せっかくなので、ぽち袋や、
ひとこと箋(と箋ばさみ)
封筒タイプの簡易金封なども作ってみました。

まだ途中ですが、
我ながら早い着手に自分を褒めまくっております。

そこで止まっちゃってねー。となることなく!
最後まで早め早めで納品できますように。


と自分に祈る。


写真を撮りましたらまたご紹介させていただきます。^^

紅葉の秋月へお越しになられる時は、
是非是非、杉の馬場中ほどの「旧鎧さん」へもお立ち寄りくださいませ。

今日もここに来てくださってありがとうございます。
九甘堂 古賀あき乃


2016年10月15日(Sat)▲ページの先頭へ
せめて表だけは

10月に入ってから。。。一日の終わりがやってくるのが異様に早く、
今日が何曜日なのか。。。何日なのか。。。そういえば3行日記もしばらくつけていないような。。。
と思っていたら、
既に半月が過ぎようとしておりました。

まじでびっくり。

なんて。。。年不相応な言葉が出てしまうくらい、驚きました。今朝。笑


毎日、発送日やご入金日やご注文日等々。。。日付けはたっぷり見ておりますのに。

見てはいるけど、頭に入っていない。

というのはこういう感じか。

と、思いますが、
びっくりするような売り上げが上がっているわけでもないのに、笑
どうしたことでしょうね。

心身ともに回転が悪くなっているだけかな。
がんばっているつもりだぞ。

てなことを、妙に力んで思っていると、
階下から義母の大きな咳払いがタイミングよく聞こえてきて、


「年をとればわかる。と、いつも言っているではないか!」


と、扇子で机をたたきながら言われたような気分になってしまいました。^^;



ともあれ、2度目の挑戦で枝垂れるタイプの「紫式部」の苗を求めてまいりましたので、
今から植え替えだけはしておこう。と思います。

前回は、空から枝垂れさせようとハンギングタイプに植えてみたら、
枝垂れるどころか、何が植わっているのか見えませんけど。のままで
お亡くなりになったので、
今回は下に置き、ポットにはこの子だけを植え、しっかり観察しつつ育てます。

楽しみ。^^
たわわに枝垂れる紫式部になるはず。予定では。


草ぼうぼうの家の裏も気になりつつ。。。
自然に枯草になるのを待つかな。
などと、裏側には全く熱意を持てず、
せめて表だけはきれいにしておこう。と心に誓う土曜日の夕方。

楽しい週末を
古賀あき乃


2016年10月11日(Tue)▲ページの先頭へ
「瓢つなぎ」のエンボス

「遊楽の印和(ゆらのいんのどみ)」の新しいエンボッサー「瓢つなぎ」が完成しました。^^

まずはいろんなものを作って遊んでみたいと思います。
くっきり押し型が取れ、
しわにもなりにくくよい子です。

ごくごく薄い半紙には、若干の力加減も必要ですが、
年賀状などの葉書にもきれいにエンボスできます。

年賀状のサンプルも1枚くらいは作らねば!

顔晴ります
充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年10月06日(Thu)▲ページの先頭へ
今年の秋は

矢のように日々が過ぎており、年賀状のサンプルは一枚もできておりませんな。
そういえば。

どうしよう。。。

と、ぼんやり悩んでも、コトは進んでゆきませんので、
まずは「瓢つなぎ」のエンボッサーに望みを託し、
年賀状の文字は頭から消しております。

週末は、所用で実家へ行きますので、
いつも以上にシゴトを持ち帰り、
母に食事の用意をさせ、
もくもくと作業に徹する予定。

往復の時間を除けば、
家事その他にかかわる時間がないため、
家にいるよりは数段仕事も進む実家ですが、
全ての仕事道具を持ち帰ることもできないため、
下準備に関することをひたすらやります。

何にしても有り難いのは元気な親です。^^;


紅葉の秋には。。。
数年ぶりに筑前秋月和紙処さん(秋月のイベント販売)のところで
古賀の文香や金封など販売いただくというハナシもあったな。

って。。。古賀って誰?

てな感じですが。


顔晴れよ。古賀。


と、
毎日己を叱咤激励状態。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年10月04日(Tue)▲ページの先頭へ
あと一歩の「笑み栄ゆ」

遊印の新作予定「笑み栄ゆ」。
もう少し肉太のイメージで。。。と思い、微妙なタッチで修正しているため、
なかなか己の思う最終ラインまでたどり着いておりません。

しかし、あと一歩。

もう一つのブログで昨日ご紹介した新作エンボッサーの「瓢つなぎ」も最終の版下が決まり、お願いしました。


来週には、どちらも完成する予定です。^^


新作の遊印はあと2種類くらい。。。と思いつつ、
なかなか着手できずにおります。
いつもながら、少し涼しくなって来ないと、冬物をイメージできず。
昨年作りかけた版下があったはず。。。と
ひそかに希望を繋いでおりますが、
「確か。。。作りかけていた。」という自分に期待している今年の自分。

プロフェッショナルには程遠い感覚。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年10月03日(Mon)▲ページの先頭へ
チョコレート色

鹿の子スタンプのチョコレート色捺し。
半紙の裏側から捺しています。
このスタンプパッドは、
九甘堂でもお取り扱いしております「tukineko」では、
「ブラウン」になっていますが、
「kodomo no kao」(これもツキネコではあります)では「チョコレート」となっています。

このスタンプパッドを使っていると、
冷蔵庫へと思考が飛び、チョコレートの位置を探す自分が浮かんできます。

チョコレートや熱いコーヒーがおいしい季節になってきました。
と、
思いきや
神無月に入り、夏の暑さが戻っておりますが。。。

台風の影響でしょうか。

今回はまともにきそうで、怖いわね。

と、
昨日ご来店のお客様はおっしゃっておいででしたが。。。
早めに元気がなくなることを祈るばかり。

今日もどうぞ。。。よい一日でありますように。。。
九甘堂 古賀あき乃


2016年09月27日(Tue)▲ページの先頭へ
ひとこと箋を横から出し入れする

先日ちらとお話しした新しい「ひとこと箋ばさみ」。
今まで作っていたこちら↓のような縦書用のひとこと箋ばさみのカタチを少し変えてみました。

A4サイズの紙で2つ作ることができます。(中のひとこと箋は別の和紙を使っています)

横から差し入れるカタチのほうが、
ひとこと箋の出し入れはしやすく、
出し入れがしやすいように仕立てることをさほど気にせず、
作ることができます。

って
よくわからない表現ですが、
お作りになったことがある方は、おわかりいただけるでしょうか。。。

縦向きに差し入れるか
横から差し入れるか

だけの違いですが、
随分雰囲気も変わり気に入っています。

しばらくこの子で遊びます。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


1 2 3 4 5    全123件


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2016年12月
       

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (38)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (10)

アクセスカウンタ
今日:1,490
昨日:3,505
累計:5,606,967