遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ) - 2016/01

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2016年01月29日(Fri)▲ページの先頭へ
わら半紙が届いた

昨日はせっせと発送時に必要なあれこれを作っておりました。
久しぶりにパソコンの前で終日作業。
珍しく眠気を催さず、我ながらびっくりですが、
頼んでいた紙が届いたからかもしれません。

ずっと探していた「わら半紙」。

何度か取り寄せたことがありますが、
使用目的としてプリンターをうまく通らないといけない。
ということがあり、
なかなか思うようなわら半紙に巡り合えず。

小学校の頃の、配りものの紙。が、求めていたイメージですが、
お安い紙
と思いきや、妙にお高いものもあり、
かといって使えるわけでもなく、
半ば諦めておりましたが、
やっと巡り合えたねという感じのほどよいわら半紙がやってきてくれました。^^

そのわら半紙に印刷するためのあれこれを、作っていたわけですね〜。

紙を使いたいばかり、で一瞬の眠気すら感じなかったとしたら、
それはそれで、呆れる自分ですが。

順次、この「わら半紙」バージョンのあれこれが、
のどみ達と一緒にお手元に届くようになると思います。

商品の種類も増え、説明書のようなものは増えつつも、
その都度、付け足して作ったものは充分でもわかり易くもなく
ブログやネットショップをまったくご覧にならないお客様も多くなり、
と、いろんなことを鑑み、少しずつ刷新しております。

紙以外の何が変わったんだ!
と言われそうですが、
少なくとも作ってお送りしている己の気分は変わり、
やる気が満ちております。

どうぞお楽しみに。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月28日(Thu)▲ページの先頭へ
楽しく待つ

桃の節句に向け、さくら色と黄緑の組み合わせで
なにか作りたいと試作中です。
なかなかupできるほどのものが仕上がらず。

ぽち袋ばかり作っても芸がないしな。
とか。
思いつつ、
わたくしは、ぽち袋好きなのですよね。笑
基本的に。

己のプライベートで、頻繁に使うのか?
というと決してそのようなことはなく、
むしろ、簡易金封と呼んでいるこのタイプの出番の方が圧倒的に多いのですが。


単に小さなものが好き。
というだけかもしれません。


ちょっと気合いを入れて時間を作らねば、
スキマ時間ではなかなか試作まで行かず、

手順が決まっている作り物の手順の一部を作る。
という感じで終わってしまい、
なかなか新しい領域にまでたどり着けません。

そんなことを思いながら毎日を終えてしまうと、
又あっという間に年末ですので、笑
時間は意識して産み出さねばなりませんね〜。

というわけで、
桃色と黄緑の組み合わせで作る何か(多分ぽち袋ですが。−−;)
自分も楽しみに待ちます。笑


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月26日(Tue)▲ページの先頭へ
ホームセンター好き

雁皮紙に色付けしたもので巾着袋を作ってみました。
なかなかきれい。

いくつも作ってしまいました。^^;

さくら色の和紙を最初から求めればよいわけですが、
特に半紙は。。。色がついたものって見たことありませんので、
これだけきれいに色が付けられると、
かなり貴重かもしれない。

と、最近改めて思います。
ほんとに簡単にきれいに色づいてくれるのです!

というわけで、
昨日は、「わかくさ色」という色で挑戦。

桜色の次は若草色
いや
若草色って桜の前か?

などと思いつつ。。。これもなかなかうまくゆきました。
まだ、何も作っていないので、画像がないのですが。


桃の節句は、
「白色・桃色・緑色」と習ったことがございます。

全部持ってるもんね。

と、嬉しくなりますが、
ここのところ、とっても気になっているのが茶色。

ちなみに、こげ茶色というのもあって、
棚の前で、どっちにしようかとすごく迷ってしまい、今回は見送り。

まずは、「わかくさ色」をマスターすべしと、この子だけ連れて帰ってきました。

あとマット・艶消し白
という子もたいそう気になっていますが。^^


もうはまっちゃって、笑
全色お買いものかごに入れてしまいそうになりますが、
いちどに新しい子たちに囲まれると、
気が散ってシゴトも雑になり、結局どれも使いこなせず終わりますので、
かまん。

少しは己の性格を自覚し、自重できるようになっております。

と、いうわけで
ホームセンターのペンキ売り場に、頻繁に出没しております。
そして、必ず。。。用もないのに、時間もないのに一周してしまう。
工具売り場と、工具入れ売り場、木材売り場は必ずチェック。

我ながら、買うものも、目的もないのに、何やってんだと思いますが、
必ずまわってしまいます。笑


雪も止んだようです。
週末はまた気温が上がるようですが。
取りあえず、今朝は、転ばないように銀行・郵便局を回らねば。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月25日(Mon)▲ページの先頭へ
なんということでしょう

取りあえず降るのをやめてくれたような感じですが。。。
この雪。
スキー場以外で、生まれてはじめて見る積雪量。
今から家の周りの点検と雪かき。
みなさん転ばないようにしましょうね。

よい一日を
九甘堂古賀あき乃


2016年01月22日(Fri)▲ページの先頭へ
これに決めよう

巻物風の包み。
桜の友禅紙で作ってみました。

モノを和紙で包む

ということで、いろいろ試行錯誤してきましたが、

接着剤は最小に
開閉自在で、再利用ができる。
あるいは
収納するモノとして使い続けることができる
包み終えた時に安定感がある(まっすぐ両手で持たないと包みそのものが崩れるなど)
深さ(高さ)のあるものも一緒に包むことができる
ストックできる(包むモノのサイズを狭く限定しない)
包み終えた姿が愛らしく、開いてゆくわくわく感があること

などなど

すべての要件を満たす包みはなかなか見つかりませんが、
巻物風の袋は、中に入れるモノのサイズもある程度幅を持たせることができますし、
袋自体にマチがなくても、ある程度のサイズを確保しておくと高さ(厚み)のあるものもゆっくり収まります。

そして、作るのが簡単。

ここのところ、贈り物用のサンプルということで贅沢に友禅紙を使い、
雁皮紙で内貼りまでしておりますが、
内貼りは必ずしも必要ではなく、
少しハリコシ感のある無地の和紙で作っておくと、
エンボッサーや遊印でおめかしすることもでき、重宝しそうです。

古賀の紙ばさみも
ぱたぱた開いてゆく楽しみがあり、自分でも気に入っておりますが、
厚みのあるものを包めないという難点があります。

と、画像を探しましたが、なかなか開いたところを撮っておらず。。。
こんな感じが

こうなります

ぽち袋や金封などストックしておき、必要な時に必要なものをさっと取り出し使う、
そして足りないものをひと目で確認するという目的のためには、
とても良い収納道具でもあります。
包む紙のサイズを大きくしてゆくと結構何枚も包むことができますし。
厚みのない紙モノの収納目的の包みという感じでしょうか。

というわけで、己の未練に見切りをつけ(実は紙ばさみにこだわっていたわけですね〜、^^;)
九甘堂のラッピングバリエーションとして、
「巻物風の包み」を加えてゆこうと思います。


週末にいろいろ試作できるといいのですが。
厚手の大きな無地和紙に色付けしたので、使ってみようと思います。

すごく冷え込むようですし。
お篭り用に今日は食料を少し買いだめておかないと。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月21日(Thu)▲ページの先頭へ
春色の折形・ぽち袋編

さくら色の半紙で作った折形・ぽち袋サイズです。
もともとの半紙の色が生成り色か、真っ白か?
でもさくら色の出方が若干変わりますし、
もともとの半紙が持つ紙の力。
とでも申しましょうか、
その紙が持つ個性によっても仕上がりの雰囲気が変わりますので興味が尽きません。

まだ色付けを楽しみ始めて10日ほどしか経っておらず、
色づけされた和紙たちが、今後どのように変化してゆくのか楽しみでもあります。

変化しないのかもしれません。
今の姿を見ていると、
そのほうが望ましくも思えますが。

それもまた。。。その和紙が持つ特性によっても違ってくるのかもしれません。
気長に観察したいと思います。^^


ここしばらくは、ものすごい!寒波の影響がある
と盛んに気象予報で流れておりますので、
昨日は、外出用事を済ませるべくあわただしく過ごしておりました。

車で移動することが主となる生活では、
雪が降るとお手上げです。

タイヤを交換するとかいろいろ。。。できませんので、笑
徒歩圏内の用しか為すすべがなくなります。
タクシーもなかなかやってきてはくれないのです。

台風や積雪で、交通機関が乱れるようなときには。。。
通勤しないで済むって有難い。
と心底思います。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月20日(Wed)▲ページの先頭へ
春の温もりを

ここのところ凝りまくっている和紙の「さくら色」化。^^
なかなかうまく画像が撮れませんが、
これは、書道半紙に色付けしたものをいつもの折形に仕立てたものです。
昨日は、合間合間にぽち袋タイプも折ってみました。

色付けしておいた半紙を全部折ってしまったので、
雪が舞う中、窓を全開にして寒風に耐えつつ、再度色付け作業をしましたが、
この根性。いったいなんだろう?
と思いましたね。ーー; 我ながら。

でも
きれいに桜色に染まったたくさんの和紙たちを見ていると幸せな気分になります。

なかなか最終的に仕立てるところまでたどり着けず、
せっせと色付け作業だけ進めておりますが、
しばらくは、「遊楽の印 和(ゆらのいん のどみ)」の発送時に書いている手紙も、
この色付けした雁皮紙を使おうと思っています。


昨日墨がうまくのるのか?試してみましたが、大丈夫でした。^^
お手元に届いたら、
来る春の温かさを少しでも。。。感じてくださいね

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月19日(Tue)▲ページの先頭へ
春のお祝ぽち袋

色を付けていない^^半紙で作ったぽち袋です。
昨年末から結構作っている折形で。
折り返し部分に、桜模様の友禅紙を挟み込んでいます。
散らして押しているのは「散り桜」のエンボッサー。

このぽち袋サイズの折形は、
紙幣を折らずにお包みする金封サイズに比べると、
気軽な額の(^^)御祝いなどに便利です。

わざわざ。。。というほどではないけれど。。。
心ばかりではあるけれど「おめでとう!よかったね!これから顔晴ってね!」のきもちを伝えたい!時に。


色を付けた半紙でも作ってみようかな。。。

ここのところ凝っている和紙への色付けですが、
色をのせると、
どのようなインク(顔彩やスプレーなどなど)であっても、
少し紙に厚みというかハリ・コシがでます。

いつもは、ちょっと頼りなく感じる半紙で作る折形も、
少しですがパリッとしっかり感がでて、
また趣が変わり、おもしろいのです。

しかし、
一度水分を含んだ紙が乾いたという感じはありませんので、
乾いた時の紙のうねりのようなものはありません。

扱いやすいです。

場所と換気さえ確保できれば。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月18日(Mon)▲ページの先頭へ
すべてが桜色

今年になってからちょこちょこ登場の水引「梅結び」。
今まで作っていた「あわじ結び」にふたつ花びらを足した形です。

わたくしは、水引の結びを膨らませながら仕上げてゆきますので、
5つの花弁に見立てたふくらみが、
よりふっくらとお花らしく見えるようで、気に入っています。

水引きに関しては、
あまりデコラティブな凝った結びには興味がなく(結べないだけ。ということもありますが)、
オーソドックスだけれど、
ちょっとかわいらく見えるように。。。と思い作っています。

相変わらず画像ではよくわかりませんが、
半紙に色をのせております。

作るものすべてが桜色になっている今日この頃。^^

しかし、
ピンク色っていいですね。
キモチも和らぐようです。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月15日(Fri)▲ページの先頭へ
梅結びの巻物

ずっと以前に戴いていた源氏香図の和紙です。
アイボリーの地色に金で散らした源氏香図がとても上品で、
例によってずっと使えずに眺めておりました。

このたび、巻物になって初登場です。

画像のサイズは小さ目で、
ちびぽち袋とか、飴玉や小さなチョコレートなど。。。
くらいしか巻けませんが、
「遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)」を贈るときの包みとしては最適サイズ。

ここのところよく作っている水引の「梅結び」を紙紐の先端につけてみましたが、
どうしても後ろ向きになってしまう「梅結び」

わたくしの付け方が悪かったのでしょうが、
難易度は上がりますが、
水引きを紐代わりにして先端を梅結びにすると、
もっと良いかもしれません。

再挑戦です。^^


今日もよい一日でありますように
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月14日(Thu)▲ページの先頭へ
電話でも

しばらく寒中らしい寒さが続くようですね。
昨日は家の中で息が凍りました。ーー;

画像は、桜の時季に使いたいぽち袋ですが、
大好きな濃紺地の友禅紙をベースにシックなイメージで。

ぼんぼりの遊印の雰囲気にあわせて、
中央を薄い和紙で貼り換えてみました。


そう言えば、
今日は、弟の誕生日だな。。。と思い出す。

お互いマメなタイプではないので、
よほどのことがない限りはメールや電話もしませんが。。。

たまに会って顔を見るとやっぱりほっとします。

電話でもかけてみるかな。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2016年01月13日(Wed)▲ページの先頭へ
ふんわり桃色の半紙折形

少し上手になった和紙の色付け。
いまひとつ画像がよくありませんが、
春に向け、さくら色をベースに練習中です。

画像は、いつもの半紙で作る折形ですが、
手漉き和紙にも色を付け、文香もお揃いで作ってみました。

かわいらしい桃色の金封というのも素敵かもしれません。
これから桃の節句や春の御祝いシーズンにも使えそうです。

まだそこまでいっていませんが。^^;

また見てやってくださいね。

今日もどうぞよい一日でありますように。。。
九甘堂
古賀あき乃



2016年01月12日(Tue)▲ページの先頭へ
和紙に色をつける

昨日は、カメラと格闘しておりましたが、
どうしてきれいに撮れないんだろうなぁ。
説明書を読んでもさっぱりわからず。

というわけで、実物はもう少しきれいなわけですが、^^
昨日はせっせと和紙に色付けをしておりました。

和紙といっても、薄い半紙から厚手の半紙、機械漉きのしっかりした和紙から檀紙まで、
様々なものに色を付けて試しておりましたが、
おもしろいけど難しく。

なかなかこれだ!というところまではゆきませんでしたが。

上の画像のちびぽち袋は、わかりにくいですが金色をうっすらつけております。

和紙のみの画像は、
桜色をベースに、金色や銀色、白などを重ねております。
下の和紙にもよりますが、
アップで見ると砂子のような雰囲気ですね。。。

もう少ししっかり乾いてから、何か作ってみようと思います。

肉眼で見るともう少し自然と色が刷いたようにはいります。
うまくゆけば

ですが。^^

もう少し練習し、
材料や方法なども。。。お知らせできたらと思います。

いつもお世話になっているお客様から教えていただいたアイディア。
知っているけど、
思いつかなかった!という目からウロコの道具でした。^^

引っ張っております。笑

今日も充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月08日(Fri)▲ページの先頭へ
今月のお便りセット

睦び月のお便り(便箋と文香、折形)です。
お正月はやっぱり神様印に登場してもらいたく。。。^^

根引き松のゴム印は、バニラ色のスタンプパッドで捺して背景に散らしてみました。
皆様の今年一年の平安と幸せを祈りながら、ご準備します。。。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月07日(Thu)▲ページの先頭へ
深い欲

「遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)」の贈答用でお選びいただくラッピングの種類を少し増やそうかな。。。
いや減らすことになるのかな。。。
まだ思案中ですが、試作品を作っております。

昨年夏くらいでしたか。。。
巻物風に包むタイプをいろいろ考えては試作しておりましたが、
決定打がないまま忙しい時季に入ってしまい、
そのままに。

今は、大きく分けて

和紙で包む
箱に入れる
和紙巾着袋に入れる

の三種類ですが(確か。笑)、
和紙で包むと和紙巾着袋に入れる
というタイプを、巻物風に統一してしまおうかと思っています。

和紙で包む

は、遊印のみでしたらよいのですが、
いろんな種類の商品が混在すると、
非常にまとまりが悪く、
うまくゆかないことも多いためです。
と、ここでも何度も愚痴っておりますね。−−;


すべてまとめてお包みしたものを、
その不安定さゆえに更に紙袋(手提げ袋)に入れる
というのが好きではなく、
お持ちする時には風呂敷を使っていただきたい
と思いますが、
指示するわけにもゆかず。笑


過剰包装になることを避けたい気持ちと、
丁寧さは残したい気持ちと。

簡単な作り(包み)ではあるけれど、
手渡された瞬間の、かわいらしさと存在感。上品さ。端整な雰囲気。
は欲しい。

と、己の欲の深さに溺れそうですが、
感性と技術は、欲の深さには遠く及ばず、
何とかしたいと思いつつ、もう何年経つんだろう。


包み自体が再利用できるようなモノであれば、
過剰包装にはならないのかもしれない。
という少々姑息な案に逃げつつありますが、
包みそのものを買うほどのことはないのよね。
ということもあり。


こどもの頃に遊んだ「お店屋さんごっこ」さながら、
試作しだすと、思わず夢中になってしまい、
関係ないものまで包んでみたりして、
何のための試作か忘れてしまっていることもありますが、
今は「ごっこ」じゃあないので、
自分だけ楽しくてもいけません。(当たりまえ)

もう少し練ってみます。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年01月06日(Wed)▲ページの先頭へ
そういう「感じ」

皆さまお久しぶりでございます。
さぼりまくっていた昨年師走より。。。
あまりに期間があいてしまうと、
ログインもできなくなってしまっており(パスワードを今さら聞くなよ〜。覚えていない自分。汗)しょっぱなから焦ります。


まずは心身共にいつものペースに戻さねばなりませんが、
最近思うのは、
ペースを戻さねばならないこと自体が「変よね」。

多大な労力がいるわけです。

それは、
しっかり休んだつもりが、
ほんとうの休養にはなっていないような気もする瞬間であり、
休み方が間違っているのかも。
と思う瞬間でもありますね〜。


いろいろ。。。笑
考えてゆかねばなりません。

いつまでたっても、がむしゃらだけではつまりませんし。

自分に馴染む生き方というか、
日々の過ごし方というか、
このペースで過ごしていると、疲れにくいとか能率も良いとか。。。
そいういう「感じ」をつかんで、実践してゆけることを目指しつつ。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。^^

九甘堂 
古賀あき乃


   


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2016年1月
         
           

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (39)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (11)

アクセスカウンタ
今日:3,239
昨日:4,034
累計:5,623,999