遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ) - 2017/02

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2017年02月27日(Mon)▲ページの先頭へ
エンボッサーを入れる底マチ付きの袋

エンボッサー(本体付き)をラッピングするための底マチ付きの袋を作ってみました。
少し太めの紙紐に「和」の革タグを通し、
遊印を捺したシール(和紙)で留めます。

底マチ付き封筒を作る和紙を、
洋紙を含め、いろいろ変えてあげると。。。楽しそう。^^

友禅紙や千代紙の切り貼りにも挑戦してみよう。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月23日(Thu)▲ページの先頭へ
洋にも和にも使えそうです。

微妙にずれておりますが、「立涌」文様スタンプ連続捺しのひとこと箋。
これは、バニラスタンプで捺しています。
昨日、もう一つのブログでご紹介した色は「カナリー」です。
かなりはっきりした黄色で、スマッジー用に仕入れていたのですが、
それ以外では、なかなか使えずにおりました。
この「立涌」文様にはぴったりです。
春先におすすめの色。

この「立涌」文様スタンプは、新作決定。

間を塗りつぶしたいタイプも、欲しいと思っていましたが、
この線のみのタイプだけでもいいかなぁ。。。
と思ったり。
十分足りてしまった。という感じですが、^^
もう少し使ってみながら考えようと思います。
Posted at 07:42 by kino Permalink 和 新作


2017年02月21日(Tue)▲ページの先頭へ
「結」遊印

昨日試作した遊印を使って作ってみた文香。
「結」という文字印です。

「ご縁を結ぶ」「心を結ぶ」「想いを結ぶ」。。。

古来より日本人は「結ぶ」という行為に特別の想いを込めてきたように思います。

用意した品に、白い紙を掛け水引を結ぶとき、
着物の帯や紐を結ぶとき、
したためた文を結ぶとき。。。
その結び目には魂(想い・願い)を込めるという意味があったのだと想像します。

もう少し手直しをしつつ。。。
小さな文字印として新作予定です。
朱文と白文と迷うところですが、
大きな文字印も試作はしてみようと思っていますので、
大きな文字印は朱文で、小さなものは白文印で登場するかもしれません。


また。。。
週末に描いた!新しい文様ゴム印も作ってもらっていますので、
明日あたり。。。また何か作ってupします。


立涌(たてわく・たちわく)という文様ですが、
瓢を繋いだようにも見えるこの文様が大好きで、
自分の好きな色合わせで作ってもらった千代紙も持ってるもんね。笑

立涌という文様自体は
曲線のみのシンプルな文様ですが、
そのシンプルな曲線文様をベースに、雲や植物文を加えて様々な文様を作ってゆきます。
雲立涌とか松立涌とか。。。ご存知の方も多いと思います。

今回は、ベースになる曲線だけのもの。
線だけのモノをまず作ってもらいましたので、
使ってみて。。。塗りつぶし部分を作ったものも作ってみようと思っています。

昨年作った「鹿の子」スタンプや「たて縞」スタンプがよく働いてくれ、
便利なので、新しい文様スタンプを。。。というところ。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月18日(Sat)▲ページの先頭へ
春を前に

この桜の遊印は、「遊楽の印和」発売当初からいる子ですが。。。
使える期間が短いせいか、飽きずに毎年必ず使っています。

文香に使っている「光風春を動かす」の遊印は、バニラスタンプで背景に。
桜の遊印も繊細な印影ですが、
繊細な印影同士でもなぜか喧嘩しない、相性のよい組み合わせです。

文香をおさめる折形には、
最近手放せない「幸を祈」遊印をバニラスタンプで背景に捺しています。



というと、幸せや希望や新しい場所、新しい出会いのための別れなど。。。
明るい未来の予感や兆しを感じます。

あとひと月もせずに。。。開花が気になる頃となるのですね。
今年も美しい桜たちに出会えますように。


そんなことを想いつつ、新しい桜の遊印を試作しておりますが、
なかなかこの子を超える子がでてこないのは、
単なる己の努力不足とも思う今日この頃。

今週末は真剣に取り組もう。

思っています。


そして、今度こそカタログを作り変えるべく、
フォーマットを作っては、印を捺し続けておりますが、
少し遊印たちの整理もしてゆこうと考えています。


こういう作業は苦手で、なかなか進みませんが、
エンボッサーのカタログ(カード)は、
少しプリンターのお世話にもなることにして、
手作業感丸出しの不揃いなカードが、きれいなカードになりつつあります。

手作業感も、「温かさ丁寧さ」として伝わる分には○ですが、
「粗雑感」が露骨だと相当問題あり。

己的にも、
一所懸命作った後の達成感はゼロで、
疲労感と自己嫌悪を足すとマイナスに。

一所懸命の意味がない。


わかっているならちゃんとやってね〜。

ついつい「めんどくささ」に負けてしまうこの性格を何とか矯正したい。
死ぬまでに。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月13日(Mon)▲ページの先頭へ
縦じま文様と檀紙風

和紙柄を内貼りした封筒タイプの金封をせっせと作っております。
もはや簡易金封とは言えない姿ですが、
和紙が重なり厚みが出ると、
安定感が増しよい感じ。

一枚仕立ては、一枚仕立てで存在価値があり、
状況に合わせていろいろあると便利なもの。
画像は、熨斗位置になんとなくそれっぽく水引をつけましたが、
水引をつけないと、もっと汎用性も広がります。

表側は真っ白の檀紙風の和紙ですが、
頂きものののかっこいい縦じま文様の和紙とあわせてみました。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月07日(Tue)▲ページの先頭へ
後回しにしない

ショップで管理している画像をチェックしていたら、昨年はほとんど整理していないことに気づく。
ということは、昨年はショップには新しい画像をほとんどupしていないってことにも気づく。

苦手な作業を後回しにしない
と決めたのに、ものすごく後回しになっているじゃないか〜。

とりあえず、ショップへ画像をupしておき、
こま切れの空き時間を利用し、ページを作り変えてゆこうと誓う。

iPadがあるじゃないか。

地道にやっていれば、そのうちどちらも使いこなせるようになるはず。


昨日は久しぶりに簡易金封を作ったら、紙遊びに火が付き
激しく「何か作りたい」熱が。。。

1月に求めてきた伊勢和紙を使いたくて仕方ないのだけど、
どうやって使ってあげよう。
最も綺麗に見えるカタチを考えているのだけど。。。

頭の中がすべて「〜だけど。。。」で終わる今日この頃。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月04日(Sat)▲ページの先頭へ
桃とぼんぼり印で

如月の組み合わせ。
立春の今日、春を先取り。
我が家の花桃が咲くのを楽しみに。。。

楽しい週末を
九甘堂 古賀あき乃


   


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2017年2月
     
       

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (23)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)

アクセスカウンタ
今日:2,849
昨日:3,577
累計:5,423,419