遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ) - 2017/09

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2017年09月29日(Fri)▲ページの先頭へ
秋のひとこと箋

和紙くるみぼたん。。。久しぶりに作りましたが、嬉しい出来。^^
この友禅紙で作るくるみぼたんがとても好きなのですが、
和紙に厚みがあり、若干硬さもありますので、
皺になりやすく、小さなサイズは特に作りにくい。。。

皺もまたよろし。。。
という感じありますが、
うまく柄を出せた時とそうでないとき等、
仕上がりの満足度はその都度違います。

縦書用のひとこと箋ばさみの背表紙に使っている友禅紙の柄の出方と、
なんとなくしっくりくる感じで仕上がった時は嬉しくなります。

最初から柄を合わせて友禅紙を裁断するとよいのですが、
商品として作っているわけではないので、
そこまではやっていません。

縁あって手元にやってきてくれた和紙達は、
余さず使い切るのが信条ですし。

今朝はかなり気温も下がっています。。。
長月もあと二日。。。本格的な秋も間近ですね。^^

今日も充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年09月27日(Wed)▲ページの先頭へ
もの想う秋

昨晩夜空を見上げると、三日月に雲がかかっていました。
今年の中秋の名月は10月4日でしたか。。。そろそろ上弦の月かな。

なんだか怒涛の8月と9月で、
ゆっくり考える時間も、眠る時間もないほど、次々と様々なことが起こりました。

それらのことが。。。
良かったのかそうでなかったのかは、
これからわかってゆくことかもしれませんが、
色んなことを想う秋となりそうです。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年09月25日(Mon)▲ページの先頭へ
新作「壺中之天」の柘遊印で作ったメッセージカード

自分の好きな言葉を遊印にしたい。
というのは常に思うところですが、
なかなか難しく^^;
そういう言葉がたくさんたまっているのですが、
今回新作で登場することができた「壺中之天」もそのひとつです。

年を重ねるたびに。。。
自分の好きな言葉は、
まさに自分の日常や信条に直結していることに気づきます。

困難な時期を過ごさなければならない時など、
言葉の持つチカラに救われることもあります。

試作段階から。。。
桐箱に捺してみようと思いつつ、まだ試しておりません。
試し捺し用にとってある桐箱を持ってこないと。

今日はたどり着けるかな。笑

九甘堂 古賀あき乃


新作遊印「仔犬」(中村芳中)です

新作「仔犬」(中村芳中)の柘遊印を使って
半紙でぽち袋を作ってみました。

ほんわり桃色に見えるのは、内側に仕込んだ手ちぎりした和紙です。

芳中のほのぼのとした絵の雰囲気を出したくて。^^

カートの準備も致しました。
ショップトップページからどうぞ。。。

たいへんお待たせいたしました
九甘堂 古賀あき乃


2017年09月22日(Fri)▲ページの先頭へ
壺中之天

鈴が鳴るメッセージカードを入れる封筒です。
帯よりも封筒のほうが、断然きちんと感はでますね。。。

このサイズのカードに封筒がふさわしいかどうかは別として、
小さなサイズは、なににせよかわいらしく、
無駄かなと思いつつ。。。ついつい作ってしまいますけど。^^


さて、
封筒の雪輪の中にいるのは、中村芳中の仔犬です。

そして、
来年の干支「戌」にあわせて、もう一つ新作の遊印を作っています。
どこを探しても画像がないのはどうしてなの〜。

今回の新作は3本ですが、
もう一つは「壺中之天」。

大好きな言葉でもあり、
忙しい時や、たいへんな時にはいつも思い出す言葉でもあります。

壺中天

壺中天有
と。。。
迷いましたが、
試行錯誤の結果「壺中之天」に決めました。
わたくしなりの解釈で。

お披露目まで今しばらく。。。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年09月19日(Tue)▲ページの先頭へ
メッセージカードを留めるもの

鈴を鳴らす
ということにこだわっています。

ぽち袋やメッセージカードの上にくっついている鈴から。。。
きれいな鈴の音を響かせるためには、
鈴が動いていなければならないわけですが、
くっついてる相手は和紙なので、
一点を強く固定すると破れてしまうキケンがあります。

軽くて小さな鈴ですので、
土台の和紙を破ってしまうことはめったにないでしょうが、
糸で縫い付けると、縫い付けた穴が次第に広がり、
見栄えが悪くなる(穴が大きくなってゆく)。

かもしれません。

もしかしたら。。。
思っているほど、糸穴は大きくならないかもしれませんが、
なるかもしれない。
と容易に想像できることは避けなければなりませんので、
別和紙を使うか、
紐や水引にに通して、そちらを貼り付けてしまう。

という仕様になっています。

今のところ。

しかし、
鈴を和紙に縫い付けてしまいたい。気持ちも捨てきれず、
そのように作ったものに、何かを出し入れしながら、
経過観察中です。

和紙がしっかりしていると、それほど気にする必要もなさそうですが。

基本、何度も繰り返して使うものでもありません。
耐久性をそれほど気に掛ける品ではないのですよね。。。

さて、
上の画像は、^^
先日からだいぶ作った鈴が鳴る縦書きのメッセージカード。

この縦書きのメッセージカードは、縦が85ミリ横50ミリのとても小さなカードですが、
封緘用の帯をつけると、どうも具合が悪く、
袴をつくってみました。

封筒に入れてあげるのが、最もおさまりはよいのですが、
きちんとしすぎる感もあり、
もっと気軽な雰囲気を出したくて。

だいぶ作りましたが、
やはり帯のほうがきれいかも。笑

メッセージカードのサイズをもう少し変えるとよいかもしれません。

袴も悪くはない。
と思いつつ。

往生際悪く。。。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2017年09月12日(Tue)▲ページの先頭へ
鈴が鳴るメッセージカード

和紙で作ったメッセージカードを封緘する帯に。。。
鈴をつけてみました。^^

思わず振ってしまいますが、
「和紙くるみぼたん」と「鈴」と。。。代わりばんこにつけては試作しております。

しかし、試作って。。。
何のために。。。やっているんだろう?笑

新作の干支印は、9月22日up予定です。
もう少しお待ちくださいませ。

どうぞよい一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年09月07日(Thu)▲ページの先頭へ
新しい干支印や。。。

新作をいくつか作っています。
毎年出してきた「遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)」の干支印も。。。
最初の「戌年」にまた辿り着きました。

金石文字を中心に7.5ミリ角の印材を使ってひと廻りした干支印ですが、
ふた廻りめは。。。^^

お楽しみに。笑


わたくし自身。。。
とてもわくわくしている「干支印」です。

画像の文香は、「干支」印とは全く関係ありませんが、
わたくしの大好きな言葉を印にしてみました。

「壺中天」

自分なりの解釈と、
発声する時の「音」の持つ意味にこだわって、
遊印としては

「壺中之天(こちゅうのてん)」

として作ってみました。

もう少し使ってみつつ調整した後、
のどみの家族になります。^^

よい一日を
九甘堂 古賀あき乃






2017年09月05日(Tue)▲ページの先頭へ
制作意図と使い勝手

帯付きのメッセージカードです。
和紙くるみぼたんをお月様に見立てて。^^
ちょっと重い感じですね。
遊印を捺すために18ミリサイズのくるみぼたんが使いたかった。

「為」に作るとこうなります。


帯は、単なる飾りや留め道具というだけでなく、
封緘の代わりとして使いたいところ。

本来ならば、メッセージを書いた後、
帯を巻いて、どこか一点メッセージカードに貼り付けたあと、
お相手にお渡しするというのが順番ですが。。。

この帯付きのメッセージカード自体を贈り物としたい時は、
最初から封緘してあると、使えませんので、
「親切である」ことを考えますと、
帯に両面テープをあらかじめ仕込んでおく必要があります。

が、
安易に両面テープを使いたくない。

というこだわりと、
両面テープは、和紙との相性もありますが、時が経つと使っていなくても変色してゆきますので、
気になるところでもあります。

いちいち、糊付けして使ってね
とは言えず。

そしてきっと、言うのも、言われた方も忘れます。ーー;

いいかも

と思うアイディアも、
実際に使う状況までたどり着くと、
いまひとつ使いづらいとか、
めんどくさいとか
そこまでやる意図がわからないとか。。。笑

そう思いながら、身の回りを見渡してみると、
美しく機能的でシンプルな使い勝手
なものだけが「生き残っている」と改めて思うわけです。

要努力

^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


   


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2017年9月
         

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (91)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (11)
6月 (10)
7月 (9)
8月 (12)
9月 (9)
10月 (11)
11月 (1)

アクセスカウンタ
今日:2,236
昨日:2,888
累計:6,219,980