和を使ったアイディアいろいろ

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2017年09月19日(Tue)▲ページの先頭へ
メッセージカードを留めるもの

鈴を鳴らす
ということにこだわっています。

ぽち袋やメッセージカードの上にくっついている鈴から。。。
きれいな鈴の音を響かせるためには、
鈴が動いていなければならないわけですが、
くっついてる相手は和紙なので、
一点を強く固定すると破れてしまうキケンがあります。

軽くて小さな鈴ですので、
土台の和紙を破ってしまうことはめったにないでしょうが、
糸で縫い付けると、縫い付けた穴が次第に広がり、
見栄えが悪くなる(穴が大きくなってゆく)。

かもしれません。

もしかしたら。。。
思っているほど、糸穴は大きくならないかもしれませんが、
なるかもしれない。
と容易に想像できることは避けなければなりませんので、
別和紙を使うか、
紐や水引にに通して、そちらを貼り付けてしまう。

という仕様になっています。

今のところ。

しかし、
鈴を和紙に縫い付けてしまいたい。気持ちも捨てきれず、
そのように作ったものに、何かを出し入れしながら、
経過観察中です。

和紙がしっかりしていると、それほど気にする必要もなさそうですが。

基本、何度も繰り返して使うものでもありません。
耐久性をそれほど気に掛ける品ではないのですよね。。。

さて、
上の画像は、^^
先日からだいぶ作った鈴が鳴る縦書きのメッセージカード。

この縦書きのメッセージカードは、縦が85ミリ横50ミリのとても小さなカードですが、
封緘用の帯をつけると、どうも具合が悪く、
袴をつくってみました。

封筒に入れてあげるのが、最もおさまりはよいのですが、
きちんとしすぎる感もあり、
もっと気軽な雰囲気を出したくて。

だいぶ作りましたが、
やはり帯のほうがきれいかも。笑

メッセージカードのサイズをもう少し変えるとよいかもしれません。

袴も悪くはない。
と思いつつ。

往生際悪く。。。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2017年09月12日(Tue)▲ページの先頭へ
鈴が鳴るメッセージカード

和紙で作ったメッセージカードを封緘する帯に。。。
鈴をつけてみました。^^

思わず振ってしまいますが、
「和紙くるみぼたん」と「鈴」と。。。代わりばんこにつけては試作しております。

しかし、試作って。。。
何のために。。。やっているんだろう?笑

新作の干支印は、9月22日up予定です。
もう少しお待ちくださいませ。

どうぞよい一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年09月05日(Tue)▲ページの先頭へ
制作意図と使い勝手

帯付きのメッセージカードです。
和紙くるみぼたんをお月様に見立てて。^^
ちょっと重い感じですね。
遊印を捺すために18ミリサイズのくるみぼたんが使いたかった。

「為」に作るとこうなります。


帯は、単なる飾りや留め道具というだけでなく、
封緘の代わりとして使いたいところ。

本来ならば、メッセージを書いた後、
帯を巻いて、どこか一点メッセージカードに貼り付けたあと、
お相手にお渡しするというのが順番ですが。。。

この帯付きのメッセージカード自体を贈り物としたい時は、
最初から封緘してあると、使えませんので、
「親切である」ことを考えますと、
帯に両面テープをあらかじめ仕込んでおく必要があります。

が、
安易に両面テープを使いたくない。

というこだわりと、
両面テープは、和紙との相性もありますが、時が経つと使っていなくても変色してゆきますので、
気になるところでもあります。

いちいち、糊付けして使ってね
とは言えず。

そしてきっと、言うのも、言われた方も忘れます。ーー;

いいかも

と思うアイディアも、
実際に使う状況までたどり着くと、
いまひとつ使いづらいとか、
めんどくさいとか
そこまでやる意図がわからないとか。。。笑

そう思いながら、身の回りを見渡してみると、
美しく機能的でシンプルな使い勝手
なものだけが「生き残っている」と改めて思うわけです。

要努力

^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年08月28日(Mon)▲ページの先頭へ
水引とくるみぼたんでかんざし風

数年前から気に入っている秋柄の友禅紙で、「くるみぼたん」を作りまくっております。^^
画像は、ぽち袋バージョン。

大きな「くるみぼたん」も迫力がでてよいのですが、
小さなぼたんは、
ただ小さく丸くぷっくり膨らんでいるだけで、ひたすらかわいらしく、愛おしく。^^

小さなものは作りにくいでしょう?

と尋ねられますが、
そうでもありません。

大きなくるみぼたんの方がしわがよりやすかったり、
チカラがいるということももあったり。。。

和紙にもよりますし。

大きな「くるみぼたん」は、遊印やエンボッサーでストーリーを作れますので、
メッセージカードならぬ
メッセージぼたんとして使うこともできるな。
と思いつつ、
まだそこまで辿り着いていません。

なにしろ10ミリちょっとの小さなぼたんに夢中で、はなれられません。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2017年08月24日(Thu)▲ページの先頭へ
季節にあわせて

今夏だいぶ作った「和紙ティッシュケース」。

浮気したい

という思いをこらえて^^
ずっと同じパターンを作り続けてきましたが。。。

秋になるし、
少し雰囲気を変えてあげたい。

柄和紙を挟み込むと、
労せず雰囲気を作りやすく、
華やかさも出せますし、和紙に強度が出ますので、
「ティッシュを包みこみ、引き出し続けるモノ」としては
具合もよかったのですが、
柄物スタンプや、
紋切りなど。。。もう少し工夫してあげたいな。

秋冬バージョンは、
和紙も厚めのものを使ってみようと思います。

こんな風に。。。
同じ和紙で作るティッシュケースでも、
季節に合わせて雰囲気を変えることができる、
あるいは、
そうしようと思う
というのは、四季がある場所で生活しているからなのですよね。。。

一年中同じ気候だと持ち得ない感覚かもしれません。



個人的には、半紙で作るティッシュケースも大層気に入っております。

ティッシュを使い切ったときに、
「容れるものも寿命」という潔さに魅かれますが、
手をかけすぎると未練が残りますので、
簡潔に、
けれど美しく清潔感がモットーのティッシュケースにも挑戦してみたい。

webshopのアイディアページにも「和紙で作るティッシュケース」のページを作ります。

ページを作るのは大層苦手なので、
(別の世界へ引っ張られている。と思うくらい眠くなるーー;)
顔晴らねば。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年08月22日(Tue)▲ページの先頭へ
お月見団子には満月でした

先日、もう一つのブログにupした「お月見団子と三日月」の文香。

しかし、お月見は満月とセットになっているよね。

と本日早朝に突然気づき〜、汗
お直し。


丸いゴム印を作るか?
と思ったけれど、
こういうベタでつくゴム印はなぜかお値段もはるしな。
と、黒い千代紙を丸く切って使ってみました。

お月様だから白っぽい和紙の方がよいのでしょうが、
文香自体を白い和紙で作っているため、
目立たせるため黒い月に。

白い和紙に透かす満月なら。。。墨で色を付けた和紙を丸く切ってもよいかも。

もう少し考えよう

いずれにしても。。。
三日月の時にお月見して悪いわけではないよね。
お団子だって!飾って悪くはない。


と、
いっぱい作ってしまった(そしてすでに相当数送ってしまった)「お月見団子と三日月」バージョンの文香を横目に、
自分に言って聞かせる苦しい屁理屈。

九甘堂 古賀あき乃








2017年08月21日(Mon)▲ページの先頭へ
「和紙くるみぼたん」に遊印

画像は、セミオーダーの千代紙で作った「くるみぼたん」。
和紙のお包みに使ってみました。
これは18ミリ径くらいだった思いますが、
このくらいのサイズになると、遊印が捺せます。



葉月もあと10日ほどとなってしまいました。

パニック気味の忙しさは、
断捨離決行中であることも大きな理由なのですが、
捨てても捨てても出てくる「何か達」。

一体あなたたちはどういう体制で、こんな空間の中に長年いたのか?

さぞ息苦しかっただろうと思いつつ。
ほこりと黴臭さで気が狂いそう。笑


しかし、家全体が少しずつ身軽になっていく感じは
かなり良い感じです。

この調子では1年はたっぷりかかりそうですが。

なんとかやり遂げてあげたい。
全てのものをあるべき姿に。。。いるべき場所へ。。。

充実の一日を
九甘堂古賀あき乃


2017年08月19日(Sat)▲ページの先頭へ
色に託して

しばらくの。。。朝晩の肌寒い空気感は何処へ。。。
まさしく残暑の午後。

久しぶりに「残暑お見舞い」の葉書を作ってみました。
夏の青と。。。恋しい秋を緑がかった黄色に託して。

よい週末を。。。
九甘堂 古賀あき乃


2017年08月18日(Fri)▲ページの先頭へ
古賀のmemo

昨年あたりから、発送の度にお付けしている「古賀のmemo」。
気が向くままに、ハナシは飛びまくりながら、
。。。今のところ続いています。

途中からは、古賀が作っているいろんなもの(金封とか、ひとこと箋とか。。。)の
作り方などのご紹介をしています。

言葉では伝えきれないことは、サンプルをつけていますが、
画像はmemo22でお付けしているサンプルです。

秋バージョン。^^

もう少し体系立ててやってゆけるといいのにな。

と我ながら思いますが、
順序立てて、計画的に行うということが、
非常に好きなんだけど、とっても苦手。
という自分でも不可解な性質は、一生治りそうになく、
お付き合いいただいているお客様には頭が下がるばかり。


それにいたしましても。。。
ずっと続けてお求めいただいていることに。。。
感謝しかありません。

九甘堂 古賀あき乃


2017年08月17日(Thu)▲ページの先頭へ
昨日の金封

肝心の金封の画像を差し込むのを忘れておりました。

最近は、だいたい。。。18時から20時の時間帯は、睡魔がピークになる頃で、
ぼーっとしてしまいます。

その間にメールをお送りするのは極力避けようと思いつつ、
「ご入金ありがとうございます」や「発送しました」メールは、
その時間帯にお送りすることが多く、
誤字脱字添付忘れ。。。
様々なことをやらかしております。ーー;


それ以外の時間でもそうだろう

と、
今聞こえたような気がしますが。


時間配分は。。。
時々見直さないといけません。

工夫と改善は常に必須。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2017年08月16日(Wed)▲ページの先頭へ
定番の友禅紙でくるみぼたん

毎年。。。
秋めいて来たら使っている古賀定番の友禅紙で、くるみぼたんを作ってみました。

画像は12ミリ径のくるみぼたんで、
わたくしが持っているサイズで最も小さいものです。

すごくかわいい。笑

と、自分でほれぼれしますが、
この友禅紙にぴったりの、こっくりした色味(ベージュ)の無地和紙で封筒タイプの金封を作ってみました。

内貼りをして、二重にするかどうか迷うところですが、
今回は、シンプルに一重で仕立ててみました。

エンボッサーも使わず、
くるみぼたんメインでシンプルに。

でもないかなか。汗


ぽち袋にも使ってみよう。


思います。^^
今日もここに来てくださってありがとうございます。

九甘堂 古賀あき乃



2017年08月08日(Tue)▲ページの先頭へ
和紙のくるみぼたんと箱関係

遊印のギフト用の箱としてずっとお世話になっているサイズの箱です。
平らな紙の状態から組み立ててゆきますので、
立体になる前の段階でいろんなものを仕込むことができます。

今気持ちが傾きまくっている「和紙のくるみぼたん」を。。。
どんなふうにあしらってあげると、
かわいくなるだろう!(?ではなく!。かわいくなるに違いないので)、

あー。
気が済むまで遊びたい。
くるみぼたんで。

手元の「使える子」はまだ「5〜6個」のみで、
スローモーションで作っているのか!
と、自分に言っても仕方ないのだけど。


桐箱にもいいよなぁ。。。

今はひたすら想像の世界で遊ぶのみ。

九甘堂 
古賀あき乃





2017年08月07日(Mon)▲ページの先頭へ
「ねこのおつかい」文香

「ぶちねこ」の遊印とは結構長いお付き合いで、
リニュアルしようかな〜。
と思うと、なぜか注文が重なり、
勝手に葬るわけにもゆかぬな。
という決断に至る子です。

不思議なのですが。笑

久しぶりに「ぶちねこ」遊印を使って文香を作ってみました。

「ねこのおつかい」です。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃





2017年08月04日(Fri)▲ページの先頭へ
たまにあるよね

先日仕入れたスタンプパッド「シナモン」を使って、
「たて縞スタンプ」の横連続捺しに挑戦。

なぜか非常にうまくいってしまいました。笑

あれほど失敗していたのは何だったのか?

不思議〜。

ですが、こういうことってたまにありますね。。。^^


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2017年08月02日(Wed)▲ページの先頭へ
いつもより

和紙で作るくるみぼたんになかなか辿り着けず!

勘に従い、どっさり揃えてしまった材料たちが、
赤い箱に入って私を見ているのだけど、
触れない〜。

どうしたものか。この時間のやりくり下手はなかなか治りません。


画像は、白無地の和紙に印を捺して作ったくるみぼたんを紙紐に通してタグ風に。
ごくごくオーソドックスな使い方。

雁皮紙のような薄くて丈夫な和紙に、
スタンプで柄をつけて、重ねてくるんだらかわいいだろう
とか、
大きなサイズはエンボッサーもキマルだろう
とか!
自分の名前印を捺してもいいじゃないか!
とかとか!
妄想だけが膨らむ。

くるみぼたんに。

なんて。。。単純な頭の中なんだ。
ホンモノの大人の女を目指している頭とは思えず。

誕生日だけど、
いつもより混沌としたまま、今晩は八時半には寝よう。と誓う夕方。

今日もここに来てくださってありがとうございます
古賀あき乃


2017年07月27日(Thu)▲ページの先頭へ
和紙の色を変えて

文香をいれる折形です。
もうずっと。。。使っているカタチですが、
飽きません。
わたくしにしては、ほんとうに珍しいことですが。

散りもみじのエンボッサーを、
「緑のもみじ」として使いたい時、
少し夏らしさを出してあげる工夫があると、
更によい感じになります。

組み合わせる遊印で、だいたい伝わる気も致しますが
使う和紙の色や質感が変わるだけでも雰囲気は変わります。

今使っているのは、真っ白の半紙で、
裏から「グリーンティ」(スタンプパッド)で色を付けています。
見えませんが。汗

向かって左側は、
同じ半紙ですが、未晒しのタイプ(少し茶色)。
「晩夏〜初秋」の雰囲気に。

肉眼で見ると。ーー;

使う遊印は同じ「とんぼ」でも、
見る人が勝手にイメージを変えてくれる。


勝手に思っているわけです。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年07月21日(Fri)▲ページの先頭へ
夜空。。。かもしれない

「花火」の遊印で文香を作りました。
背景を夜空にしたくて、
裏から色塗りしたり、
和紙を染めてみたり。。。いろいろやっておりましたが、
「チャコールグレー」のスタンプパッドを裏から捺すと結構よい感じに。

隙間なく夜空にする

というよりも、
ざっくり(適当に)捺した感じの方がよいみたい。

夜空なのかデザインなのか。。。どっちにも転べる。

という雰囲気で。^^

暑い一日でしたね。。。
九甘堂 古賀あき乃


2017年07月20日(Thu)▲ページの先頭へ
たるませない、皺もよせない

簡易金封の横置きバージョン。
ふた重で作る時のコツというのか。。。
絶対にたるみを出さず、しわも寄せずに美しく仕上げる「法則」を模索中。

絶対法則は。。。
使用する和紙にもよるので、
全てに共通するものではないけれど。

「ここ」と「ここ」は気を付ける

という基本を知っているのと
知らないのでは、
全然違います。


しかし。。。
同じ物を作り続けるということがないので、
少しやらないでいると、すぐに忘れてしまう!私のあたま〜!

メモを見返すと作業が、大層苦手な為(なぜだろう!簡単なことなのにすごく苦手)、
何度も同じ過ちを繰り返す自分。

しばらく離れていても、
しっかり頭に残すためには、
偶然に任せず、
理屈を習得する以外にはないのだ。

と思う。


今日も。。。
どうぞ。。。
よい一日でありますように
九甘堂 古賀あき乃



2017年07月18日(Tue)▲ページの先頭へ
文香で暑中お見舞い

気づくと暑中お見舞いの頃となっており。。。
文香でご挨拶

画像ではよく見えませんが、
手漉き和紙に、
ペールブルーの鹿の子スタンプで地模様をいれています。
「暑中お見舞い申し上げます」スタンプは、シルバーで。

このシルバーのスタンプパッドのインカ―を仕入れております。
近々カートもご用意いたしますので、
どうぞよろしくお願い致します。


今週も猛暑続きのようですが、
皆様ご自愛くださいませ。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年07月10日(Mon)▲ページの先頭へ
中心ひだのズレ感

和紙で作った贈り物用のラッピング。
中心にひだを作るのは、
結構難しく、
緻密に計算して中心に持ってきても微妙な「ズレ感」を感じることがあります。

中にモノを入れると(この場合は、遊印です)、
ふくらみが出て、全体像がゆがみますのでなおさら「ズレ」を感じます。

「ズレ」を感じなくするためには、
「マチ」を作って中に収めているものと外側の和紙の包みの厚みを揃える。
と解決しそうですが、
「厚み」が10ミリ程度なら。。。
「マチ」を作るのも難しく。笑


と堂々巡りとなります。
しっかりした厚手の和紙で大きめに作ると
「ズレ」も感じにくくなりますが、
中で「モノ」が泳ぎますので、別の工夫がいる。

そもそも「ズレ」はあってはいけないわけでもないわけだしー。

とこんな風になってゆくときは、
そのラッピング方法は、この中身と釣り合っていない
ということなのでしょうね。

わかっちゃあいるけど、
なかなか諦めきれず、こだわっているわけです。

こだわる理由もわからないわけですが。自分でも。笑


早朝窓を開け放っていると
盛んに聞こえた蛙の合唱。

雨の音ではなく蛙たちの声が聞こえる安堵感

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年07月04日(Tue)▲ページの先頭へ
最近のお気に入り

ここ半年くらいでしょうか。。。
とっても気に入っている折形です。
中心にひだを取り、合わせただけのシンプルなものですが、
格上の折形で、
中身もグレードアップしてくれるような。。。^^

水引を通すと更によいのでしょうが、
様々な理由により赤顔紙のラインを使っています。
これはこれでよい感じ。

充実の一日を
九甘堂


2017年06月20日(Tue)▲ページの先頭へ
夏のぽち袋

半紙で折形タイプの夏のぽち袋を作ってみました。
水色に見える部分は、
スタンプパッドで裏から色を付けています。

「とんぼ」の遊印は、なぜかとっても捺しやすく、
綺麗な印影がとれます。

線だけの図柄で、
正方形の印面に対してのバランスも。。。
決して良いとは言えないのだけど、
なぜかすごく捺しやすく、
我ながら不思議な一本。

今日は梅雨らしい一日になりそうです

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年06月19日(Mon)▲ページの先頭へ
しっかり習得

マチ付き封筒をすっかり習得致しました。^^/
あんなに苦心していた年月が嘘のようですが、
どうしてできなかったのか?
こんなに簡単なのに?
我ながら非常に不思議な感覚です。

ともあれ。。。
これでエンボッサーや印泥など、
厚みのあるものもきれいに包むことができるようになりました。

もう一つのブログにupしましたが、
この週末は和紙でポケットティッシュのケースを初めて作り
はまってしまいました。

日曜日に少し外出した時に、
早速自分用に作ったものをバッグに入れて
使用感を確認。

ここが折れてしまう!
という場所を発見したので、
昨晩から改良中です。

楽しくて。笑

半紙や洋紙など。。。
いろんな紙で試作中です。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2017年06月12日(Mon)▲ページの先頭へ
紙折りの進化形

この遊印の組み合わせから離れらません。
どうしても。笑

そして、画像の包みがそうですが古賀の紙ばさみ。。。
進化させたいと思いつつ、
こちらも今一つ抜け出せずにおります。

もう少し凹凸がついたものを包んでも支障がないように進化させたく、
作るたびにいろいろと試行錯誤を繰り返しております。

例えばぽち袋や文香など。。。紙で作った平たいものと、
若干立体的なもの。。。遊印とか。。。
そういうものを一緒に並べて、ぱたぱた折って、紐を掛けた時、
紙で作ったものに、負担がかからないようにしたい(しわがよらないようにしたい)
わけですが。。。

包む紙を大きくすれば、
それなりに解決はしますが、
中身に対して包む紙が大きすぎると、
中身が泳いでしまいますし、
開いた時に、妙な寂しさを感じてしまいます。笑

台紙を入れるか?

あまり面倒になってゆく(モノを足してゆく)のは
進化とは言えず、
出来れば、紙折りだけで解決したい。

と、
なぜそこまでこだわるのか
自分でもわからなくなってきますが、
どうでもよいように見えることでも、
こだわって工夫を重ねていると。。。、
なぜか突然ほかのところが一瞬で開けてくることがあります。

そして全部解決しちゃった。

というような感覚。

その感覚を目指しているのかもしれません。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃







2017年06月09日(Fri)▲ページの先頭へ
「運試し」捺し

久しぶりに作ったぱたぱたぽち袋。
青い感じで色がついているのは、
シアンのスタンプパッドを使っています。
道具を使わずに、直捺しですが、
うまくゆくと趣が出る。
というかなりリスキーな方法です。

真っ白な半紙に。。。
シアンが掠れた感じで濃くつくと、
夏らしく涼しげできれいです。

もちろん裏から捺しますので、
若干の失敗はご愛敬ということで。

コツとか慣れとかいうよりも「運試し」的な要素が強い方法。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2017年06月07日(Wed)▲ページの先頭へ
感性磨き

隙間時間でパーツを用意しておくことができる数少ない作り物のひとつ。
横書き用のひとこと箋とひとこと箋ばさみです。
頻繁に作っていると、
さすがにわたくしでも!サイズを覚え、
そうするとスムーズに作業に移れるため、
隙間時間の有効活用となってくれています。

なにより気分転換にもなりますし。^^

作っていて面白いなと思うのは、
まず。。。
背表紙(柄和紙部分)を変えるだけで、
様々な雰囲気を醸し出してくれること。

更に、
背表紙に併せて、ひとこと箋に捺す遊印を選び、
エンボッサーを選ぶと、
一種類の背表紙(ひとこと箋ばさみ)に対して、
何種類ものひとこと箋が仕上がり、
其々にセットしてゆくと、
かなりのバリエーションを楽しむことができます。

並べてみていると、
なるほど〜。と思うことがよくあり、おもしろいものです。

こういうことをやるときは、
「トレーニング」と思っていますが、笑
楽しいトレーニングは続きますし、
ささやかではあっても。。。
理屈ではない「感性」のようなものを磨けているのかもしれません。


昨年からお求めいただいた方にお付けしている古賀の「memo」ですが、
その中でもサンプルをおつけし、コツ(というか古賀のこだわり)と共に作り方を説明しています。

お楽しみに。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年06月03日(Sat)▲ページの先頭へ
ひたすら幸せ

60ミリのマチがついた60ミリ幅の袋を作ってみました。
印泥や朱肉をまっすぐに(底を下にしたまま)入れることができます。

箱に入れない遊印と印泥や朱肉を一緒に贈り物包装することが多いのですが、
お手入方法のA4の紙や、
文香もお付けしたり、
オーダー印の場合は、印影の紙があったりと、
カタチが違うモノ達のサイズを揃えて、コンパクトに収める必要があるときに、
程よい紙袋(市販)のモノがなく
いつも苦心しておりました。

60ミリのマチをつけると、
底の合わせ目の重なり幅が大きくなり、
今まで作っていた方法(採寸)ではうまくゆかず、
もう少し工夫が必要です。

けれど、マチ付き封筒づくりにもだいぶ慣れてきて、
中に入れるものにぴったり合わせて、
手早く作ることができるようになり、
なんだか嬉しい。^^

封筒貼りをしている時は。。。
特に新しいカタチやサイズの封筒を試作している時は、
無条件にすごく幸せ。笑

楽しい週末を
九甘堂 古賀あき乃


2017年05月22日(Mon)▲ページの先頭へ
真っ白に真っ赤のぽち袋

ある和紙を探していたら、思いがけず別の和紙を見つけてしまい、
大喜びすることがあります。^^

このぽち袋の内側の和紙は、
お花模様で透かしが入っていて、
すべて使い切ったと思っていたら、
まだ!白も生成りも残っているのを発見し!喜んだ和紙。

真っ白と真っ赤だけの大好きな組み合わせで、
可憐な^^ ぽち袋に仕立ててみました。


整理整頓が悪いと、たまには良いこともある。

なんて
言ってないで、整理しなくては。

昨日は、「でんでん虫」印に続く新作遊印を試作しながら、
お籠もりシゴトに精を出しておりました。

日中の暑さにヨレ感もではじめておりますが、
梅雨入り前に断捨離にも励みたいところです。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年05月19日(Fri)▲ページの先頭へ
真剣に作る

底マチ付き封筒をだいぶ上手に作ることができるようになりました。

採寸も手際よくなり、
中に入れるものからサイズを決めてその都度作っています。

厚めの紙で作ると、シールで封緘するのは心もとないため
紐かけをしていますが、
紐を掛けると、ただの袋がちょっとグレードアップして見えますね〜。

封筒づくりってどうしてこんなに楽しいんだろう。


ばかなことを真剣に考えながら作る古賀です。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年05月17日(Wed)▲ページの先頭へ
宝物

爽やかな日々が数日続いております。
気候が良い
ということが、とってもありがたく感じるのは、
「年齢のせい」だけではなく、
1日の中でも目まぐるしく変わる気温のせい。

行きつ戻りつしながらも。。。少しずつ季節が変わってゆくことが
当たり前ではなくなってきている今日この頃。

こどもの頃に「知っていた」季節感ですら宝物になりつつある。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2017年9月
         
22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (74)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (11)
6月 (10)
7月 (9)
8月 (12)
9月 (4)

アクセスカウンタ
今日:617
昨日:4,046
累計:6,006,456