遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ)/一覧

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2017年05月26日(Fri)▲ページの先頭へ
昨日と今日と明日

あっという間に金曜日だ。
と、いつもながら感じる。

3年前からつけている日記の今日は、
7月に、あるセミナーに参加することを楽しみにしていると書いている。

毎年同じ日にちに何かを書いていくのだけど、
感情的なことよりも、
その日の天気とか、出来たこと、出来なかったことの羅列とか。。。
事実(現実)を淡々と書いてある方が、
それに伴う様々なことを思い出して面白かったりする。

結構鮮明に覚えているものだなぁと思うのと、
まるで昨日のことのように感じるのはすごく不思議。
確実に。。。1年あるいは2年経っているのに。

昨日と今日と明日と。。。
ほんのちょっと線を越えたらそこにあるものなのかもしれない。

毎日いろんなことがあって、いろんなことを考えているような気がするけど、
ひとりの人の歩みなんて、とてもとても小さくて。。。
大きな時の流れの中では、かき消えてしまうようなことなのかもしれないけど、
そのわずかな歩みの為に、生まれて生きて死んでゆくのかと思うと、
一日一日がとても大切に愛おしく感じる。

年か?笑

と、結論はいつもそこに辿り着くような気もするけれど、
今日も一日。。。すべての人にとって充実の一日でありますように

九甘堂 古賀あき乃


2017年05月22日(Mon)▲ページの先頭へ
真っ白に真っ赤のぽち袋

ある和紙を探していたら、思いがけず別の和紙を見つけてしまい、
大喜びすることがあります。^^

このぽち袋の内側の和紙は、
お花模様で透かしが入っていて、
すべて使い切ったと思っていたら、
まだ!白も生成りも残っているのを発見し!喜んだ和紙。

真っ白と真っ赤だけの大好きな組み合わせで、
可憐な^^ ぽち袋に仕立ててみました。


整理整頓が悪いと、たまには良いこともある。

なんて
言ってないで、整理しなくては。

昨日は、「でんでん虫」印に続く新作遊印を試作しながら、
お籠もりシゴトに精を出しておりました。

日中の暑さにヨレ感もではじめておりますが、
梅雨入り前に断捨離にも励みたいところです。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年05月21日(Sun)▲ページの先頭へ
でんでん虫の柘遊印

「でんでん虫」の柘遊印完成しました。^^
カートの準備も終えましたので、
どうぞよろしくお願い致します。
こちらから♪

ほんとうに久しぶりに。。。季節感のある遊印を作った。という感じで、汗
次に登場予定の夏物の遊印も仕掛かり中です。

もう一つ。
年中重宝しそうな絵モノ遊印も今日から本格的に版下作りを。

顔晴ります。^^

楽しい一日を
九甘堂 古賀あき乃



2017年05月19日(Fri)▲ページの先頭へ
真剣に作る

底マチ付き封筒をだいぶ上手に作ることができるようになりました。

採寸も手際よくなり、
中に入れるものからサイズを決めてその都度作っています。

厚めの紙で作ると、シールで封緘するのは心もとないため
紐かけをしていますが、
紐を掛けると、ただの袋がちょっとグレードアップして見えますね〜。

封筒づくりってどうしてこんなに楽しいんだろう。


ばかなことを真剣に考えながら作る古賀です。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年05月17日(Wed)▲ページの先頭へ
宝物

爽やかな日々が数日続いております。
気候が良い
ということが、とってもありがたく感じるのは、
「年齢のせい」だけではなく、
1日の中でも目まぐるしく変わる気温のせい。

行きつ戻りつしながらも。。。少しずつ季節が変わってゆくことが
当たり前ではなくなってきている今日この頃。

こどもの頃に「知っていた」季節感ですら宝物になりつつある。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年05月15日(Mon)▲ページの先頭へ
でんでん虫の遊印 出産日間近

でんでん虫の遊印。
新作予定ですが、この子は試作8代目くらい。ーー;

少々軽やかすぎる気がして、
殻(渦巻きのところ)の塗りつぶしを多くしたものを作ってみましたが、
あまりに渦巻きのインパクトが強くなりすぎてボツ。

頭を寝かせて(地につけて)みたりいろいろやってみて、
彫刻してみて捺してみて。。。また描きなおして。。。と
なんだか久しぶりの柘印絵モノ新作のような気がします。

でんでん虫としてはどうなのか?という気も致しますが、
印としては、この姿勢が最も捺しやすくいい塩梅。

何とか梅雨前に。汗

九甘堂 古賀あき乃


2017年05月11日(Thu)▲ページの先頭へ
「いらいら〜」に効く飲み物

新茶がおいしい季節になりましたね。。。

と言っても、
私は緑茶はほとんど飲みません。

理由は特にないのですが、考えてみると。。。
自分でいれてまでいただくことはめったにないかもしれません。

基本的に水分補給は、水。
それ以外は、コーヒーで。

だったのが、
最近、一日1回は必ず頂くようになったのが、
豆乳に牛乳を混ぜて甘酒で甘みをつけたもの。

「いらいら〜」がおさまる飲み物よ。

と、
教えていただき、早速試して「ほんとだ」と思ってしまい、
それからはほぼ毎日。

「いらいら〜」がやってきたときに、
気分転換を兼ねて飲んでいます。


豆乳はもちろん成分無調整で9%以上のものを。
甘酒は、自分で作ったものです。

昨晩仕込んでいたものが早朝仕上がっていたので、
軽くブレンダーにかけ、瓶詰しました。

出来上がった時の瓶の数と甘酒を作っている頻度を考えると、
ちょっと食べ過ぎているような気も致しますが、
このあたりは「ま。いっか」でさらっと通り過ぎます。

一番気に入っているのは、もち米で作る甘酒。
クセがなく、甘くておいしいです。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃









2017年05月10日(Wed)▲ページの先頭へ
進歩と後退

ふたば葵の2色使い。
昨年は、文香作りに情熱が持てず、
「遊楽の印和」発送時にお付けしている文香しか考えていなかったような。。。
気もするわけですが、
今年は妙に「文香」が気になり、
しかも同じようなパターンに執着し、
このふたば葵もそのうちのひとつ。

同じ遊印で同じようなパターンを作り続けるときは、
自分の中では、
「ぴったりきていない」時で、
今回はかなりよいポジションまで来た感じ。

って、
どーでもよいわ。前回の文香とどう違うんだ?と言われそうですが、笑
ここを「ま。いっか」するーしてしまうと、進歩はない。というより後退する。

と、
自分に言い聞かせるわけです。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2017年05月07日(Sun)▲ページの先頭へ
簡単な作りと見栄えの良さと

この友禅紙はもう7〜8年のお付き合い。。。という感じでしょうか。。。
最初は「とうじ」さんで見つけて求めたものですが、
そのあと、何度かリピートし、
お客様にもいただいたりと、なんとなくいつもずーっとそばにいてくれる和紙です。

男性のお客様への「何か」にも活躍してくれる、
よい子でもあります。

端紙が随分たまってきたので、遊んでみました。

最近、薄い紙を重ねるふた重と、
しっかりした和紙の内側に薄手の和紙を内包み的に挟み込むタイプをよく作ります。

この後者のタイプが、
とっても簡単で、雰囲気も良く気に入っています。

シンプルに作り、
立派に見える。

というあたりを目指したいところです。

連休も終わりですね〜。^^

九甘堂 古賀あき乃


2017年05月03日(Wed)▲ページの先頭へ
「知っていること」と「わかること」

これは手漉きの檀紙で作ったぽち袋。
期せずして。。。「紙の格」というものを
教えてもらったぽち袋となってしまいましたが。

手漉きの檀紙は「和紙の格」としては相当に上で、
ぽち袋には似合わないのだ。というより
ありえない組み合わせ。
だったかも。ーー;

格上の和紙だから!ということで、
シンプルに仕上げたつもりでしたが、ちぐはぐ感はぬぐえず。

自分にしかわからない感覚なのかもしれませんが、
感じてしまった「感覚」は消せません。

こういうことだったんだな。

と教えてもらったぽち袋でした。

楽しい一日を
九甘堂古賀あき乃





2017年04月28日(Fri)▲ページの先頭へ
愛すべき「書きのし」遊印

初夏のぽち袋第2弾。
「書きのし」の遊印は、
ぽち袋にぴったりで、
捺した後に必ず「かわいい」と思ってしまう私は相当親ばかですが、
ほんとにかわいくキメてくれます。^^

最近は、ぽち袋のサイズを横幅5ミリ縮めて作っているのですが、
たった5ミリの違いが、
全体の雰囲気を変えます、

面白いものです。


明日からずっと連休の方もいらっしゃるのでしょうか。。。
銀行がやたら多かったのは、
月末&GW前だったからなのですね。


事務作業をどんどんやって、
月末の波に乗ります。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年04月24日(Mon)▲ページの先頭へ
夏のぽち袋

袋タイプのぽち袋を久しぶりに作ってみました。
なんとも言えない。。。美しい藍染の手漉き和紙です。

1枚仕立てだと、中身が完璧に透けるので、
内側に白い和紙を貼りこんでいます。

藍色の。。。
1枚仕立ての透け感が、すごぶるよい感じで活かしたいのですが、
紙幣を入れることを考えるとやはり抵抗もある日本人的感覚。

「ぽち」だし。。。
いいかな!と思いつつ。。。思い切れなかったわけですが。

夏のぽち袋としては、涼やかな雰囲気も捨てられません。

白とはいえ二重にするととたんに重く(暑い感じ)なり、
内側の白い和紙を、細く出してアクセントにしてみました。
貼り合せは前に持ってきて。

1枚だと、粋な和の雰囲気の藍染の和紙が、
白い和紙を重ねるとデニムっぽいカジュアルな雰囲気に。

色を重ねる
紙を重ねる

それらが相まって全く違った雰囲気を見せてくれる。


感嘆の世界。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年04月19日(Wed)▲ページの先頭へ
ハートの葉っぱ

さぼり癖がついてしまい〜。。。
どうにもいけません。−−;

最近は「ふたば葵」の遊印が妙にかわいくてかわいくて。

時々。。。
忘れ去っていた何かを、再び好きになったりするのは
遊印に限ったことでもありませんが。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2017年04月12日(Wed)▲ページの先頭へ
服飾関係の遊印を

すぐ近くの甘木小学校の桜が散り始め、見事な桜の絨毯に。
って画像が全然違って恐縮ですが。

今年は桜が咲き始めた頃から雨が多く、
春の空の青と桜色とのコントラストは、なかなか楽しめませんでしたが、
雨に濡れて埃っぽさがなく、
しっとりと静かな佇まいの桜も。。。またよいものですね。

時を忘れてぼんやりと眺めてしまいます。


ぼんやりしている時間はないのですが。

この新聞紙風の紙で遊んでいると、
服飾関係の遊印が欲しくて欲しくて。
そういえば、今まで登場したことなかったよな。。。と思います。


梅雨時に使えそうな「雨靴」の遊印を作ってみようかな。

スニーカーもいいなぁと思いつつ。

帽子とか。マフラーも。

レインコートはサイズ的に厳しそうですし。

そうそう。
帽子と言えば、<麦わら帽子>は昨年、完成近くまでゆきましたが、
季節が変わってしまいーー;
今年は早めに取り掛かろう。

毎年思うのですが、
遊印にできそうな夏のモチーフって結構思いつくのですが、
春とか秋は。。。これ!というものを思いつかず。
季節的にも極まる前の過程。。。だからでしょうか。。。

<でんでん虫>もいいかも。

と、
頭の中はカオス。相変わらず
お付き合いいただき感謝です

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃





2017年04月10日(Mon)▲ページの先頭へ
次の課題

驚きの速さで仕上がってきたフォトブック。
とりあえず何事も挑戦で作ってみた第一号は課題満載で、
これを使って何をしたらよいかもはっきり決まりました。^^

ずっと仕掛中の遊印たちのカタログを、
どういう体裁にすれば、最も見やすくわかりやすく、
そして追加してゆきやすいか。。。
思案が続いて(続きすぎですが)おりましたが、
フォトブックも一部取り入れてみようと思います。

初めてのお客様へご覧いただく実寸大の印影一覧は、
毎年毎季追加があるということも考えると
(長期休暇に入る子もいる)、
カラーコピー系の仕上がりが便利がよいし。

既にご愛顧いただいているお客様から最もご要望が多いのは、
どういう組み合わせで捺すと良いのか?
いっぱい種類があってわからない。
あるいは、
自分で考えても、微妙に。。。キマラナイ。
ということ。

こちらは、実寸大である必要はないので(拡大された状態の方が見やすいし)
フォトブックのような形にしておくとよさそうです。

暖かく美しい季節となり、
心身共に軽やかになってまいりましたので^^
暑く厳しい季節がやってくる前に、いろんなことを進めたいと思います。

ここも長くさぼっており。。。−−;
またどうぞ。。。よろしくお願い致します

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2017年03月26日(Sun)▲ページの先頭へ
フォトブックに挑戦

とりつかれたように作っているふた重の封筒。
わずかな隙間時間も逃さない執念とも言える情熱は、我ながら笑ってしまう。
そもそも。。。今、なぜそんなに封筒を?笑

自分でも理由は思い当たらず。

おまけに作ったものを並べてみても、
それほど珍しいものができているわけでもなく、
ここでお披露目する程の子たちでもない。

これがまさにストレス解消ということか。
それすらわからず。笑


ただ。。。
裏貼りをするにしても、
貼り合せないふた重封筒であったにしても。。。
いちいちサイズ計算しなくともスムーズに仕上がるようにはなりました。

ということで、笑
今朝はフォトブックに挑戦。

まずは「簡易金封の巻」ということで1冊作ってみました。

画像さえ集めておけば、お手軽に(手間も価格も)作ることができるのですね。
うまくできていたら、
ぽち袋や文香の巻も作ってみたいと思っています。^^
届くのが楽しみ。
(そうか。。。小さな楽しみを作りたかったんだな。自分)

年度末で、頭が「いかれぽんち(オットがよく言う)」になっているような気も致しますが、
お付き合いいただきありがとうございます

楽しい午後を ^^
九甘堂 古賀あき乃


2017年03月22日(Wed)▲ページの先頭へ
あまり紙の再利用

中途半端に余ってしまう柄和紙などを、捨てきれずにとっていますと
いつしかとんでもない量となっており、
結局どんどん「とりあえず箱」に入れられて、忘れられ使われず。。。。
となってゆくので、
最近は、できるだけその場でカードに仕立ててあげるようにしています。

カードと言っても
少し厚手で文字が書けるような無地の紙と貼り合せてあげるだけですが、
結構使い勝手のよい紙になります。

少し大きめのものはとカードとして。
小さめにカットすると、きちんとした雰囲気の^^メモ紙に。

紙と紙をきれいに貼り合せるのは、
若干コツと手間を要しますが、
ふた重のぽち袋や封筒などを作る際に、必ず役立ってくれるテクニックを学べます。

おすすめです。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃




2017年03月19日(Sun)▲ページの先頭へ
久しぶりの紙の巾着袋

久しぶりに新聞紙風の紙を使ってポチ袋を作ってみました。
一枚だと頼りないので、
内側の紙はしっかり目の和紙を使っています。

紙の整理をしていて、ひょっこり顔を出してくれたこの「新聞紙風の紙」。
もちろん(!)頂きものの紙ですが、
使い切った。。。と思っていたら一束残していたのですね。。。笑

よかった。
先日、ネットショップの和紙巾着袋のページをupしていた時に、
この紙を使って作った巾着袋の画像を見つけ、
また作りたいと思っていたところでした。

念願叶いました。^^

今回は、以前は作っていなかった、
二重仕立ての封筒(金封用)にも挑戦してみました。
画像が撮れたらまたUPしてみます。

お彼岸ですね。。。快晴です。^^

よい一日を
九甘堂 古賀あき乃



2017年03月16日(Thu)▲ページの先頭へ
立涌文のひとこと箋ばさみ

立涌スタンプをひとこと箋ばさみに使ってみました。
連続捺しの回数が少ないので、^^
比較的スムーズに仕上がります。
ここのところ「チャコール」捺しに執心中。

充実の一日を
九甘堂古賀あき乃


2017年03月15日(Wed)▲ページの先頭へ
24時間の成長

早くも3月半ばとなりました。
桜ももうすぐでしょうか。。。

我が家の花桃も、思いがけない場所に突然花芽が誕生し(1個)、
小さく茶色く硬かった「これは一体。。。芽だと思いたいけどそうなのか?」と思っていた子たちも
「私たち芽でした」と自己主張してくれるまでに。

実に楽しみ。^^


雪柳は小さな緑の葉っぱがいっぱい顔を出してくれ、
順調に発育中。

写真撮っておこう

と、思うのにいつも忘れてしまいます。

ウツギもオダマキもちいさな緑色がちらほら見えてきました。

昨日の朝から今日の朝までの24時間で。。。
どのくらい成長したのか?
を確認するのが楽しみなのだと、最近気づきました。

そして同じ24時間の間に。。。私はどのくらい成長したのだろう?
昨日の朝と今日の朝と。。。自分はどのくらい違うのか?

と思ったり。



今年も成長してくれていてありがとう

って、まだ咲いてくれてはいないけど。
きっと咲いてくれるよね。

と、毎日プレッシャーを与えまくる古賀でした。

結構つらい思いをしていたりして。うちの子たち。笑


よい一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年03月14日(Tue)▲ページの先頭へ
エンボス+カーボン

端紙で作ったマチ付き封筒。
カーボン紙を挟んでエンボスしてみました。

以前から複写式の納品請求書などにエンボスしておりましたが、
凹凸の凸部、淵のみカーボンの色が付く感じで、
全体的に影がつくような。。。雰囲気でしょうか。。。
結構面白い雰囲気にはなります。

そこで、和紙の上にカーボン紙を置き、エンボスするとどうなるか?

いろんな和紙や洋紙で試してみましたが、
紙によっては、エンボスの印影以外のところが、
カーボンで汚れてしまうものもあり、
全ての紙でOKという感じでもないのですが。。。

紙の質感や雰囲気で、若干の汚れもマッチするというか違和感なしで仕上がるものもありますので、
そういう紙を選んで使ってみると、またバリエーションが増えそうです。

画像の紙は、
和紙っぽく仕上げてある機械漉きの紙で、
黒のカーボン紙を挟んでエンボスしてみました。

以前もここで書いたことがありますが、
カーボン紙の色が、もっとバリエーション豊かだといいなぁと思います。

普通に手に入るのは、
「黒」「赤」「青」でしょうか。。。「白」もあるようですが。。。

金とか緑とか茶とか。。。欲しい。笑


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃







2017年03月07日(Tue)▲ページの先頭へ
様々なサイズのひとこと箋ばさみ作成中

A4サイズの檀紙から簡易金封(封筒タイプ)を裁断すると、
微妙な幅の余り紙がでます。

通常のぽち袋には縦幅が足りない感じで、
捨てるなんてとんでもないわ。のサイズ。

その余り紙を利用していろんなものを作ってきましたが、
最近は、横書きのひとこと箋ばさみを作ることが多いかな。。。

画像はかなり小さなサイズ。

ひとこと箋自体も、その余り紙で作ってみました。
少し厚みのある和紙ですので、
箋というよりカードという感じ。

こういうカードタイプのものは、

「おめでとう」

とか

「ありがとう」

とか。。。

ほんとうにひとことだけ添えたい時には、
とっても重宝しますね。。。

いろんなサイズやパターンで持っていると楽しそうです。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年03月06日(Mon)▲ページの先頭へ
突然の自撮りモードは

新作の「立涌」スタンプを使って作ったシールです。
シール作りは、無心になれる古賀の貴重な時間であり趣味でもありますが、笑
わたくしに。。。お子ちゃまの友達がいたら、
いっぱいプレゼントしてあげられるのに。
と思います。

お子ちゃまが喜ぶシールではないかもしれませんが。
そして、お子ちゃまの友達がいないので、大人のお客様に送り付けております〜。

ところで、最近iphone特訓中なのですが(ほんとうか?気ままに触ってみては、すぐに挫折したりしてるだけだろう。という噂もあり)、
今はカメラの使い方を。

昨日upした画像はなんだかよくわからない感じになっており恐縮ですが、
すごく簡単に鮮明できれいな写真が撮れるのだということを知りました。
びっくり。笑

うっかりどこかを押すと、
意図せず突然自撮りモードとなり、
偽りのない鮮明な画像に!
相当驚きますが(心臓がばくばくするくらいの驚愕感−−;)。

思わずiphoneを放り投げたくなる感じ?
いやー。かなり真剣にまずいよね君。状態。

は、いいとして、笑

デジカメはいらないんだな。とも思いますが、
そのためには、iphooneで撮った画像をパソコンへ移さねばならず、
いちいちメールで送るのか?
いや。そんな面倒なことをしなくてもよいはず。
と、どこかで感じつつも、とりあえず今は追及はやめて(笑)
まずは、きれいに撮り、それなりに加工する。ところまでは習得したいと思います。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年03月04日(Sat)▲ページの先頭へ
iPhoneiで

新作の「結」印。
初めてiPhone で撮った画像を
iPhone からブログへアップしてみます。

九甘堂 古賀あき乃


2017年03月01日(Wed)▲ページの先頭へ
差出人シール作り

新作の「立涌スタンプ」のサイズも決定いたしました。
慣れると。。。連続捺しもきれいにキマリマス。^^
若干失敗しても。。。仔細に眺めなければそれほど気になるってほどでもないな。

思いますが。

わたくしは、自分が「入れ物づくり」が好き
ってことは気づいていましたが、
「シールづくり」も好きだったんだな。
と気づきました。

しかもとっても好き。笑

商品発送時にシールだらけになっております。


弥生月に入りました。。。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2017年02月27日(Mon)▲ページの先頭へ
エンボッサーを入れる底マチ付きの袋

エンボッサー(本体付き)をラッピングするための底マチ付きの袋を作ってみました。
少し太めの紙紐に「和」の革タグを通し、
遊印を捺したシール(和紙)で留めます。

底マチ付き封筒を作る和紙を、
洋紙を含め、いろいろ変えてあげると。。。楽しそう。^^

友禅紙や千代紙の切り貼りにも挑戦してみよう。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月23日(Thu)▲ページの先頭へ
洋にも和にも使えそうです。

微妙にずれておりますが、「立涌」文様スタンプ連続捺しのひとこと箋。
これは、バニラスタンプで捺しています。
昨日、もう一つのブログでご紹介した色は「カナリー」です。
かなりはっきりした黄色で、スマッジー用に仕入れていたのですが、
それ以外では、なかなか使えずにおりました。
この「立涌」文様にはぴったりです。
春先におすすめの色。

この「立涌」文様スタンプは、新作決定。

間を塗りつぶしたいタイプも、欲しいと思っていましたが、
この線のみのタイプだけでもいいかなぁ。。。
と思ったり。
十分足りてしまった。という感じですが、^^
もう少し使ってみながら考えようと思います。
Posted at 07:42 by kino Permalink 和 新作


2017年02月21日(Tue)▲ページの先頭へ
「結」遊印

昨日試作した遊印を使って作ってみた文香。
「結」という文字印です。

「ご縁を結ぶ」「心を結ぶ」「想いを結ぶ」。。。

古来より日本人は「結ぶ」という行為に特別の想いを込めてきたように思います。

用意した品に、白い紙を掛け水引を結ぶとき、
着物の帯や紐を結ぶとき、
したためた文を結ぶとき。。。
その結び目には魂(想い・願い)を込めるという意味があったのだと想像します。

もう少し手直しをしつつ。。。
小さな文字印として新作予定です。
朱文と白文と迷うところですが、
大きな文字印も試作はしてみようと思っていますので、
大きな文字印は朱文で、小さなものは白文印で登場するかもしれません。


また。。。
週末に描いた!新しい文様ゴム印も作ってもらっていますので、
明日あたり。。。また何か作ってupします。


立涌(たてわく・たちわく)という文様ですが、
瓢を繋いだようにも見えるこの文様が大好きで、
自分の好きな色合わせで作ってもらった千代紙も持ってるもんね。笑

立涌という文様自体は
曲線のみのシンプルな文様ですが、
そのシンプルな曲線文様をベースに、雲や植物文を加えて様々な文様を作ってゆきます。
雲立涌とか松立涌とか。。。ご存知の方も多いと思います。

今回は、ベースになる曲線だけのもの。
線だけのモノをまず作ってもらいましたので、
使ってみて。。。塗りつぶし部分を作ったものも作ってみようと思っています。

昨年作った「鹿の子」スタンプや「たて縞」スタンプがよく働いてくれ、
便利なので、新しい文様スタンプを。。。というところ。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月18日(Sat)▲ページの先頭へ
春を前に

この桜の遊印は、「遊楽の印和」発売当初からいる子ですが。。。
使える期間が短いせいか、飽きずに毎年必ず使っています。

文香に使っている「光風春を動かす」の遊印は、バニラスタンプで背景に。
桜の遊印も繊細な印影ですが、
繊細な印影同士でもなぜか喧嘩しない、相性のよい組み合わせです。

文香をおさめる折形には、
最近手放せない「幸を祈」遊印をバニラスタンプで背景に捺しています。



というと、幸せや希望や新しい場所、新しい出会いのための別れなど。。。
明るい未来の予感や兆しを感じます。

あとひと月もせずに。。。開花が気になる頃となるのですね。
今年も美しい桜たちに出会えますように。


そんなことを想いつつ、新しい桜の遊印を試作しておりますが、
なかなかこの子を超える子がでてこないのは、
単なる己の努力不足とも思う今日この頃。

今週末は真剣に取り組もう。

思っています。


そして、今度こそカタログを作り変えるべく、
フォーマットを作っては、印を捺し続けておりますが、
少し遊印たちの整理もしてゆこうと考えています。


こういう作業は苦手で、なかなか進みませんが、
エンボッサーのカタログ(カード)は、
少しプリンターのお世話にもなることにして、
手作業感丸出しの不揃いなカードが、きれいなカードになりつつあります。

手作業感も、「温かさ丁寧さ」として伝わる分には○ですが、
「粗雑感」が露骨だと相当問題あり。

己的にも、
一所懸命作った後の達成感はゼロで、
疲労感と自己嫌悪を足すとマイナスに。

一所懸命の意味がない。


わかっているならちゃんとやってね〜。

ついつい「めんどくささ」に負けてしまうこの性格を何とか矯正したい。
死ぬまでに。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月13日(Mon)▲ページの先頭へ
縦じま文様と檀紙風

和紙柄を内貼りした封筒タイプの金封をせっせと作っております。
もはや簡易金封とは言えない姿ですが、
和紙が重なり厚みが出ると、
安定感が増しよい感じ。

一枚仕立ては、一枚仕立てで存在価値があり、
状況に合わせていろいろあると便利なもの。
画像は、熨斗位置になんとなくそれっぽく水引をつけましたが、
水引をつけないと、もっと汎用性も広がります。

表側は真っ白の檀紙風の和紙ですが、
頂きものののかっこいい縦じま文様の和紙とあわせてみました。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2017年5月
 
26 27
28 29 30 31      

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (38)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (10)

アクセスカウンタ
今日:1,486
昨日:3,505
累計:5,606,963