遊楽の印 和(ゆらのいん・のどみ)/一覧

日本の美しい四季にはぐくまれたしきたりや行事を自分らしく日常の中に取り入れていきたい。遊楽の印 和のどみはそんなあなたの道具になりたいと思っています。




2017年03月01日(Wed)▲ページの先頭へ
差出人シール作り

新作の「立涌スタンプ」のサイズも決定いたしました。
慣れると。。。連続捺しもきれいにキマリマス。^^
若干失敗しても。。。仔細に眺めなければそれほど気になるってほどでもないな。

思いますが。

わたくしは、自分が「入れ物づくり」が好き
ってことは気づいていましたが、
「シールづくり」も好きだったんだな。
と気づきました。

しかもとっても好き。笑

商品発送時にシールだらけになっております。


弥生月に入りました。。。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2017年02月27日(Mon)▲ページの先頭へ
エンボッサーを入れる底マチ付きの袋

エンボッサー(本体付き)をラッピングするための底マチ付きの袋を作ってみました。
少し太めの紙紐に「和」の革タグを通し、
遊印を捺したシール(和紙)で留めます。

底マチ付き封筒を作る和紙を、
洋紙を含め、いろいろ変えてあげると。。。楽しそう。^^

友禅紙や千代紙の切り貼りにも挑戦してみよう。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月23日(Thu)▲ページの先頭へ
洋にも和にも使えそうです。

微妙にずれておりますが、「立涌」文様スタンプ連続捺しのひとこと箋。
これは、バニラスタンプで捺しています。
昨日、もう一つのブログでご紹介した色は「カナリー」です。
かなりはっきりした黄色で、スマッジー用に仕入れていたのですが、
それ以外では、なかなか使えずにおりました。
この「立涌」文様にはぴったりです。
春先におすすめの色。

この「立涌」文様スタンプは、新作決定。

間を塗りつぶしたいタイプも、欲しいと思っていましたが、
この線のみのタイプだけでもいいかなぁ。。。
と思ったり。
十分足りてしまった。という感じですが、^^
もう少し使ってみながら考えようと思います。
Posted at 07:42 by kino Permalink 和 新作


2017年02月21日(Tue)▲ページの先頭へ
「結」遊印

昨日試作した遊印を使って作ってみた文香。
「結」という文字印です。

「ご縁を結ぶ」「心を結ぶ」「想いを結ぶ」。。。

古来より日本人は「結ぶ」という行為に特別の想いを込めてきたように思います。

用意した品に、白い紙を掛け水引を結ぶとき、
着物の帯や紐を結ぶとき、
したためた文を結ぶとき。。。
その結び目には魂(想い・願い)を込めるという意味があったのだと想像します。

もう少し手直しをしつつ。。。
小さな文字印として新作予定です。
朱文と白文と迷うところですが、
大きな文字印も試作はしてみようと思っていますので、
大きな文字印は朱文で、小さなものは白文印で登場するかもしれません。


また。。。
週末に描いた!新しい文様ゴム印も作ってもらっていますので、
明日あたり。。。また何か作ってupします。


立涌(たてわく・たちわく)という文様ですが、
瓢を繋いだようにも見えるこの文様が大好きで、
自分の好きな色合わせで作ってもらった千代紙も持ってるもんね。笑

立涌という文様自体は
曲線のみのシンプルな文様ですが、
そのシンプルな曲線文様をベースに、雲や植物文を加えて様々な文様を作ってゆきます。
雲立涌とか松立涌とか。。。ご存知の方も多いと思います。

今回は、ベースになる曲線だけのもの。
線だけのモノをまず作ってもらいましたので、
使ってみて。。。塗りつぶし部分を作ったものも作ってみようと思っています。

昨年作った「鹿の子」スタンプや「たて縞」スタンプがよく働いてくれ、
便利なので、新しい文様スタンプを。。。というところ。^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月18日(Sat)▲ページの先頭へ
春を前に

この桜の遊印は、「遊楽の印和」発売当初からいる子ですが。。。
使える期間が短いせいか、飽きずに毎年必ず使っています。

文香に使っている「光風春を動かす」の遊印は、バニラスタンプで背景に。
桜の遊印も繊細な印影ですが、
繊細な印影同士でもなぜか喧嘩しない、相性のよい組み合わせです。

文香をおさめる折形には、
最近手放せない「幸を祈」遊印をバニラスタンプで背景に捺しています。



というと、幸せや希望や新しい場所、新しい出会いのための別れなど。。。
明るい未来の予感や兆しを感じます。

あとひと月もせずに。。。開花が気になる頃となるのですね。
今年も美しい桜たちに出会えますように。


そんなことを想いつつ、新しい桜の遊印を試作しておりますが、
なかなかこの子を超える子がでてこないのは、
単なる己の努力不足とも思う今日この頃。

今週末は真剣に取り組もう。

思っています。


そして、今度こそカタログを作り変えるべく、
フォーマットを作っては、印を捺し続けておりますが、
少し遊印たちの整理もしてゆこうと考えています。


こういう作業は苦手で、なかなか進みませんが、
エンボッサーのカタログ(カード)は、
少しプリンターのお世話にもなることにして、
手作業感丸出しの不揃いなカードが、きれいなカードになりつつあります。

手作業感も、「温かさ丁寧さ」として伝わる分には○ですが、
「粗雑感」が露骨だと相当問題あり。

己的にも、
一所懸命作った後の達成感はゼロで、
疲労感と自己嫌悪を足すとマイナスに。

一所懸命の意味がない。


わかっているならちゃんとやってね〜。

ついつい「めんどくささ」に負けてしまうこの性格を何とか矯正したい。
死ぬまでに。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月13日(Mon)▲ページの先頭へ
縦じま文様と檀紙風

和紙柄を内貼りした封筒タイプの金封をせっせと作っております。
もはや簡易金封とは言えない姿ですが、
和紙が重なり厚みが出ると、
安定感が増しよい感じ。

一枚仕立ては、一枚仕立てで存在価値があり、
状況に合わせていろいろあると便利なもの。
画像は、熨斗位置になんとなくそれっぽく水引をつけましたが、
水引をつけないと、もっと汎用性も広がります。

表側は真っ白の檀紙風の和紙ですが、
頂きものののかっこいい縦じま文様の和紙とあわせてみました。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月07日(Tue)▲ページの先頭へ
後回しにしない

ショップで管理している画像をチェックしていたら、昨年はほとんど整理していないことに気づく。
ということは、昨年はショップには新しい画像をほとんどupしていないってことにも気づく。

苦手な作業を後回しにしない
と決めたのに、ものすごく後回しになっているじゃないか〜。

とりあえず、ショップへ画像をupしておき、
こま切れの空き時間を利用し、ページを作り変えてゆこうと誓う。

iPadがあるじゃないか。

地道にやっていれば、そのうちどちらも使いこなせるようになるはず。


昨日は久しぶりに簡易金封を作ったら、紙遊びに火が付き
激しく「何か作りたい」熱が。。。

1月に求めてきた伊勢和紙を使いたくて仕方ないのだけど、
どうやって使ってあげよう。
最も綺麗に見えるカタチを考えているのだけど。。。

頭の中がすべて「〜だけど。。。」で終わる今日この頃。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年02月04日(Sat)▲ページの先頭へ
桃とぼんぼり印で

如月の組み合わせ。
立春の今日、春を先取り。
我が家の花桃が咲くのを楽しみに。。。

楽しい週末を
九甘堂 古賀あき乃


2017年01月31日(Tue)▲ページの先頭へ
節分のお便りと文香

睦月最後の日となりました。
最近の商品発送時に使っているお手紙と本の気持ちギフトの文香です。
「鬼」さん印と「柊」印の組み合わせはここ数年来のお気に入り。^^

この「紅梅」「白梅」遊印もまた。。。
遊楽の印和(ゆらのいんのどみ)の発売当初に誕生した子たちですが、随分よく働いてくれました。。。

今年はもう少し・・・繊細なきれいめの梅の印を作ってみたいな
と思いつつ、既に梅は咲き始めており遅刻してます。

梅たちは来年にして、
桜に挑戦しようと思う今日この頃。
ですが、それにしても急がねば。

画像の文香の梅たちは、手漉き和紙の裏側から捺しています。
透け感のある和紙なので、裏から捺してもくっきり見えますが、
表側の「鹿の子」スタンプのバニラスタンプパッド捺しと、
「ぼんぼり印」の背景に透けて見える雰囲気にしたかったので。


充実の一日を

九甘堂 古賀あき乃


2017年01月29日(Sun)▲ページの先頭へ
経年劣化をカバーするには

気づくと相当間が空いてしまいました。
ほんとうに。。。「あ」と思う間に日々が過ぎ、
もうすぐ節も変わります。

12月に果たせなかった煩悩消滅大作戦(断捨離)は、
節前大作戦として1月に行いますが、
今年はそれすら果たせず。。。1月も終わるではありませんか。
なんということだろう。。。

どう考えても「老化現象」としか思えない作業能率の悪さですが、
工夫あるのみですね。

心身の経年劣化をカバーするには「経験基づく工夫」しかないわけで、
工夫が出てこないのは、
何も考えずに生きてきたってことになる。
と私は思っています。


こんなにブログの間が空くのは、工夫ができてないことを証明している。
ということでもありますが。

どこかで復活せねば。

と、今回ばかりはかなり悲壮な決意です。笑

どうなりますか。。。ーー;


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃






2017年01月16日(Mon)▲ページの先頭へ
型板で封筒タイプのぽち袋

昨年作った紙遊び用の道具「型板」は、
もともと↓のような折形タイプの金封を作るための道具ですが、

この型板を使って封筒タイプのぽち袋を作ってみました。

わたくしの定番サイズの封筒タイプのぽち袋よりも、
横幅が5ミリくらい狭くなります(紙幣三つ折りではいります)が、
最初に125ミリ角の紙を用意すれば、簡単にぽち袋を仕立てることができます。

既にお試しの方もいらっしゃるかもしれませんね。^^

同じやり方で、1万円を折らずに入れることができる金封サイズの
封筒バージョンも作ることができますよね。。。
また試作したらupしたいと思います。

丁寧に作ろうと思う方は、
スタイラスペンや、方眼マット、定規が必要ですが、
素早く簡単に作りたい方は、
紙と型板と接着剤があれば作ることができます。

慣れてくると、
「素早く作る」作り方でも、丁寧に作ったものと同じものができるはずですが。

一体何の話だ?
という感じになってしまいましたが、
そのうち詳しくupするか、紙にまとめてみようと思います。

今年は、紙にまとめようとしているものが多すぎて、
なかなか完成しませんが、なにも完成しないまま一年が終わらないように顔晴ります。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年01月13日(Fri)▲ページの先頭へ
底にもマチをつける

画像は、底マチ付き封筒の試作品1号。

両脇にマチをつける簡単な方法はお客様に教えていただき、
できるようになっておりましたが、
袋の底にもマチをつけたい時、
なかなか。。。簡単に、間違いなくいつも同じに、かつ美しく仕上げることができずにおりましたが、
昨日急に思い立ち取り組みました。笑

何事によらず。。。まじめに取り組むまでに時間(期間)がかかるわけですが、
この子には何年かかっただろう。。。

なんとなく理屈はわかっている(気づいている)ような気もしつつ、
真剣に向き合うまでに日にちがかかるのは、なぜか?
わかりませんが、
昨日は急にその時がやってきたわけですね〜。^^;


自分なりの「なるほど〜」を見つけらた時の自己満足度はかなりのもので、
しみじみ感じる幸せ。笑

あとはひたすら「練習あるのみ」なのですが、
練習の過程で、
サイズやカタチのバリエーションを増やしつつ、
紙を変え、使う遊印やエンボッサーを変えながら、
必ずキレイに作ることができるためのルールを見つけてゆきます。

嬉しかった昨日は、
お客様へ発送する荷物の中に試作2号を入れてしまいましたが、
己の成長の過程を見ていただける方がいらっしゃるのも幸せ。

って、勝手に送ってこられて、「見てくれ」と言われるお客様の「困惑」など一切考慮していないおばちゃま的「幸せ感覚」ですが。

実にありがたい。笑


昨年から「遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)」のギフトラッピングのバリエーションを少し増やしつつありますが、
この「マチ付き封筒紐掛けタイプ」も、
のどみ達の新しい贈り物のカタチとして考えております。


充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2017年01月08日(Sun)▲ページの先頭へ
お友達になるには

一生ガラケーでいくぞ。と、たいした意味もなく決意していたのだけど、
ついに、iPhoneデビュー。

のみならず、iPad まで連れて帰ってきちゃって、
一体どうするんだという感じですが。

とりあえず、きっちり充電だけは済ませて満足。

突然の長時間外出や、
お泊りお出かけなどが増え(あるいは、増えるかもしれない。今後)、
その時に備えて、
お外でも多少のお仕事はできないと。

というわけです。

シゴトの為に連れて帰ってきたのなら、
とりあえずメールチェックくらいは、完璧にできないと。
と、
メールチェックはできるようになったところ。

よしよし。

しかし。
返事が書けない。
というか、やはり面倒。
このちまちま感。


そして!
シゴト専用にするので、iPhoneには電話するなと言っているのに、
ちょこちょこ電話してくるオット。

その時の電話の音(呼び出し音?というのか?)が、
けたたましく、いちいち慌てる。

音を変えたいけれど、
せめて小さくしたいけれど、
わからず〜。ーー;


道は遠い。


そしてそして!
この「すべてむき出し」な感じに不安が募る。

カバーとかケースとか?
売っているに違いない。と、ネットをちらと見たら、
サイズがいろいろあるじゃないか〜。汗


自分が持っているバージョンが何なのか?をまず知らねばならない。


道はうんと遠い。そして広すぎる。


持っていても使えなければ、重いだけ。荷物が増えるだけ。


明日は、この子たちに情熱を注ごう。

やることもやっておきたいことも山積みだけど。
まずは、お友達にならないと。



楽しい午後を
九甘堂 古賀あき乃


2017年01月02日(Mon)▲ページの先頭へ
幸を祈る

あけましておめでとうございます ^^
幸せな一年でありますように。。。

九甘堂 古賀あき乃


2016年12月22日(Thu)▲ページの先頭へ
小さなお楽しみ

今年後半は、シールづくりにはまってしまいました。
そういえば。

水貼テープはもちろん、
100均で売っている「剥がせるタックシール」も結構使えるよい子です。

ゴム印で柄をつける。
あるいは
スタンプパッドで地色をつける
ことで、
味気ない真っ白な事務用品が、ちょっとかわいく変身するもの。

注文したものがお手元に届き、
開封してゆくときの小さな小さなお楽しみになってくれればと思います。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年12月21日(Wed)▲ページの先頭へ
年始のご挨拶に

お年賀に添える文香を作ってみました。
香りものは食べ元一緒。。。は避けた方がよいでしょうが。

厚手の手漉き和紙のハリ感で、年始のすがすがしさと清潔感を出したつもり。
裏からスタンプパッドで柄をいれているのですが(肉眼で、うっすら見える程度)
画像では見えませんねー。


この週末。。。年賀状に着手できないと、ここ数年奇跡的に実現していた「元旦到着」は難しい。

と、今気づき、奇跡的に実現していたのだから今年は奇跡は起きないのだ。
と、思えばよいのだ。
と、思ったり。


あ〜ToT

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年12月19日(Mon)▲ページの先頭へ
繰り返す。何度でも。

あと2週間で今年も終わりかぁと、
日記を開くと、同じことを昨年も書いていた。

そして、
去年も同じことを書いていて進歩がないと、
去年の昨日書いていた。


なんなんだ。
今年は何と書けばよいのだろうか。

と、思ったら、1分くらい固まってそのまま寝てしまいそうだった。。。

いいのかこんなことで。

こどもの日記じゃああるまいし。


充実の一日を
九甘堂古賀あき乃






2016年12月15日(Thu)▲ページの先頭へ
来年最初に始めたい事

有り難いことに。。。
「遊楽の印和(ゆらのいん のどみ)」の発送時にお付けしている古賀のあれこれを、
ファイルにきちんと保管して下さったり、
箱に収めて時折眺めて下さったり、
わざわざ写真に撮って、
フォトブックを作って送ってくださったり。。。

まさに「有り難し」

なことで、
そういうことをお知らせ戴いた時の、わたくしの心は、
言葉ではとても言い尽くせない幸せな気持ちに満たされます。


遊楽の印 和(ゆらのいんのどみ)も、
おかげさまで12年目にはいり、
毎年一本ずつ作ってきた干支印もちょうどひと廻りし、
十二支すべて揃いました。


新しく作る作ると言い続けてきたカタログもさることながら
今夏お客様から送っていただいたフォトブックが頭から離れず、
是非自分でも挑戦したいと思っています。
来年早々から着手。の予定。^^

自分で撮った写真を製本する。
以前よりも。。。随分簡単に、そしてお手軽に作れるようになっているのですね。

以前挑戦した時は、もっと高価だったような記憶がありますし、
もっと複雑で、しかも画像を選んでいる段階で次々と欲が出て、笑
結局まとめきれず、挫折したことがあります。

世の中進化していますね。
綺麗に製本してある自分の写真集を
こんなにお手軽に作ってもらえるなんて。

わたくしなんぞよりはるかに原始人のオットに、
お客様が贈ってくださったフォトブックを見せましたら、
「っびっくりっ」しておりました。笑


まさに「驚愕の世界」


どんなビジネスが生まれ、
そしてどんなビジネスが廃れてゆくのか。。。

果たして自分たちは生き残れるのか?笑

そんなことを一瞬にして思ったのでしょう。


ともあれ。。。「のどみたち」のフォトブック
お楽しみに^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年12月12日(Mon)▲ページの先頭へ
白い縞模様

今月は、「たて縞スタンプ」のバニラ捺しに凝っております。^^
とてもとても気に入っており、
もうなんにでも!バニラ色の「たて縞」が登場しております。

このバニラ捺し。。。夏場なら、バニラ色ではなく、
少し透け感のある黄味のない白いスタンプもよいでしょうね。。。
そんなスタンプパッドを探しておこう。

夏になるのが楽しみ。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年12月09日(Fri)▲ページの先頭へ
寒くても

雪をまとった松林をぬけて。。。
。。。あったかい心が届きますように

ご縁に感謝

今日もどうぞ。。。よい一日でありますように
九甘堂 古賀あき乃


2016年12月06日(Tue)▲ページの先頭へ
クッション材と紐掛けと

かねてより。。。クッション材を仕込んだ小さな袋を作りたいと思っていたのですが、
機会を得て、試作してみました。

当店の遊印は小さいので、
ジャストフィットで袋など作ってしまうとあまりに小さく、
かといって
少し大きめに作ると中で遊印たちが泳いでしまい、数本入れるとばらばらに。

クッション材を仕込んでいると、
ある程度は固定され具合がよいのではないか!
と思っていたわけです。

郵送する場合も、
改めて梱包材で巻かなくてよいので、
見栄えもよいし。
というわけで、余り紙の檀紙で作ったのがこのタイプ。

マチもつけず、切りっぱなしで折り返しも作らなかったので、
ほんとうに!長方形の檀紙を折って貼っただけ。

封も接着剤やシールは使わず紐で留めます。
アクセントに革のタグを使いましたが、
和紙の種類にあわせて木片のタグもよいかもしれません。
メッセージをつけたい時は、袋と同じ和紙を使ったタグをつけて。

かわいいじゃないか!

と自画自賛。

使う和紙を洋紙に変えると、
更に洋の雰囲気になるでしょうし、作るのもなんだか楽しい。^^

ラッピングの新しいバリエーションに加えてゆこうかな。
と思います。
と、それは来年のハナシですけど。笑

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年12月05日(Mon)▲ページの先頭へ
ばれたかな

そろそろ自分ちの年賀状も準備しないとなぁ。。。
と思いつつ、全くたどり着けませんが。

いつもと違って、切手や年賀状は買っているので、
なんとなく終わった気分になりがちで危険です。

画像の年賀状サンプルはわりと簡単で失敗も少なく、
遊印を捺す回数も少ないのでおススメ。

自宅用(オット)に使おうかなおと思っておりますが、
オットに見せると無言でした。−−;

気に入らないのか?
「これならあなたでもできるはず。」と、思いつつ手渡したのがばれたのかもしれません。

位置や捺し方を変えて何パターンも作ってみたので、
またもう一つのブログで詳しくご紹介したいと思います。
真ん中の四角く見えるのはスタンプパッドを直接捺していますので、
色を変えると、簡単に雰囲気も変わり面白いです。^^


師走に入って。。。
時間が経つのが加速しています。
5月の24時間も12月の24時間も同じはずで、
加速はしない。
と思いますが、
もしかしたら。。。と
思うくらい、「いつも朝じゃないか!」という感じの日々になっております。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年12月02日(Fri)▲ページの先頭へ
贈り物の季節にはあると便利です

師走に入り、クリスマスやお歳暮や。。。何かと贈り物を準備する季節となりました。
というわけで、
横書きのひとこと箋を、最近また作っております。

と言っても、あまりに時間が押して押して、たいした数は作れていないのですが。

このタイプは、わたくしとしては大層簡易な作りとなっており、
時間が取れなくても結構手軽に取り組むことができ嬉しくなります。

すきま時間を見つけては
2〜3組も一度に仕上がると、
「やりました。できましたよ!すごいじゃないの!」
と己を褒めることができるかわいらしい古賀です。

いろいろと。。。やろう!やりたい!と思っていることが多すぎて、
気持ちばかりが先走ってきましたが、
同じ一日。。。落ち着いて丁寧に過ごしたものです。

冷静に考えてみると
焦ってどうなるものでもないのですよね〜。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年11月29日(Tue)▲ページの先頭へ
大胆な柄行きでぽち袋

この透けて見える扇柄の千代紙は、確か自分で求めたもの。。。だったような。。。気がするのですが。
色違いがあるので、いただいたものももあるのかも。。。

結構大胆な柄行きで、
ちまちましたものしか作れないわたくしには、ーー;
なんとなく使い道を思いつかず、何年もとってありました。

この千代紙を、半紙や手漉き和紙に透かすと、すごく美しく見えることに気づき、
最近は、専らそういう使い方をしています。

と、言いつつこのぽち袋タイプはまだきちんと完成させておりません。
どの遊印でおめかししてあげようか。。。扇のエンボッサーを重ねるか?
ちゃんと迷って取り組みたい。。。という感じです。

よくここでも言っておりますが、
無地和紙と柄和紙を重ねた時に、透け感を楽しめるものと、そうでないものがあり、
お互いを綺麗に引き立て合える組み合わせを見つけると、
かなり嬉しく(ということは、あまりないということですが)、
大事にしたい。と思います。


一期一会という言葉がありますが、
もう一度買い足せば、また作ることができるよね。
というのとはちょっと違うような、
今、たまたまわたくしの手元でよい組み合わせができたのなら、
これで最後と思い、それらを丁寧に最も美しく見えるように使ってあげるのが、
使い手の役目。

と思ったりする今日この頃。


霜月も終わりますね。。。
今日もここに来てくださってありがとうございます^^

九甘堂 古賀あき乃





2016年11月28日(Mon)▲ページの先頭へ
大人の鉛筆

こどもの頃からシャープペンシルが苦手で、鉛筆好きなのですが、
持ち運ぶ。
ということを考えると、どうしてもシャープペンシルに軍配があがり、
鉛筆は家の中だけで使っておりました。

先日偶然見かけて買ってみた画像の鉛筆。

ご存知の方も多いのでしょうが(わたくしは、全く知らなかったのですが。笑。相変わらず違う星で暮らしているような感覚)、
「北星鉛筆の大人の鉛筆」

構造としてはシャープペンシルだけど、
芯の具合や、書き味は鉛筆(っぽい)というもの。

付属の鉛筆削りで、もっと細く削ることもできます。

濃い色が好きなので、芯は2Bを。
芯が太いので、通常のシャープペンシルと比べると折れにくく、
安定感があります。

わたくしは、なぜかシャープペンシルで書こうとすると手が震えるという
不思議な体質で、
だんだん脱力してゆき、ふにゃふにゃ文字になってしまうのですが、
この大人の鉛筆はそういうことがありません。

よかった。^^


結構気に入っております

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年11月26日(Sat)▲ページの先頭へ
真っ白の半紙で師走の便り

一気に冬めいてまいりました。
ということで、いつになく少し早めの(ってあと数日ですけど)師走のお便りを作っています。
まずは、便箋。
使ったのは、今秋初めて求めた三椏の半紙。
関東方面は早い初雪も降ったとか。。。雪のイメージで真っ白の半紙を選んでみました。

最近は、便箋用にはいつも雁皮紙(純粋でないもののこともありますが)を使っているので、
少し生成りがかっていて、それはそれで好きな色味なのですが、
先日、真っ白の半紙で薄手のもの、かつハリコシ感があるもの。
なんていう無理難題におすすめいただいたのが三椏半紙です。

遊楽の印和(ゆらのいんのどみ)発売当初からずっと使っている
真っ白の薄手のかな半紙があるのですが、
ハリコシ感には欠けるため、
和紙巾着袋や、封筒の上掛けなどに使うと「破れ」が少々気になります。

すぐに破れそうでいて、案外強い子でもあるのですが、
もう少しパリッと感がある子が欲しい。と思っていたら
ご縁のあった三椏半紙。

ただ、筆の滑りが若干悪く(っえらそーに〜!笑。書いていて恥ずかし)
改めて雁皮紙のすごさに感心しているわけですが、
滑りが悪いと、字が汚く見えるわけです。

汚く見えるというより、そのまんまに見えているだけですが、
綺麗でもない字が、それなりに見えていたとしたら、
それは紙のおかげだったのだ。
と改めて実感した。という感じでしょうか。

やはり雁皮紙はすごい。わけですね。笑
お値段だけでは「モノの良さ」は語れないこともありますが、
やはりお値段もあるな。としみじみ思う霜月の終わり。

楽しい週末を
九甘堂 古賀あき乃


2016年11月24日(Thu)▲ページの先頭へ
日本美の極致

なんだか随分ご無沙汰してしまいました。
皆様お元気でいらっしゃいますか?^^

諸事に忙殺されている感じの日々ではありますが、
おかげさまでわたくしは元気です。^^

そんな中、
昨日は、つけっぱなしのテレビの前を通り過ぎたら耳にした「桂離宮」。
死ぬまでに一度は行ってみたい場所でもあり、
思わず足を止め、そのまま2時間近くも!座り込んで観てしまいました!

日本美の極致と評されるその美しさ。
細部へのこだわりがとことんありながら極めて簡素かつ綺麗で。。。

全てを。。。ひとつひとつをため息とともに見つめる

というのにふさわしい場。

ひたすらに。。。
芸術や美しさを表現すること。。。だけを考えて極めてゆこうとするような人も必要ですね。

政治や経済など。。。そういうこととは関係なく、
ただひたすらに「美しさ」を表現しようとする純粋な気持ちを持ち続けること。

今の時代ではなかなか難しいことかもしれませんが、
そういう人がいないと(あるいは育たないと)、
美の極地と言われるまでのものは残せないのかもしれません。

思いがけない2時間ではありましたが、^^
心の栄養をたっぷり補給できた時間でした。
いつか必ず行ってみたい。そう思います。

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年11月10日(Thu)▲ページの先頭へ
お互いに引き立て合う関係

真っ白な手漉き和紙の裏から朱竹の千代紙を貼ってみました。
透け感を楽しむのは昔から大好きなのですが、
当然のことながら、透け具合は合わせる和紙で全然違ってしまいます。

色合わせはもちろんですが、
和紙自体の格が違いすぎると、なんとなくしっくりしませんし、
和紙の質感の違いもかなり重要。

この朱竹の千代紙は、
ちょくちょく登場していると思いますが、
こんな風に薄い手漉き和紙越しに見るのもまたよいですね。

鮮やかな朱色に紗がかかったようで、柔らかくなり普段に使えるぽち袋になりました。
どちらの和紙の持つ格も。。。壊さずお互いを引き立ててくれます。

感謝 ^^

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



2016年11月08日(Tue)▲ページの先頭へ
女の子って感じ

最近、発送時にお付けしている「ほんのきもち文香」です。
さっぱりわからない大きさですが〜。

透け感のある手漉き和紙に
鹿の子スタンプを裏捺ししています。

鹿の子スタンプの色はアッシュローズ。
手持ちの赤系のスタンプパッドの色味の中では、
やはりこの色が一番落ち着き、好きです。

この時期になると、
紅葉や落ち葉、木の実などを使ったあれこれでまとめることも多いのですが、
久しぶりに「手毬」遊印が目に留まり、使ってみました。

鹿の子柄とよくあいます。



女の子

って感じ。笑


そういえば私も昔は女の子だったんだよなぁ。

なんだか懐かしい気分。−−;

充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃


2016年11月07日(Mon)▲ページの先頭へ
お正月の箸袋

お正月の食卓に。。。
真っ白の和紙(画像は半紙ですが)を折って作った箸袋。

シンプルですが、おめでた感も欲しくて瓢つなぎのエンボッサーを使ってみました。

箸袋は、少々寂しく感じるくらいが、食卓には似つかわしいと常々思っています。
食卓のメインはお料理ですから、
色とりどりのお料理や器の色、花がある場合はその花や緑の色がはいりますので、
口に直接つけるお箸とその包みは清潔感を第一に準備したいと思います。

お正月くらいもう少し華やかで行きましょうよ。
というお声も度々いただきますが、^^
そうですよね〜。

単に
華やかにする技を持たない。

だけ

という噂もありますが、
それが真実かも。。。です。^^


お年賀状サンプルのご紹介ページ作りました。
まだちょっぴり過ぎて恐縮ですが。。。
こちらから 
充実の一日を
九甘堂 古賀あき乃



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件


遊印のどみのお買い物は
こちらで♪
こちらのブログもどうぞ


■リンク■

□「のどみ」との相性もぴったり♪
地元秋月の老舗の手漉き和紙やさん四代目のブログです

□その文章にはくすりと笑わせてもらい、画像には興味津々の美豆兎」さんのブログ♪日参しております。^^

カレンダ
2017年9月
         
22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ
2005年 (7)
12月 (7)
2006年 (267)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (15)
4月 (17)
5月 (22)
6月 (26)
7月 (29)
8月 (24)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (32)
12月 (25)
2007年 (297)
1月 (20)
2月 (23)
3月 (25)
4月 (23)
5月 (20)
6月 (25)
7月 (28)
8月 (28)
9月 (26)
10月 (29)
11月 (30)
12月 (20)
2008年 (293)
1月 (27)
2月 (24)
3月 (28)
4月 (25)
5月 (26)
6月 (15)
7月 (27)
8月 (23)
9月 (25)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (13)
2009年 (311)
1月 (14)
2月 (11)
3月 (20)
4月 (15)
5月 (31)
6月 (24)
7月 (28)
8月 (27)
9月 (34)
10月 (35)
11月 (39)
12月 (33)
2010年 (274)
1月 (25)
2月 (27)
3月 (25)
4月 (20)
5月 (22)
6月 (20)
7月 (22)
8月 (13)
9月 (19)
10月 (30)
11月 (21)
12月 (30)
2011年 (281)
1月 (14)
2月 (14)
3月 (23)
4月 (12)
5月 (26)
6月 (30)
7月 (22)
8月 (18)
9月 (30)
10月 (31)
11月 (29)
12月 (32)
2012年 (276)
1月 (12)
2月 (15)
3月 (22)
4月 (19)
5月 (36)
6月 (27)
7月 (38)
8月 (27)
9月 (24)
10月 (21)
11月 (17)
12月 (18)
2013年 (184)
1月 (17)
2月 (13)
3月 (13)
4月 (9)
5月 (14)
6月 (20)
7月 (17)
8月 (20)
9月 (16)
10月 (14)
11月 (17)
12月 (14)
2014年 (154)
1月 (20)
2月 (16)
3月 (10)
4月 (7)
5月 (8)
6月 (16)
7月 (13)
8月 (17)
9月 (12)
10月 (12)
11月 (11)
12月 (12)
2015年 (139)
1月 (15)
2月 (11)
3月 (19)
4月 (1)
5月 (13)
6月 (10)
7月 (14)
8月 (12)
9月 (10)
10月 (17)
11月 (11)
12月 (6)
2016年 (123)
1月 (16)
2月 (8)
3月 (10)
4月 (9)
5月 (10)
6月 (11)
7月 (6)
8月 (13)
9月 (11)
10月 (10)
11月 (10)
12月 (9)
2017年 (74)
1月 (6)
2月 (7)
3月 (10)
4月 (5)
5月 (11)
6月 (10)
7月 (9)
8月 (12)
9月 (4)

アクセスカウンタ
今日:789
昨日:4,046
累計:6,006,628